Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

O様宅:クローゼットを片付けるための3ステップ


関連記事
O様宅:「片付けたら、夫婦の喧嘩が減りました」

友人ママさん宅のお片づけサポート、月1ペースで少しずつ進めています。
先月から今月にかけては、ご夫婦の寝室のクローゼットの整理をお手伝いしました。

壁一面、90cm幅 x 3連という大容量のクローゼットを備えたO様宅ですが、ご主人も奥様も洋服好きで多趣味、片付けはちょっと苦手・・・ということで、Beforeはこんな状態でした。

IMG_20190701.jpg

左はご主人、中央が奥様、右は季節外の服とゾーニングされ、よく使う場所はそれなりに整えられていますが、使いにくい上下のエリアはとりあえず隙間に詰め込んだような状態。
収納用品もそのときどきで買い足しているため、色もサイズもばらばらです。

この状態から無理矢理片付けようとして、いきなり収納用品を買うのはとっても危険!
ライフオーガナイズの手法を取り入れた3ステップで、1歩ずつ進めていきます。

Step 1: 量を整える:全部出して、分けて、選び取る

まずは、クローゼットの中のものを本当に必要なもの・好きなものだけにするのが大原則。
中のものを全部出し、どんな小さなものでもひとつひとつ目を通して、ライフオーガナイズの分類法を参考に今の自分にとって価値があるものだけを選びとっていきます。

Step 2: 位置を整える:使いやすく、覚えやすいように配置する

必要なものを選び出せたら、次は使いやすいようにクローゼットの中に戻していきます。
よく使うものは腰から上の高さに余裕を持って配置し、ワンアクションで取り出せるように。
スペースに対してものの量が多いときは一軍と二軍に分け、使用頻度の低い二軍はできるだけぎゅっと詰めてコンパクトに。足元や頭上など、使いづらい位置に収めていきます。

また、同系統のものをまとめれば覚えやすく、「あれどこだっけ?」が少なくなります。
下の画像はゾーニングしながらものを戻し終えた状態。中段は普段着る服をハンガーにかけて収納し、上段と中段右は季節外の服、下段は旅行用品や寝具と、ざっくり分類しています。

IMG_20190702.jpg

Step 3: 見た目を整える:収納用品は最後に入れる

Step 2の状態で何日か使ってみて違和感がなければ、最後に収納用品を導入します。
買う前にサイズをしっかり測って、できる限り空間を無駄にしないものを選ぶのが鉄則です。
今回は、IKEAのSTUKシリーズがクローゼットのサイズにぴったりだったので同シリーズで揃えました。価格も1,000円くらいまでと買いやすく、白ベースのモノトーンですっきり。

IMG_20190703.jpg

Step 2終了時とものの位置はほぼ変わりませんが、収納用品を統一したことでより整った印象になりました。寝具など不定形のものも箱に収めるとコンパクトになり扱いやすくなります。

ものの量を見直し、空間を有効活用したことで、これまで寝室の一角を占拠していたチェストを1本処分することができました。ますますお気に入りの空間になりますように。

にほんブログ村テーマ わが家の快適収納へ わが家の快適収納
にほんブログ村テーマ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペースへ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

今回使用したIKEAのSTUKシリーズ商品はこちら。
  

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

Post comment

管理者にだけ表示を許可する