Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

「見せない」派でも、取り出しやすい収納にしたい

雑誌などで素敵なお宅を拝見すると「見せる収納」もいいなと思いますが、私自身はとっても苦手です。素敵に飾るセンスがまずないし、インプット左脳型ゆえに見えるところに色や形がたくさんあると情報として捉えてしまい、思考のノイズになってしまうのです。

ましてや、我が家は50平米の狭小1LDK。狭い空間にモノをすっきりコンパクトに収めるには、やっぱり扉つきの収納の中に隠す「見せない収納」のほうが向いています。

でも、見せない収納の難点は、モノを取り出すときに「扉を開ける」というワンアクションが必ず発生してしまうこと。見せない派でも、出しやすく片付けやすい収納にしたい!
そこで、ささやかですがこんな工夫をしています。

にほんブログ村テーマ 家事がラクできる家づくりの工夫♪へ 家事がラクできる家づくりの工夫♪

IMG_20180910.jpg

こちらは洗面室のサニタリー収納。家族全員が頻繁に使うタオルは、棚の上に直置き。また、重ねるのは同じサイズのものだけと決めることで、扉を開けたらすぐに目的のものに手が届くようにしています。ここは見栄えよりもアクセスのしやすさ重視で。

白いボックスの中は、比較的使用頻度の低い(1日1回以下)予備のタオルや家族の下着類。
こうするとすっきりとは見えますが、扉を開ける → ボックスを引き出す → 必要なものを取り出す、と3アクションも必要になってしまうのですよね・・・

食器棚として使っているキッチンの吊戸棚も。

IMG_20180911.jpg

食器はすべて棚に直置き。基本的には異なる種類のものを上下・前後に重ねないこと。
持てるモノの数は少なくなりますが、何でもさっと取り出せる便利さには代えられません。
製菓用品や弁当箱など、使用頻度の低いものは上段のボックスに入れています。

そう考えると、あれこれと収納用品で空間を仕切って作り込むよりも、ぽんと棚に置くだけのシンプルな収め方のほうが案外使いやすかったりするのかもしれませんね。

にほんブログ村テーマ わが家の快適収納へ わが家の快適収納

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

Post comment

管理者にだけ表示を許可する