Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

1LDK、3人暮らし。子どもと一緒にすっきり暮らす


関連記事
1LDK、3人暮らし。今必要なものだけで暮らす

我が家は、50平米の1LDKに、夫と5歳の息子と3人暮らし。
息子の成長とともにおもちゃなどの持ち物もだんだん増えてきました。
狭い部屋でも子どもと一緒に楽しくすっきり暮らすために、心がけていることが4つあります。

IMG_20170810.jpg

1. 子どもが思い切り遊べる場所をどこか一箇所つくる

1LDKの我が家では子ども部屋は作れないため、リビングのソファ前を日中はほぼ息子専用に。
床に防音&怪我防止のためのタイルカーペットを敷き詰めて、壁には大きなホワイトボードを貼って、息子が気兼ねなくおもちゃを出して遊べるようにしています。大人の家事動線と切り離しているので、多少散らかっていても「邪魔だから片付けて!」となりません。

2. 危ないもの・触ってほしくないものは手の届かないところに

狭いから比較的目が届きやすいとは言え、子どもは時に思いがけないことをするもの。
思わぬ怪我をしたり、大事なものを壊されて怒ったりしなくていいように、薬や刃物・大切な書類などは最初から子どもの手の届かない高さに収納するようにしています。

例えば、リビングの収納はこんな風に変化。 息子が2歳の頃3歳半の頃
身長が伸びて下半分は自由に手が届くようになってしまったので、縦長の書類ボックスは上の段に移動。3つ並んだ正方形のボックスには、常備薬やカメラなどが入っています。

3. 大人のものと子どものものを分けない

赤ちゃんの頃から使っている子ども食器以外は、息子も大人と同じ食器を使っています。
割れたら割れたで仕方ないし、せっかくなら息子にも私がいいなと思うものを使って欲しい。そんなふうに考えていたら、息子が生まれてもそれほどものが増えませんでした。
藤田千絵子さんの豆皿ジノリの食器も、息子と一緒に使っています。

大物だと、リビングのお絵かきテーブルは大人が使っても違和感のないデザインを選んだり、デスクは私の仕事場になったり、息子のピアノ台になったり。ほかに、スプーンやフォーク、タオルなども、ある程度大きくなってからは大人と同じものを使っています。

4. とにかく外へ遊びにいく!

いろいろ工夫しても、やっぱり1LDKでは5歳児の体力は吸収しきれません・・・
晴れた日は公園へ、雨の日もどうにも煮詰まったら近くの図書館や児童館へ行ってみるなど、家の中だけですべてを完結させようとせず、とにかく外に出て遊ぶようにしています。図書館は我が家の書庫、公園は庭と考えれば、家の中にあれこれ溜め込むよりずっと豊かです。

上野の国立科学博物館や、世田谷区立教育センターのプラネタリウム、お台場の科学未来館もお気に入り。遊びの延長のような感じで楽しめる施設がたくさんあります。

そんなこんなで工夫しながら、息子も早5歳。
とりあえず、5歳までは1LDKでも大丈夫!とわかりました。これから赤ちゃんが生まれる方や、お子さんが生まれて引越しを考えている方など、どなたかのご参考になれば幸いです。

にほんブログ村テーマ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペースへ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

  

記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

Post comment

管理者にだけ表示を許可する