Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

リビングが散らからない、たったひとつの工夫


関連記事
我が家の日常。散らかってもイライラしない
朝のリセット

約10畳ほどの、我が家の小さなリビング・ダイニング。子どもが遊んでいるあいだは文字通り「足の踏み場もない」状態になりますが、基本的に普段はこの状態です。
ものがないと、小さな空間でもすっきり気持ちよく過ごせます。

IMG_20170614.jpg

リビングが散らからない理由は、たったひとつ。ソファの前に何もないからです。

以前は、天板の下に小物を置ける棚がついたタイプのテーブルを置いていて、リモコンが3種類くらいあったり、読みかけの雑誌やティッシュの箱もそこが定位置でした。それに、ちょうどいい所に置き場所があると、つい雑多なものを「ちょい置き」してしまうんですよね。

そのテーブルは天板がガラス製だったので、息子がまだ赤ちゃんの頃、友人に譲りました。
そうしたら、なければないで何とかなるし、ない方が部屋が片付くことに気づきました。
テーブルとして使っている時間より、物置になっている時間の方が長かったのです。

お客様が来た日や子どもと工作などをして遊ぶときなど、ちょっとテーブルが欲しいときは、折りたたみ式のちゃぶ台をそのときだけ出してきて使っています。

IMG_20170928.jpg

折りたたみ式がいいよ、というのは、子どもがいる先輩ママさんから教えていただきました。
当時は他のテーブルも検討していましたが、今でも大正解だったなぁ!と思う選択です。

にほんブログ村テーマ シンプルで綺麗な収納&片付けへ シンプルで綺麗な収納&片付け

 

記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

Post comment

管理者にだけ表示を許可する