Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

理想は、4割のゆとり


関連記事
5年後の自分はわからない。小さく身軽に暮らす
賃貸派の私が、家を買った理由

空間でも時間でもお金でも、「4割のゆとり」のある暮らしが理想だなぁと思います。

DSC2371 copy

現在の住まいを買ったとき、住宅ローンの月払額 = それまでの家賃の2/3に設定しました。
住宅ローンの返済期間は最大35年ということでしたが、20年に設定しました。
(当時のフラット35は、20年以下と20年超では金利が1%違ったのです。今はどうなのでしょうか?)

収納の中も、綺麗に仕切ったり並べたりすればもっとたくさんの物が入るかもれないけれど、ちょっとゆとりがあるくらいが取り出しやすく、片付けやすくてちょうどいい。
あまりストイックすぎるのも辛いから、ある程度持ちつつ、持ちすぎない。

よく「8割収納」が良いといいますよね。2割のゆとりがあれば、いただきものや一時的に保管が必要なものなど、イレギュラーなものが入ってきても対応できるから、散らからない。
家計も、収入の8割以内に収まるようにすれば、急な出費があっても慌てない。

でも、逆に言えば、ちょっとしたイレギュラーがあるとすぐ満杯になってしまうということ。

「6割」なら、そのことについて考える・悩むこと自体を手放せます。
我が家の家計管理はかなり適当ですが、裏に4割のゆとりがあるから、何とかなります。
特別な収納ワザを使わなくても、4割の空きがあれば無理なくすっきり片付きます。

私がまだまだ苦手なのは、時間のゆとりを持つこと。
以前反省してからは8割スケジュールを心がけていますが、ちょっとしたトラブルがあるとすぐいっぱいいっぱいになってしまいます。時間がなくなると心の余裕もなくなり、悪循環。

時間の使い方が上手な人は、本当に外せないポイントだけを、ほんの少しだけ抑えているように思います。それ以外は結構適当にも見えるのに、しっかり正しい方向に進んでいる。
部下としても、そういう人と仕事をするとすごくやりやすいし、楽しい。

時間にも「4割のゆとり」を持てたらなぁ、と思います。

にほんブログ村テーマ ミニマリストな生活 & シンプルライフへ ミニマリストな生活 & シンプルライフ


 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
「4割のゆとり」のある暮らしに共感していただけたら、クリックで応援いただけると嬉しいです。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する