Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

母の食器棚


関連記事
母のキッチン
お気に入りの包丁

母の食器棚から。ゴールデンウィークの帰省中に撮らせてもらいました。

IMG_0513a.jpg

母がとりわけ大切にしているロイヤルコペンハーゲンの食器は、ドイツ在住中にデンマークでこつこつと買い揃えたものだそう。本店で買ったものもあれば、ファクトリーストアで買った二級品もあるそうですが、素人目には言われてもよくわかりません。

今はハーフレースやフルレースも多くがタイで生産されるようになりましたが、母が購入した当時は二級品も全てデンマーク製だったといいます。もう30年くらい前になるのでしょうか? 今も昔も変わらない定番のデザインは時を経ても少しも色褪せず、今見てもやっぱり素敵。

「食器は口当たりの良い薄手の陶器、色は料理の邪魔をしない真っ白か柄物なら藍色のみ」が昔からの母のこだわり。高価な食器だけでなく、普段づかいの和食器から某パンまつりのお皿までいろいろあるけれど、母の食器棚は見事に白と藍色で統一されています。
母の影響で、私もやはり食器は白か白地に藍色の絵付けが好きです。

滞在中に毎年1枚ずつ購入していたというイヤープレートも。

IMG_0511a.jpg

母の趣味はやっぱり素敵だなぁと思うけれど、よく考えたら、当時の母の歳は今の私と同じかむしろ若いくらいだったのですよね。そう思うと、30代の今から一生大切にしたいと思うものを少しずつ買い足していくような暮らし方をしたいなと思います。


  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

Comment

くみくみ says... "綺麗なセット"
お写真のようにセットでまとめてみると、やはり同一のメーカーやブランドでそろえることの美しさを実感しますね^^
お母様のものを大切にすることと、良いものを見る目というのは確実にその環境下で育ったAkiさんにも受け継がれている精神かもしれませんね。

某パン祭の食器、我が家も子供の頃たくさんありました!あの当時、落としても割れない、真っ白、バリエーションの多さに、成長期を迎えた子供の食欲をプラスしてせっせと集めていました(笑

自分が子供の頃の両親が・・・・という感覚は、まさに今の自分の年代なんですよね。そう思うと、自分の子供への影響が一番大きいのは今の自分なのか・・・と思います。
我が家は定番のプレート類だけは「これ」と決めて買い足しをしていますが、それ以外の小皿等は実家から拝借したものを最低限の数でまわしています。そんな小皿が割れたりして減ってきたら、また物色にいこうかなぁと(笑
2017.05.22 09:10 | URL | #eXGbEeWQ [edit]
Aki says... "くみくみさんへ"
某パンまつりのお皿、侮れませんよね!
母はうまく気に入ったデザインだけを集中的に4枚とか6枚とか集めていて、上手にセット風にしているのです。もの選びって、自分なりの「好き」の基準をもって上手に選べばその人なりの雰囲気が出て、値段が高いから安いかは全然関係ないんだなぁと思います。

将来はこんな家に住みたい、こんな女性になりたい、なんて子供の頃に思い描いていた「将来」って、実はまさに今の私の歳くらいなのですよね。何事も先延ばしにせず、毎日を自分らしく、楽しく過ごしたいなと思います。
2017.05.23 08:25 | URL | #- [edit]
みな says... ""
過去の記事に申し訳ありません。
Akiさんは、ティーカップ&ティーポットとコーヒーカップの両方を、同じシリーズ、あるいはブランドで揃えていらっしゃいますでしょうか?
また、お母様はいかがでしょうか?

今度ティーカップとコーヒーカップを揃えようと思っているのですが、全て同じシリーズで揃えるか、または別のシリーズを買うか迷っているので、お伺いさせていただければ幸いです。Akiさんの食器も、お母様の食器もとても素敵ですね♩よろしくお願いいたします。
2018.03.14 20:46 | URL | #aYpzl2JE [edit]
Aki says... "みなさんへ"
こんにちは。コメントありがとうございます!
我が家は家族もよく遊びに来る友人も紅茶より珈琲党ということもあって、コーヒーカップのみです。ティーポットはなく、鋳物の急須で代用しています。
こちらです → http://livingsmall.blog.fc2.com/blog-entry-605.html
ゲストが紅茶を希望された場合は、ちょっと小さいけれどコーヒーカップで出すか、気の置けない友人の時は同シリーズで揃えている、マグカップで出すこともあります。

一方、母は写真のロイヤルコペンハーゲンのハーフレースでコーヒーカップ、ティーカップ、ティーポット、ケーキ皿、ミルクポットなどすべて揃えています。シリーズで揃えると統一感があり、より一層デザインの美しさが際立って素敵ですよね。

気の張るゲストをお迎えする機会がほとんどない我が家と、赴任先で父の同僚などをたびたび招待する機会のあった母との生活スタイルの違いもあると思います。
ご参考になれば幸いです!
2018.03.15 08:10 | URL | #- [edit]
says... "承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2018.03.19 04:07 | | # [edit]
Aki says... "みなさんへ"
お返事、ご丁寧にありがとうございます。コメントは非公開でとのこと、承知しました。
私は、幼い頃から転居が多かったこともあって「今の暮らしは今しかない」という気持ちが強い方だと思います。今しかないから、自分らしく、精一杯楽しんで過ごしたいなと思います。
みなさんも、今だけのご自身の暮らしをたくさん楽しんでくださいね!

2018.03.19 06:06 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する