Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

ティファール vs. クリステル フライパン比較

気に入っていたティファールの22cmフライパンのコーティングをうっかりダメにしてしまい、同じものを再購入しようとしたら、ステンレスタイプはすでに廃盤とのこと・・・
悩んだ末、クリステルの20cm ノンスティックフライパンを購入しました。

実はクリステルのフライパンは昔一度使っていたのですが、いまひとつ良さを生かしきれず、数年ぶりの再チャレンジです。いずれも数年使用した上で、両者を比較してみました。

にほんブログ村テーマ シンプルな道具たちへ シンプルな道具たち

IMG_0475a.jpg

■クリステルが優れている点

取っ手の安定性:取っ手のクリップでフライパンの縁を挟み込む形のティファールに対して、クリステルはカチッとはめ込むタイプなので、大きく振っても安心感があります。

取っ手の位置:クリステルの取っ手は外側の突起にはめ込んで固定するため、食材に直接触れません。ティファールは鍋の内側になる部分がどうしても汚れてしまいます。

■ティファールが優れている点

適度な深さがある:クリステルのフライパンは約3.5cmと浅く、食材がこぼれやすく炒め物にはあまり向きません。ティファールは煮込みハンバーグなどもしやすい約5cmの深さ。

価格:実勢価格で、クリステルはティファールの4-5倍します。高い・・・

■引き分け

取っ手が取れる:どちらも取っ手を外して収納できます。これはとても便利。

オーブン調理可能:どちらも取っ手を外せば丸ごとオーブンに入れることができます。

コーティングの耐久性:このタイプのフライパンの宿命ですが、どちらも3-4年経過するとやや劣化を感じるように。高いからより長持ちするというものでもないようです。

IMG_0476a.jpg

見た目や焼き上がりのムラの無さはクリステルが好みですが、コーティングはある意味消耗品と考えると、やはり買いやすい価格のティファールの方が我が家には合っているかな。

炒め物などのメイン料理はこれまで通りティファールの26cmで、クリステルの20cmは卵料理やちょっとした焼き物に使う予定なので、今回は長持ちすると良いのですが。
焼き過ぎや傷に気をつけて使っていきたいと思います。


  26cmはまだステンレスの在庫あり。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

Comment

くみくみ says... "比較"
フライパンの使用比較、参考になります^^
フライパンは質や価格などとにかく色々ありすぎて、実際の使用レポが一番欲しいところです。

どうせならいいものを買って長くつかう・・・・が理想ですが、HIの場合は使用できる素材も限定されますので、我が家もテフロン加工されているものを使っています。
テフロンはどんなに大切に扱っても劣化していくものなので、あまりにも高いとなぁ・・・・という思いで、あまり値段の張らないものを購入していますが、一応「ある程度の重みがある」を条件にしています。
安すぎたり軽すぎると、HIのスイッチを入れたときに(食材が入っていない状態で)くるくる動いてしまったり、熱で中心部分が少し変形してくるケースもあったので、この条件をつけました。

調理器具も理想と価格とのバランスが難しいですね(笑
2017.04.14 09:41 | URL | #eXGbEeWQ [edit]
Aki says... "くみくみさんへ"
フライパンの表面加工って本当にいろいろな種類があって、○○コートなら長持ちするのか?やっぱり高い方がいいのか?など、実際に使ってみないとわからないことが多いですよね。
個人的には価格とコーティングのもちは必ずしも比例しないような気がするので、そこそこの価格のものを定期的に買い換えるのがいいのかなと思います。重さも重要なポイントですね。
いつかは鉄のフライパンにも挑戦してみたいなぁと思っています。
2017.04.17 06:39 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する