Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

引っ越し準備を手早く済ませるコツ (2)


関連記事
引っ越し準備を手早く済ませるコツ (1)

我が家の引っ越し準備の時短のコツ、その2です。

IMG_0059 (1)

3. 梱包は部屋別に。時間のかかる場所から始める

最終日はなにかとばたばたするため、時間がかかる場所は早めに取りかかります。
荷物は種類別ではなく部屋別に詰めておくと、新居への運び込みがスムーズになります。

順序は、玄関・廊下 → キッチン1 → リビング → 寝室 → キッチン2 → 洗面所
玄関や廊下の収納は普段あまり使わないものを置いていることが多いので、まずはここから。
キッチンや洗面所はぎりぎりまで使うため、どうしても最終日になってしまいます。
寝室の衣類や布団は、衣装ケースと業者が貸し出してくれるハンガーボックスや布団袋を活用すればほとんど梱包の手間がかからないので、後まわしでも大丈夫です。

一番大変なキッチンは2回に分けて
キッチンは、こまごまとしたものが多いうえ、割れものも多いので、一番時間がかかる場所。
必要最低限のものだけ残し、他で代用できる食器などは早めに梱包を始めます。

オーディオ類も案外時間がかかる
コードの始末など案外時間がかかるため、夫のいる週末に早めにお願いしておきます。
最後に慌てて適当に詰め込むと、新居での設置が面倒なことに・・・

4. 開梱の手間を省くコツ

開梱のしやすさを考えて梱包しておくと、新居での作業がぐっと楽になります。
以下は、私が取り入れているちょっとしたコツです。

収納ボックスに入っているものは、そのままダンボールに入れる
これなら梱包も開梱もあっという間。新居での「あれどこいった?」も少なくなります。
中身が動くのが心配なときは、隙間に緩衝材や古新聞を詰め込んでおきます。

ガムテープは丁寧に貼りすぎない
角まできっちり貼りすぎると、開けるのが大変! 専用トラックでの輸送なら、上は口を閉じるために縦に1本貼るくらいで大丈夫です。重いものは、底に十字にテープを。

中身の記載はなるべく具体的に、天面+側面に書く
「キッチン 皿 食器棚 右側」など。積み上げたままでも読めるよう、側面にもメモします。

ちょっとしたことですが、これから引っ越しをされる方のご参考になれば幸いです。

にほんブログ村テーマ マイホームの収納計画へ マイホームの収納計画


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
お読みいただきありがとうございます。参考になったよ!という方は、上のボタンをクリックいただけると嬉しいです。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

Post comment

管理者にだけ表示を許可する