Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

引っ越し準備を手早く済ませるコツ (1)

3月は、新生活に向けて引っ越し予定という方も多いのではないかと思います。
仕事をしながら・子どもの相手をしながらの引っ越しの準備ってなかなか大変ですよね。

引っ越し準備に必要な日数は、単身で3-5日、夫婦2人で5-7日、3人以上の家族だと7-10日程度と言われているようです。作業できるのが週末だけの場合、1ヶ月近く必要ということに。

我が家は、旧居での梱包2日、新居での開梱1日が目安。
普段から必要以上にものを持たないよう気をつけているということもありますが、過去10回に及ぶ引っ越しを経て、引っ越し準備をより楽に・時間をかけないコツを身につけました。
そんな我が家の引っ越し準備の時短のコツをまとめてみました。

IMG_0061 (1)

1. あまり早くから梱包を始めない

1ヶ月前からダンボールに詰めても大丈夫なもの=普段はそれほど使っていないものです。
それって本当に必要なものでしょうか? 本当はいらないかもしれないものを1ヶ月前から丁寧に梱包し、よく使うものを直前にばたばたと詰め込むとしたら、本末転倒です。
引っ越しが決まったら、まずはものを少しでも減らすことに注力します。

ストック品を減らす
食品のストックは食べて、消耗品のストックも新たに買わないようにします。

捨てる算段を整える
粗大ゴミや燃えないゴミは、案外簡単には捨てられないものです。回収が間に合わなくて結局そのまま新居へ・・・とならないように、早めに回収日の確認・予約をしておきます。

2. 「そのまま運べる」収納用品を知っておく

戸棚や引き出し式の家具だと中身を出してさらにひとつひとつ梱包しなければなりませんが、引っ越し業者にそのまま運んでもらえる便利アイテムがあれば、梱包の手間を省けます。

プラスチックの衣装ケース(1段タイプ)
中身が洋服など軽くて割れないものの場合、引き出しを布テープで固定すればそのまま運んでもらえます。業者によってはダメな場合もあるので、見積もりの際に確認を。

スーツケース
中身が入っていても運んでもらえます。割れ物や貴重品の運搬にも便利です。

引っ越し業者の便利アイテム
洋服をそのままかけられるハンガーボックス、シューズボックス、緩衝材があらかじめセットされた食器専用ボックスなど、引っ越し業者が貸し出してくれる便利な資材もあります。
大手ほど充実していますが、繁忙期は早めに手配を依頼しておくのがおすすめです。

次回は、実際に梱包を始める際のコツについて書いてみますね。


ここからお知らせです。
ワニブックスさんの春の新生活キャンペーンで、関連書籍の電子版が期間限定で半額!です。
私の本だけでなく、emiさんや本多さおりさんなどの人気書籍も対象となっています。

キャンペーンページはこちら → ebook Japan / DMM.com

今後、ポンパレeブック / dブック / honto などでも順次開催予定とのことです。
ぜひこの機会にご覧になってみてくださいね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

Comment

くみくみ says... "引越し時の衣類"
引越しは我が家も今のマンションに移る際に行いましたが、Akiさんが書かれているように、衣類については別に梱包する必要ないよ!っとお願いした業者さんに言われました^^

引越し業者ではなく、知り合いの何でもやさんだったのですが、衣装ケースはガムテープなどで止めておけばOK、ハンガーに掛けてあるものも、掛けたままふんわり梱包して運んでもらいました。
新居の定位置または仮位置にさっと掛ければOKなので、引越し後の片づけがとても楽でした。

今のところ新たな引越し予定はありませんが、次の記事も気になります^^
2017.03.08 10:04 | URL | #eXGbEeWQ [edit]
Aki says... "くみくみさんへ"
ハンガーボックスでなくても、そのままふわっと梱包してくださると開梱が楽ですね!
専用の資材は繁忙期は貸し出し中のことも多いので、参考にさせていただきます。
たびたびの引っ越し経験で、引っ越し準備だけは上手になってしまいました(笑)
2017.03.10 06:16 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する