Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

「ほどほど」ナチュラルクリーニング


関連記事
掃除道具はシンプルに
「家じゅうマジックソープ化」に失敗した話

洗剤の種類についてご質問いただいたので、我が家にある洗剤を集めてみました。

無印のメイクボックスに入れているのは、粉末のセスキ、重曹、クエン酸、酸素系漂白剤と、スプレーボトルに入れたセスキ水、アルコールスプレー。それ以外に、マーチソンヒュームのキッチン用とトイレ用の洗剤を使っています。

IMG_0348a.jpg

息子が生まれてから、洗剤もできるだけ安全なものを使いたい、あちこちにあると危ないから集約して数も少なくしたいと考えるようになり、汚れの性質に応じて酸またはアルカリで中和して落とす、ナチュラルクリーニングに徐々に切り替えていきました。

私は、最初にごく基本的な本を1冊読んで、汚れの種類(酸性/アルカリ性)を覚えました。
使い方はその本や詳しいサイトなどの受け売りですが、こんな感じです。

キッチン:
油汚れ(酸性) → セスキ水(アルカリ性)
蛇口の水垢(アルカリ性) → クエン酸水(酸性)、軽いものならアルコールスプレー
シンクや鍋の曇り → 重曹(磨き粉として)
茶渋や布巾の漂白、排水溝のヌメリ取り → 酸素系漂白剤+お湯

浴室:
湯垢(酸性) → 普段は体を洗う液体石鹸(アルカリ性)で、酷いときはセスキ水
金具や鏡の水垢(アルカリ性) → クエン酸水
風呂釜の洗浄 → 酸素系漂白剤+お湯

トイレ:
尿汚れ(アルカリ性) → クエン酸水

家具・床など:
普段の手入れはアルコールスプレー、足跡汚れ(酸性)などが気になる場合はセスキ水

このように、酸・アルカリ・酸素系漂白剤の3つで、家じゅうの汚れに対処できます。
そんなわけで一時はナチュラルクリーニング一辺倒だった私ですが、冒頭にも書いたように、最近は一部用途別の専用洗剤も使うようになりました。

安全かつ万能で素晴らしいのですが、やはり少しコツというか、手間がかかる部分もあるのですね。セスキ水で拭いたあとは白く曇るので、クエン酸水で2度拭きして中和したり。酷い汚れにはキッチンペーパーで湿布して、汚れが緩むまでしばらく置いておくなど。

そこで、私以外の家族や来客も使う場所の洗剤は、使いやすい専用のものに戻しました。
毎日使うものは、やはり皆が楽に、気持ちよく使えることも大切だと思うのです。
曇りなどが気になったら、ときどきセスキ+クエン酸で徹底掃除します。

こんな感じで、「ほどほど」ナチュラルクリーニングに落ち着いている最近の我が家です。

ムロさん、お待たせいたしました!こんな感じですが・・・ご参考になれば幸いです。

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

Comment

くみくみ says... "参考になりました"
汚れの種類、なんとなくわかっていながらもちゃんと本などで知識を得ていたわけではないので参考になりました。

Akiさんの仰るとおり、ナチュラルクリーニングは家族みんなに・・・となると説明も必要だしハードルが高いので、我が家も主人なども使用するものは専用の洗剤を使用しています。
利用目的がはっきりしているので使い間違えることもないですね。

また、最近洗濯機を買い換えて、改めて取説を読んだところ、におい消しなどに洗濯時に重曹を少し入れるといい・・・といったネットでの情報があったので今までは入れていたのですが、洗濯機の取説ではなるべく入れないように・・・という一行を見てやめました。よほど使用する際は、バケツで余洗いするときに使用するように切り替えました。
機械が絡む場合は特にしっかり利用方法を知った上で使うべきかもしれませんね~。
2017.01.31 09:20 | URL | #eXGbEeWQ [edit]
Aki says... "くみくみさんへ"
ふむふむ、くみくみさんのお宅も洗剤は使い分けていらっしゃるのですね〜
やはり家族に協力してもらうためには使いやすさ・わかりやすさも重要ですよね。

実は我が家もすこし前に洗濯機を買い換えたのです。
というのも、洗濯槽の洗浄に酸素系漂白剤が有効と聞いて試してみたところ、我が家の機種とは相性が悪かったようで、1回で壊れてしまい・・・まさに、くみくみさんのおっしゃる「ダメな例」に陥ってしまいました。まずは取扱説明書を確認!ですね。
2017.02.02 08:49 | URL | #- [edit]
くみくみ says... "洗剤の種類"
追加コメントですが。

我が家の買い替え理由も、すすぎだけができなくなったことが理由です。
同じく、酵素系漂白剤で洗濯槽洗浄をしていましたし、すでに書いたように重曹も使用していたことが理由かどうかはわかりませんが、取説に重曹などは使わないように・・・との記載を見て、もしかしたら?と思った次第です。

たまたまスーパーで洗濯槽の洗浄用洗剤の成分を見てみたところ、私がよく使っていた酵素系漂白剤の成分とは違っていたので、こちらも専用の洗浄洗剤に切り替えました。
特に家電は安いものではないので、しっかり利用上の注意は見るべきですね^^;
2017.02.02 09:08 | URL | #eXGbEeWQ [edit]
mai says... ""
セスキスプレーですが、無印のスプレーボトルをお使いですか?私は無印のスプレーボトルにセスキ水を入れているのですが、どうしてもすぐに目詰まりしてしまいます。ほぼ毎日使っていて、詰まり出したらぬるま湯の中で押してみるのですが詰まってる感じは否めなくて。。セスキの量も小さじ1程度なのですが、たしかガーデニング用?のスプレーボトルなので目が細かいのかな。私も子どもが生まれてからナチュラルクリーニングにはまり、一時期すべてそれでまかなおうとしたけれど、結局挫折と夫からの不評で今は半々くらいです(^^;;
2017.02.02 17:41 | URL | #7RorUgFk [edit]
Aki says... "くみくみさんへ"
わっ、我が家もまったく同じで、酸素系漂白剤を入れたら、すすぎの機能が壊れてしまったのです。後から説明書を見たら、専用の洗剤(塩素系)を推奨と書いてありました。
当たり前かもしれませんが、説明書はきちんと読まなくてはダメですね。
出費は痛手でしたが、これまでより少し大きめのものに買い換えたので、洗濯ライフがさらに快適になりました!またそのうちにブログでもご紹介しますね。
2017.02.04 05:36 | URL | #- [edit]
Aki says... "maiさんへ"
maiさんのお宅でもご主人には不評だったのですね。我が家もです(汗)
でも、可能な範囲で取り入れるだけでも、洗剤の種類も随分すっきりしますよね。

スプレーボトルは無印のものです。説明書には、重曹などはNGと書かれていますよね。
私は詰まりが気になったことはありませんが、白残りが嫌でやや薄めに作っているからかもしれません。セスキのメーカーによっても多少違う気がします。(粒子が細かい程よい)
無印から、アルコールなんかもOKな掃除用のボトルを出して欲しいですよね〜
2017.02.04 05:44 | URL | #- [edit]
mai says... ""
なるほど、セスキでもメーカー違いで粒子の大きさが変わるのですね。100均とかでいつも適当に買っていたのでちょっと意識して選んでみます。ありがとうございます。

ところで、また記事にでもして頂けたら嬉しいのですが、、息子さんの教育方針というかお稽古選びとかどうやって決められていますか。物の選び方と同じでシンプルなのかなと思いますが。私は物選びより子供のことになると優柔不断で自分でも嫌になります(^^;;特にこの時期、通信教育とかお稽古とか新年度キャンペーンが溢れかえっていて、つい乗せられそうになってしまいます。。
長々とすみません。またお時間のある時教えて頂ければ幸いです。
2017.02.10 21:58 | URL | #7RorUgFk [edit]
Aki says... "maiさんへ"
セスキの件、ご参考になったようで良かったです!よい商品が見つかるとよいですね。
子どもの習い事は、私もまさに今いろいろ考えているところです。いわゆる「お勉強系」はもう少し先でいいと思っていて、未就学児のうちは、なるべく体力・集中力・感性などを刺激するようなアクティビティや習い事を取り入れていきたいなと思います。
また、もう少しまとめて記事にさせていただきますね。
2017.02.12 20:39 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する