Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

洗濯機が壊れました・・・その理由


関連記事
家族が手伝ってくれる仕組みづくり・サニタリー編
今の暮らしを、大切に。

愛用していた洗濯乾燥機 パナソニックのプチドラムが、壊れてしまいました・・・
いえ、正しくは、壊してしまいました。

きっかけは、ネット上で見かけた「酸素系漂白剤で洗濯槽の掃除ができる」との記事。
専用洗剤が不要なんて!と喜んでやってみたところ、次の日から洗濯機の調子がおかしい。

どうやら給排水の機能がおかしくなったようで、ずっと給水状態が続いてドラムが回転しなくなってしまったのです。それでも、待てば一応動くのですが、やたらと時間がかかるうえに、驚くような水道代の請求が。2万円超の水道代明細、初めて見ました・・・

慌てて取扱説明書を見ると、専用のクリーナー以外は使用不可、と明記されていました。
でも、もはや時すでに遅し・・・やはり説明書はきちんと読まないと駄目ですね。

修理も可能でしたが、息子の洗濯物も徐々に増えつつあるので、この際買い換えることに。
そんなわけで、新しい洗濯乾燥機が届きました。東芝のTW-117X5です。

IMG_0402a.jpg

当初はプチドラムの後継機であるパナソニックのCubleを検討していたのですが、どうやら乾燥機能の評判があまりよくないようで。我が家のように毎日メインで使うには少々厳しそう。
ということで、乾燥機能重視で洗濯11kg / 乾燥7kgの大型機種を選択しました。

この機種にしたのは単に見た目が一番シンプルだったからですが、これがすごく良かった!
洗濯機が変わるだけでこんなに毎日の洗濯が楽になるなんて、という感じです。

・ 洗濯から乾燥までが早い!
  これまでのヒーター式では半日がかりでしたが、早ければ3時間ほどで終わります。
・ 乾燥機の仕上がりがふわふわで、シワにならない
  子どもの綿のTシャツなど、夫が適当に干すよりもずっときれいな仕上がりです。
・ 60度のお湯でつけおき洗いができる
  部屋干しの嫌な臭いがついてしまった衣類も、これですっきり復活しました。

以前は子どもが小さいうちは大きな洗濯機はいらないわ、と思っていましたが、いつの間にか上位機種はこんなに進化していたのですね。もっと早く気がついていればよかった。

今度こそ同じ失敗を繰り返さないよう、まずは取扱説明書をチェック。

TOSHIBA.jpg

やはり、粉石鹸や重曹は使ってはいけないそうです。
こんな失敗をするのは私だけかもしれませんが・・・皆さんもお気をつけくださいね。

にほんブログ村テーマ モダンインテリアとデザイン家電へ モダンインテリアとデザイン家電




にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

Comment

くみくみ says... "洗濯機の大きさ"
我が家も同じ理由で買い換えましたが^^;さらに同じく10キロの洗濯機にしました。
我が家は乾燥は不要なので、縦型乾燥機能なしです。
元々6キロタイプだったので、最低2回は毎日回さなくてはいけなかったので、10キロにしたとたん「入るわ~」っと(笑

我が家も主人が改めて説明書を読んだところ、重曹はNGでした。汗のにおいなどを消してくれるので洗濯時に使っていたのですが、これを見て酷い時はバケツでのつけ置きにしようと思いました。
本当に、説明書は読むべきだ・・・と実感しました。

新しい洗濯機になり、改めて家電の進化は早いなぁと思いました(笑
2017.02.27 09:01 | URL | #eXGbEeWQ [edit]
Aki says... "くみくみさんへ"
くみくみさんのお宅も大型に買い換えられらのですね。ほんと、たくさん入りますよね〜
私も、家電の進化はすごいなぁと思います。正直、上位機種はどこのメーカーも甲乙つけがたいくらい機能が充実していて、結局最後は見た目で選んでしまったくらいです(笑)
くみくみさんもやはり重曹で失敗されたと伺って、こんな私の失敗でも誰かのお役に立つこともあるかも・・・と記事にしてみました。本当に、説明書は大事ですね!
2017.03.01 06:30 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する