Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

家事を手放した時間で何をしますか?

私の平日の家事時間は、1日2時間。そのほとんどが食事の支度と後片づけで、それ以外の家事といえば、ちょっとした「ついで」掃除以外は、洗濯物を干すくらいしかしていません。
これが一般的に長いか短いかはわかりませんが、私にしては随分短くなりました。

狭い部屋だから自分で掃除機をかけたって10分で終わるし、家族3人分の食器なんて手で洗える量だし、夫や息子に頼むよりも自分でやってしまった方が確実で早い。家事ってそんな5分10分の仕事の積み重ね。だから、それくらいならあとちょっと頑張ろう、と思ってしまいます。

でも、ひとつひとつは小さくても、積み重なると大きくなって、いつまでも終わらない。
それに、物理的な忙しさ以上に「これが終わったら、次はあれもこれもやらなきゃいけない」「なぜ私ばかりがこんなに忙しいの?」と、精神的な負担が大きかった気がします。

そもそもキャパシティが低いくせに、きちんとやりたい願望だけは一人前だった私。
「それくらいなら自分で・・・」という気持ちを封印し、私でなくてもできることを手放していったら、憑き物が落ちたようにするすると毎日の家事が楽になりました。

家事を手放した時間で何をしているか?と聞かれたら・・・
はっきり言って、何もしていません。えっ・・・(汗)

IMG_0108.jpg

でも、それまでだったら「もっとちゃんとしたいのにできない」と思っていた料理にちょっと手をかけたり、たまに(ごくたまに)は簡単なケーキやパンを焼いたり。本当に何もせずに、リビングで遊ぶ息子を可愛いなーと見つめて、呼ばれたらはいはいと一緒に遊んだり。
心に余裕ができたら、自分のための本を読む時間も取れるようになりました。

どれもほんの些細なことですが、以前の私にはできなかったことです。

家事の効率化の終着点は、より多くのことをこなすこととは限りません。
慌ただしい毎日の中でふと足を止める時間をつくる、時間と気持ちに余裕をもってにこにこと家族に接すること。私の場合は、そちらの方がずっとずっと大きな収穫でした。


 

いつもお読みいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました!「家事を手放してシンプルに暮らす」/ ワニブックス

Post comment

管理者にだけ表示を許可する