Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

家族が手伝ってくれる仕組みづくり・キッチン編


関連記事
家族が手伝ってくれる仕組みづくり・サニタリー編

カトラリーは、キッチンの背面カウンターとして使っているラックの一角に収めています。
無印のポリプロピレン(PP)ケースの一番浅いものを2段。中は同じく無印のPP整理ボックスで仕切りました。無印の収納用品はモジュールが統一されているので好きです。
PP整理ボックス2を2つ並べると、あまった隙間にラップ類がぴったり!

IMG_5671_t.jpg

置いている場所は高さ90cmのラックの中段。大人は少々かがむ必要がありますが、なぜここに置いているかというと、いずれ配膳は息子の仕事に・・・という密かな目論見があるから。
2歳の息子がちょうど引き出しやすい高さなのです。

フルタイムで働いていると、すべてを母親がしてあげることはできません。
もちろんできる女性もいるでしょうが、私には無理・・・。自立を促すという意味でも、息子にもできることはどんどんしてもらいたいと思っています。

最近は大人の真似をしたいのか、私が配膳を始めると箸を出してくれるように。
パスタの日も箸を出してくれますが、そこはご愛嬌。母はとっても助かります!

今後、子どもの成長に合わせて高さなど少しずつ変えていくつもりです。
入居時にカウンターを造作するか悩んだ末、結局こうして組立式のラックを使っていますが、家族の変化に応じて使い方を変えていけるので結果としてはよかったかな。

家族に何か頼みたいとき、「やってよ!」と言うのは簡単ですが、家族をよく観察して「どうしたらもっとやりやすいかな?どうしてしないのかな?」と考え、気づきやすい・使いやすいよう工夫すれば、あれこれ言わなくてもお互いに気持ちよく動けたりします。
これも、単なる収納術にとどまらない、オーガナイズの力。

子どもの「やりたい」気持ちを尊重しつつ、親も楽できる。
自分ひとりで仕事も育児も家事も完璧になんてとてもできないから、家族みんなが家事に参加しやすい、参加したいと思えるように。余った時間をゆっくり過ごせるように。
そんな仕組みづくりができればと考えています。


にほんブログ村 トラコミュ やっぱり好き MUJI 無印良品へ やっぱり好き MUJI 無印良品

ブログ村ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する