Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

理想は「作業台のような家」

「家が欲しい」と一口に言っても、それに求めるものは人それぞれ違うのかな、と思います。
ある人は、たくさんの服や持ち物を収めるための「収納庫」が欲しいのかもしれない。
ある人は、自分の趣味の家具や雑貨で美しく飾った「美術館」を求めているのかも。

私にとっての理想の家は、「作業台」のような家。

IMG_8372.jpg

何かしたいと思ったとき、思考の流れを邪魔されるのが嫌なんです。
例えば、頭の中の美しいイメージを絵にしたいと思ったとき、かすれたペンと薄暗い部屋だと描きづらく、作業そのものに気を取られてうまく感じたままを表現できないかもしれません。
環境や道具の制約のために思考が100%アウトプットできないのは、大きなロスです。

片付いていない部屋だと何かしたいと思ったときにまず片付けから始めなくてはならなくて、結局できなかったり時間がかかる・・・というのも同じかもしれませんね。

調理台の上がいつも片付いていて、「料理をしたい」と思ったら、すぐに取りかかれる。
テーブルで「ちょっと書きものをしたい」と思ったら、ペンにすぐ手が届く。
「今日はあの服が着たい」と思ったら、探さなくてもすぐ見つかる。

必要なものが揃っていて、すべての作業が流れるように行えて、またすぐ片付く。
そんな、機能的な作業台のような家であるといいなぁと思うのです。

そう考えると、ものは多すぎないほうがいいし、広さもそれほど必要ないのかもしれません。


にほんブログ村 トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Comment

くみくみ says... "動きの流れ"
「やりたいときにやりたいことがスムーズに取り掛かれる環境」って、きっと快適な生活を送る上での基本なのかもしれませんね。

私は気になるポイントが限られていて(笑)特に水周りが汚れていたり散らかっているのがどうしても我慢できません。
なので、キッチンは使ったら元の状態に戻しておかないと気が済まない。ただ、キッチンをしっかり片付けるきっかけになったのは、結婚して子供ができて日々時間に追われるようになってからかもしれません。

akiさんがおっしゃるように、朝起きたらすぐに・・・帰宅したらすぐに調理に取り掛かれるキッチン周りが一番効率よいと思えます。調理する前に前に洗っておいたお皿を片付けて・・・の時間がもったいないという気持ち。

他の場所もそのように考えていければベストなんでしょうね^^
2016.06.29 08:44 | URL | #eXGbEeWQ [edit]
Aki says... "くみくみさんへ"
そうですね、私も水回りの片付けが暮らしをスムーズにするのに一番有効だと思います!
母も、寝る前にとても丁寧にキッチンを拭き上げてから寝る人でした。
結局トータルで動いている時間は変わらないのでしょうけど、なんだか心地よいのですよね。
あと一箇所なら、玄関かダイニングテーブルの上がおすすめです♪
2016.06.30 23:00 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する