Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

レゴ・デュプロを選ぶ

夫も私も、幼い頃は大量のレゴに囲まれて育ちました。
それもあって、レゴは息子に与えたいおもちゃのNo. 1だったりします。

はたして、1歳の誕生日に貰った15ピースのレゴ・デュプロにすっかりはまった息子。
2歳の誕生祝いとして私の両親から追加のセットを贈ってもらうことはすぐ決まったのですが、どれを買うかを決めるまでが大変でした。その種類の多いこと!

IMG_0163a.jpg

似たようなピース数でも「緑のコンテナ」「楽しいどうぶつえん」など何種類もあり、大体の違いはわかるものの、具体的にどんな形が何個入っているかは箱を見ないとわかりません。
そうそうおもちゃ屋に足を運べない身にとっては、情報収集が難しいのです。

ネット上のレビューなどの断片的な情報を集め、各セットの特徴をまとめてみました。

1. フィギュアが多めで、複雑な造形ができなくても遊びやすい (1-2歳向け?)
- 楽しいどうぶつえん(116ピース) → Amazonで一番人気でした
- 緑のコンテナスーパーデラックス(95ピース)
- ぞうさんのバケツ(51ピース)
  

2. 基本のブロックが多め、顔や窓などの特殊パーツもあり (2-3歳向け?)
- 基本セット・タワー(200ピース、トイザらス限定)
- クリエイティブ・スーツケース(135ピース、トイザらス限定)
- ミッキー&フレンズ(65ピース)
  

3. ストイックに基本の長方形ブロックのみ (3歳~?)
- 基本ブロック(80ピース)


我が家はすでに息子が2歳ということで、2.の「クリエイティブ・スーツケース」 を選択。
フィギュアは入っていませんが、車輪がついたパーツが2つと目のパーツが3つあり、トップの写真のように動物を作って遊ぶこともできます。ちょうど、息子のおもちゃ収納に使っているIKEAのボックスにぴったり収まる量でした。 →画像はこちら

15ピースでは足りなくて泣いていた息子も、大きな電車や飛行機が作れて満足そう。
これでも足りなくなったら、「基本ブロック」を買い足すつもりです。

意外にまとまった情報がなかったため、どなたかのお役に立てばと思い記事にしてみました。長くなりましたが、お読みいただきありがとうございました。


ブログ村ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、クリックいただけると嬉しいです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

Comment

くみくみ says... "レゴ"
レゴは楽しいですね^^
我が家はミッキーのが1つと、アリエルのセットを1組追加で購入して持っています。
息子にはもっと小さいパーツのレゴで、家とピザショップができるタイプのものが1組。
どちらも最初は説明書どおりに作ってみて楽しみ、その後は自分の想像で組み合わせて色んなものを作っています。

息子に小さいパーツのレゴを買ってあげたのは確か4歳の頃でした(対象年齢4歳以上だったので)
当時はあまりやる気がなく(笑)、主人と一緒に説明書を見ながら作り、どちらかと言うと「一緒に作ってもらいたい」状態。
その後しばらく興味もあまりなかったようなのですが、6歳になった頃、押入れに仕舞ってあったのを見つけ出し、自分で説明書を見ながらコツコツと完成させていました。

レゴなど、想像力がどんどん広がる玩具は、年齢があがるごとに楽しみ方が広がっていいですね♪
2014.12.18 10:06 | URL | #eXGbEeWQ [edit]
Aki says... "くみくみさんへ"
しっかり者の息子さん、レゴを組み立てるのも上手そうです!
型どおりに作るだけでなく、想像力で自由に作りあげることができるのがレゴの良さですね。
息子ももらってからしばらくは興味もなさそうだったのですが、ある時から突然夢中になり始めました。保育園でも箱いっぱいのレゴでお兄ちゃん達と遊んでいるようです。

実は、実家には私が子供の頃の30年もの(笑)の通常サイズのレゴがまだあるのです。
息子がもう少し大きくなったら、親子二代で使いたいな、と思っています。
いつになっても、時代を超えて愛されるおもちゃはいいですね。
2014.12.21 22:31 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する