Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

子どもがいるからこそ、のインテリアを楽しむ


関連記事
子ども椅子もイームズ風
吸着式ホワイトボードの使用感

リビングに世界地図を飾りました。

IMG_7937.jpg

当初はそろそろ息子のために地球儀が欲しいなと思っていたのですが、狭い我が家ではあまり大きなものは置けません。それならばと、どーんとめいっぱい大きな地図を購入しました。
大きさは61cm × 91.5cm。我が家の小さなリビングではなかなかの存在感です。

「世界地図 ポスター」と検索すると、教科書にあるような行政図からインテリア用のものまで大きさもデザインも多種多様なものがあります。この Planetary Visions の世界地図は専門の制作会社が作る精確な地図でありながら、インテリアとしても素敵で気に入りました。

さっそく、おばあちゃんの家はここ、お母さんが昔住んでいた国はこんな遠く、などと場所を示しながら息子に話すと「えー?」、と不思議そうに、でも興味深そうに聞いています。
これから息子と海外に出かける機会があったら、シールで印をつけていくのもいいな。
英語表記&文字が小さいため、学習用にと考えている方は気になるかもしれません。

リビングに地図を飾るなんて、息子がいなかったらきっと考えもしなかったこと。
ほかにも、赤ちゃんの頃の写真を額に入れて飾ったり、メリーがわりにカラフルなモビールを吊るしてみたり。ホワイトボードに描かれたへんてこアートも我が家のアクセントです。

子どもがいるからインテリアどころじゃない・・・と考えるのではなくて、子どもが小さい今だからこそ楽しめるインテリアを工夫しながら取り入れていきたいなと思います。


にほんブログ村 トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Comment

くみくみ says... "素敵です~"
モノトーンとウッド系の色合いのみのお部屋に、世界地図のカラーがとても素敵に映えますね!

旅行に行った先をチェックしたりシールを貼るのはまた楽しそうです。
そうなると、日本地図もほしいですね(笑

子供の作品を飾るという行為自体が、子供たちの嬉しさを倍増させるようです。
我が家も保育園の6年間で毎年父の日と母の日に描いてくれた似顔絵を、和室に全て貼ってありますが、子供たちも時々目にして嬉しそうに話しています。
本人が愛着のある制作物は子供部屋に。
2016.05.09 09:18 | URL | #eXGbEeWQ [edit]
Aki says... "くみくみさんへ"
そうなんです~、日本地図も欲しくなりますよね。むしろ小さい間は海外にいく機会などほぼないと思うので、行動範囲という意味でがむしろ日本地図だけでいいくらいですが(笑)
でも、日本以外にも広い世界が広がっているんだなとなんとなく感じて欲しくて、世界地図にしてみました。どこまで感じ取ってくれているかは・・・微妙です(汗)

父の日と母の日の似顔絵を飾るなんていいですね!息子の保育園は制作物が少なめで母の日も特に何もなかったのですが・・・いつかそんな絵を貰ったら嬉しくて泣いてしまいそうです。
「お母さんが大事に飾っている」というのがまたお子さんたちの喜びにもなりますね!
2016.05.10 21:57 | URL | #- [edit]
くみくみ says... "追記ですが"
世界地図や地球儀って、子供が成長する中で意外とあったほうがいいのかなぁと思うようになっています。
というのも、小2の息子が毎日大人がニュースを見ていると自然と一緒に見ているのですが、出てくる国や地域の名前を見て「○○ってどこ?○○ってここからどのくらいかかる?どうしてこういうことが起こってるの?」などとかなり質問が多くなってきました。
そんな時、地球儀や地図を見せることで、視覚的に理解できますし。
我が家は地球儀を持っていたものの、今まではさほど興味もなかったのでインテリアと化していましたが、まさにこれから必要なのかなぁと思います^^


母の日の似顔絵プレゼントをする際、「ママ、いつもご飯作ってくれてありがとう」という一言と共にもらいました。多分、帰りの集まりのときに「お母さんに一言御礼を言ってあげましょう」と言われているのかなぁと(笑
ちなみに卒園式のときは、園児が一輪のカーネーションを持って母親のもとにいき、一言御礼を言って渡してくれるのですが、息子も「いつもご飯を作ってくれてありがとう」の一言でした。

改めて、子供たちにとって私はご飯を作ってれる人なんだなぁと実感したところです(笑
同時に、どんなに手抜きであっても、お腹を満たしてあげることが私の使命なのかなとも思った次第です^^

子供の通う保育園はカトリックで、聖母マリアの存在があるため、色んな意味での「母」ということのへの意識が強いようですね。
2016.05.11 08:38 | URL | #eXGbEeWQ [edit]
Aki says... "くみくみさんへ"
国の位置って、大人になっても正確には理解していなかったりしますよね。
私も、わからないなと思ったら息子と一緒に調べる習慣をつけたいと思います。

母の日のくだり、笑ってしまいました。なぜなら、30過ぎた私も母の日のカードに書いたのは「いつも美味しい食事で出迎えてくれてありがとう」だったからです(笑)
子どもにとっては、何年たってもお母さん=美味しいごはん、なのかもしれませんね。
2016.05.12 08:22 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する