Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

家族が集まる場所は?


関連記事
ダイニングテーブルに物を置かないために
造りつけ収納を100%活用する

いよいよゴールデンウィークですね。
今年は曜日の並びもよく、10連休の方もいらっしゃるのではと思います。

私自身はカレンダーどおりの出勤ですが、それでも3連休が2回も!
連休初日の昨日は、買ったばかりの自転車が大のお気に入りの息子と近所の公園をはしごして回りました。朝の10時前から約4時間、併走する私のほうがいい運動になりました・・・

花屋の店先には早くもひまわりが。早速買って食卓に飾りました。

IMG_7909_t.jpg

家の中で家族が集まる場所はどこですか?
私は、ダイニングテーブルが家族が集う場所であればいいなと考えています。

私実家はわりと家族仲がよくて、食事が終わっても皆そのままだらだらと食卓を囲んで話しているような家族でした。父は晩酌をしながら、母と妹と私はお茶をしたり果物を食べたり。
中高生になっても、なんとなく自室にこもるのが寂しくて勉強も食卓でしていました。
そんな風景が私の幸せな家族のイメージになっているのかもしれません。

食事をするだけでなく、息子がお絵描きや工作をしたり、おままごとをしたり。
夫や私がそれぞれパソコンと資料を広げて仕事をすることもあります。

そのため、パソコン関係の小物、文房具、子どものおもちゃや工作道具など、あらゆる小物をダイニングテーブルから手が届く位置に集合させています。よく使う小物を一箇所に集めるとおのずとその近くで使うようになり、くつろぎエリアであるリビングに物が溢れません。

テーブルの天板も、食事をするだけなら一人あたり幅60cm、4人掛けなら幅120cm程度あれば大丈夫ですが、作業台として使うことを想定して少し広めの150cmを選択しました。

ただ「そこに収納があるから」ではなく、自分自身や家族の動きを想定しながらそのまわりにちょどよく必要なものを配置すること。それが、自然に片付き使いたいものにすぐ手が届く、機能的でストレスフリーな部屋を作る秘訣かもしれません。


にほんブログ村 トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

   

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する