Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

管理を手放す ストックの適正量は?


関連記事
消耗品を買うときのルール
食品ストックを持ちすぎない
詰め替えません・サニタリー編

持ち物をひとつ増やすと、管理コストもひとつ分増えます。
それを置くためのスペースに年間いくら家賃がかかるか、とはよく言われますが、個人的には金銭的なロスよりも、収納場所に悩んだり、数は足りているか、期限が切れていないかなど、管理のために常に思考の一部を占拠されてしまうことが一番のコストのように思います。

家が狭いからということももちろんありますが、「管理を手放す」ため、ストックは最低限、本当に切らすと困るものだけを持つようにしています。

IMG_5530.jpg

シャンプーとコンディショナーは気に入っている商品が少し遠くの実店舗か直営オンラインショップでしか手に入らないため、大型の詰替パックを常に1つストックしています。
ボディソープは数日程度なら洗顔石鹸などで代用できるため、ストックなし。
同じ理由で、洗顔石鹸とハンドソープもストックはしていません。

IMG_6930_t.jpg

トイレットペーパーは、災害対策として少なくとも1パック分は置いておくようにしています。90m巻きなら、8ロールで通常の60m巻きの12個分をストックできます。ラップフィルムも、災害時食器を洗えない場合に有効と聞いてからは+1本のストックを持つようにしています。

これらものものは、以前はコンビニですぐ買えるんだしとぎりぎりまで買わずにいましたが、東日本の震災を経験し、息子が生まれたことで考えが変わりました。我が家がほんの少しだけストックをしておくことで、緊急時にほかの人に物資が回ればと思います。

IMG_6018_t.jpg

調味料は、なければないでそれを使わない料理を作ればいいだけなので、基本的にストックは持ちません。砂糖と味醂はたがいに代用することもできます。油もごま油かオリーブオイルのどちらかがあれば何とかなります。いずれも、Amazonで注文すれば翌日には届きます。

マヨネーズとケチャップは常備せず、使うときだけ小さいサイズを購入します。マヨネーズはどうしても必要であれば卵と酢と油で作れるし、ケチャップはトマト缶で代用できます。

IMG_6942_t.jpg

食品ストックは浅めのボックス1つ分。これも、数日くらい切らしても困りません。
これとは別に災害備蓄品として缶詰などを少し置いています。これもボックス1つ分。関東圏に直下型地震があった場合一週間分の備蓄が必要と聞き、少し足りないかなと思案中です。

住んでいる場所や暮らし方によってストックの適正量は異なりますので、必ずしも私の方法が正解とは思いません。持ちすぎず、持たなさ過ぎず、自分にとってちょうどよい量を。
「考えなしにストックしない」ということが大事かな、と思います。


にほんブログ村 トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース



いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する