Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

傷つき、壊れることをあたりまえと考えてみる


関連記事
無垢の家具
アクセサリーは少しだけ

我が家のダイニングテーブル。
無垢材のため、食事の際は汚れないようトレイを使い一応予防しているものの、特にカバーを掛けたりしてはいないため、息子がおもちゃを当てたり夫や私がうっかり物を落としたりで、よく見るとけっこう傷だらけになってきました。(写真だとあまりわからないですね)

IMG_7585.jpg

良いものだから子どもが傷つけないようにとカバーで覆ってしまったり、壊したくないからと仕舞い込んでたまの来客時にしか使わないのは却ってもったいない、と思います。
せっかく美しいものなら、ありのままの姿で、普段からどんどん使いたい。

ジノリの食器も普段から使っているので、うっかり割ってしまうこともあります。
婚約指輪は小さな石が並んだエタニティタイプを選びました。今も月に何度かはちょっとした外出につけていきます。たぶん、よく見れば小さな傷がたくさんついていることでしょう。

形あるもの、いつかはくたびれたり、壊れてしまうのがあたりまえ。
それは私自身にしても同じことで、誰しも人生の残り時間には限りがあります。
いずれ限りがあるものなら、美しいものに普段から触れて日々の暮らしを楽しみたい。
たとえ壊れてしまっても「ま、いつかは壊れるよね」とおおらかな気持ちで。

そう割り切ると、そんなにたくさんのものは必要がないことに気がつきます。
一番大切なものを壊さないために、たくさんの二番手・三番手のものを抱える必要はない。
本当に好きなものが普段の暮らしに必要な数だけあれば、それで十分なのです。


にほんブログ村 トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース



いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する