Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

小さなリビングに置くデスクの奥行は何cm?


関連記事
リビングボードが入りました
リビングボードの収納

新学期に向けて、お子さんの学習机を購入される方も多いのではと思います。
最近は「リビング学習」が人気で、あえて学習机をリビングに置くご家庭も多いそうですね。ノムコム with Kids の調査によると、小学校低学年では76%、高校生以上でも27%がリビングダイニングで主に勉強をしているとか。思えば、私自身も自室よりリビング派でした。

我が家はリビングにデスク兼リビングボードを設置しています。
現在は夫と私が使っていますが、ゆくゆくは息子の勉強スペースにと考えています。

IMG_7583.jpg

デスクとして使うのなら、ある程度天板が広いほうが使いやすい。一般的な学習机の奥行は60cm、事務机だと70cm程度のようです。でも、奥行を抑えたほうが部屋は広く見える。
悩みに悩んだ末、我が家のデスクは奥行45cmで落ち着きました。

人が肘を曲げて楽に動かせる範囲を通常作業域といい、座って作業する場合は成人男性で半径約40cmだそうです。奥行45cmあれば一応快適な状態で作業ができることになります。

そのほか、奥行45cmのメリット:

・ 奥行45cm規格の家具が多く、他の家具と合わせやすい
・ 椅子(通常座面40cm程度)が無理なく引き込める
・ 無印の 横型ファイルボックス(奥行32cm)が収まる
・ 無印の ポリプロピレンケースシリーズ(奥行37cm)が収まる
・ IKEAの VARIERAボックス(奥行34cm)が収まる
・ たいていのオーディオ機器が収まる

IMG_7095.jpg

我が家のデスクには引き出しがないのですが、無印のファイルボックスや収納ケースをうまく組み合わせれば将来的には教科書や学用品も収納できるのではと考えています。
壁面に棚を取り付けて、より学習机っぽくアレンジしてみてもいいかも。

ただ、やはり45cmだとノートの奥に教科書を広げて、というわけにはいきません。
教科書や副教材などは横に広げることになるため、天板は左右とも広めに確保しました。
全体で2m以上あるので、親が隣に座って見てやることもできそうです。

まだまだ長く集中して机に向かうことなどほとんどない3歳児だし(あってもパズルくらい)、そもそも小学校入学までこの部屋に住み続けるかどうかもわからないのですが・・・

用途を限定しないニュートラルな家具は、いろいろなアレンジを考えることができて楽しい。
ときどきこうして先々のことを妄想しては、密かに楽しんでいます。


にほんブログ村 トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Comment

くみくみ says... "横長 "
横長のワークスペースは憧れます。
本当は、我が家もリビングに横長の長テーブルを置いて作業スペースにしたいなぁと思っていたのですが、リビングの全面窓によりイマイチしっくり配置できないので断念し、子供たち用のシンプルなデスクを2個横並びにおいています(いずれ個々の部屋に移動する前提で)

主人曰く、子供の勉強スペースには、外を眺めることができ、親が斜め後ろ45度くらいの角度から見守れる位置が良いらしいです(どこからか仕入れた情報らしいですが^^;)
私としてはリビングの壁に向かったスペースに配置を検討していたのですが、主人の意向により全面窓に向かって配置しています・・・。
こうなると、窓は腰高までは壁がよかったなぁと思うわけです(笑

収納スペースも、色んなアイテムに対応しているサイズ感はとっても便利ですね!

ちなみに、小学校一年生の教科書は恐ろしく少ないです・・・
自分が同じ頃はもっと色んな教科があったと思うのですが、国語と算数だけです@@
生活や体育などはもちろんありますが、教科書のある教科は2教科なんですよ!
なので、ほとんど専用の収納は必要ありません。
机の下に2段のカラーボックスを置き、ファイルボックスやブックスタンドを使うだけで十分でした^^


追伸:前回の肉じゃが、やはりケンタロウさんのレシピだったのですね。なんとなくコッテリ感など汁が少なめに見えたのでもしや!と思ってました。私も試してみようと思います~
2016.03.09 11:11 | URL | #eXGbEeWQ [edit]
yako says... ""
とっても素敵なリビングボードですよね!!
私は以前ハウスメーカーでコーディネーターをしていたのですが、当時受注の多かった造作家具がまさにAkiさんのリビングボードです。
奥行45㎝で、幅は間取りによりますが、壁~壁まで3m前後のところに隙間なく造り付けるタイプが多かったです。
奥行45㎝は収納するにはとても便利で、空間的にも圧迫感がなく有効利用ができていいですよね。デスクとしての奥行は狭くても幅が広ければたっぷり使えますし。
空間を最大限に利用し、見た目もすっきりと美しいオーダー家具は、さすがAkiさんらしい素敵な選択ですね!
2016.03.10 10:13 | URL | #JalddpaA [edit]
Aki says... "くみくみさんへ"
そうそう、くみくみさんのお宅もリビングに学習机でしたよね。
お子さんのために窓の前の特等席に机を置いていらっしゃるという話が印象に残っています。
確かにその場合は一部でも腰窓の部分があると収まりがよいかもしれませんね。

ところで、1年生の教科書が国語と算数だけなんて驚きです!
私のときは理科や社会、音楽などもあったような・・・時代が変われば変わるのですね。
やはり、先日アドバイスいただいたように、新学年準備は実際に始まってからにするのが一番だなぁと思いました。親のほうがついつい先走ってしまいそうになるので気をつけます(笑)

肉じゃがは「ケンタロウ絶品!おかず」という本のレシピを参考にしています。
フライパンとごま油で、こってり男子向けの肉じゃがに仕上がります♪
2016.03.11 06:24 | URL | #- [edit]
Aki says... "yakoさんへ"
ありがとうございます!
奥行45cmは、インテリアコーディネートの現場でも人気のサイズなのですね。
デスクとしても十分使えるし、たいていの物が収納できて、本当に便利だなぁと感じます。
天板はビスで留める形にして、将来的に組み替えることもできるようにして貰いました。

作るにあたって、たくさんのオーダー家具事例を参考にしたので、もしかしたらどこかでyakoさんが提案なさったリビングボードを見ていたかもしれませんね♪
2016.03.11 06:30 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する