Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

そわそわ2月 / 迷ったときは

そろそろ、認可保育園の4月入園選考結果の通知が始まる時期になりました。

認可外に通わせている友人の間では、今年の認可園の倍率の話でもちきりです。
我が家は今通っている園が自宅からかなり遠いため転園狙いですが、なかなか難しそう・・・
かと思えば、実は4月からは幼稚園に入園する子も何人かいることがわかって、毎日数時間しか子どもとの時間を取れない自分に、これでいいのかなぁとふと考え込んでしまったり。

働く母にとっては、なんだかそわそわ、落ち着かない季節です。

IMG_7183_t.jpg

実は先日、育児と両立するには今の職場はハードすぎるから、退職を考えている・・・と隣の部署の後輩から相談を受けていたのですが、昨日「やっぱりもう少し頑張ってみます」というメールを貰い、少しほっとしました。優秀な彼女が残ってくれるのは嬉しいし、彼女自身まだ迷っているようだったので、後悔しない選択をしてほしいなと思います。

でも、そういう私自身も、日々迷いの連続だったりするのですよね。

昔から、迷ったときは「未来の選択肢が多いほうを選ぶ」ようにしています。

高校の頃、ずっと外国語大を第一志望にしていました。英語が好きだったし、そこなら確実に合格圏内だったのです。でも、将来の職業などはまだ明確にイメージできていませんでした。そんなとき、当時の担任から「自分の実力の範囲で一番いい大学に行ったほうがいい。将来の選択肢が広がるから」と言われて、悩んだ末、総合大学に進学しました。

結果、今は全然関係ない仕事に就いたけれど、英語はツールとして日常的に使うし、在学中に英語の教員免許も取れました。あの時の担任の言葉は正しかったと今でも思います。
それ以来、「未来の選択肢が多いほう」が私の判断基準になりました。

会社を辞めても、何らかの形で働けば暮らしていけないわけではないけれど、もう今のような仕事には戻れない可能性が高い。子どもの教育資金も十分用意してやれないかもしれない。
続けていれば、いつかもっと高く跳べるかもしれないし、いつでも辞める自由はある。
迷っているうちは、まだできる。

そう思いながら、仕事を続けています。


にほんブログ村 トラコミュ ワーキングマザー ワーキングマザー

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Comment

マキ says... ""
アキさん
本当にそう思います!
子どもにもできる限り選択肢の多いところで選ばせてあげたいなぁとも思います。上を目指して、結果違っても別のところで活きてくることが多いので。
同じワーキングマザーとしてアキさんの考え方、とても素敵なだなぁと思います!
2016.02.05 08:53 | URL | #mYbggkm6 [edit]
miho says... ""
私は今は専業主婦ですが、7ヵ月の娘の事と家事でいっぱいいっぱいで、働きながら子育てされてる方に頭が下がります。
私の以前の職場は定時が20時で時短勤務も無かったため、子育てしながら仕事を続けることに迷いや不安があったのですが、妊娠初期に切迫流産になりドクターストップがかかり退職を決めました。
これから子供も産まれて、お金もかかるのに…と思ったのですが、お腹の子の命には変えられないと思いました。
迷っていた私に、娘が決断してくれたのかも。
迷ったら選択肢の幅が広がる選択をするという考え方を私も見習おうと思いました。
学生の頃、進路に迷った時の当時の私に言ってやりたいです(笑)
Akiさんはやはり、考え方も素敵です。
またゆっくりAkiさんとお話できる時があればなぁなんて。
色々と育児の事で悩む事が多くて、ちょっとしょんぼりしていたので、頑張られているAkiさんの記事を読んでとても勇気づけられました。
2016.02.05 09:20 | URL | #- [edit]
くみくみ says... "仕事をする意味"
保育園事情、やはり都会は激戦区なのですね。
東京在住の弟家族も3人の子供達を入れるのに大変だったようです。

こちらは、人気の園はそれなりに倍率があるようです。
あとは、未満児保育の枠はどの園も少数なため、確保するのが大変です。
それ以外は入れなくて困る・・・という心配はあまりありません。
保育園と幼稚園ではそもそもの存在意味が異なるので、そのご家庭がどのような生活リズムで過ごし、園に何を求めるかで選択が違いそうですね。

ワーママにとって、仕事と育児・家庭とのバランスをとるのが難しいポイントですし、本当にこれでいいのかと常に悩むのも必然ですね・・・

仕事に対する思いは人それぞれなので、「なぜ仕事をするのか」によって仕事への関わり方、職種の選び方も変るのかなぁと思います。

私は今の仕事に対して真剣に取り組んでいますし、長く勤めていければと思っていますが、仕事をする理由は少しでも家計の足しになるように、貯蓄を増やしていきたい・・・・が一番です。
私の基本は家族の生活を守ること、環境を整えることに重点を置きたいので、不規則な勤務時間にならなければ仮に転職することになってもよいと思っています。(老後は夫婦でのんびり過ごすことも目標ですが:笑)

未来の選択肢が多い方を選ぶという一つの軸をお持ちであるakiさん。その考え方は、息子君がこの先岐路にたったときの良いお手本になりそうですね^^

子供との時間は長さよりも、質・濃さかなぁと思います。
時間がないながらも、しっかり子供の小さな変化をキャッチしていければ大丈夫。。。
そんな風に思います^^ 我が家の長男も小学生になり、少々気難しくなってきました。むすっとしてなかなか自分の思っていることを口に出してくれない。彼の思いの根本はなんなのか、どうするかなぁ・・・・と日々悩ましいです(笑
2016.02.05 09:37 | URL | #eXGbEeWQ [edit]
Tanko says... "迷いますよね"
いつもブログ楽しく拝読しています。
私は1歳の娘がいるワーキングマザーですが、本当に毎日迷いますね。
仕事がイマイチ…の時は、もう少し時間が短くていい仕事があるんじゃないかな…と考えたり。
でも今より良くなる可能性は高くないし、確かに迷っているときはまだ続けていた方がいいのかもしれませんね。
少しモヤモヤがはれました。
2016.02.05 15:04 | URL | #lVjAIwTo [edit]
noya says... ""
“未来の選択肢が多いほうを選ぶ” 素敵な考えですね。

Akiさんはきっと今のお仕事がとても好きなんですね。
私はインテリアの仕事をしていましたが、
妊娠を機に迷うことなく辞めました(笑)
本当に好きだったら、きっと悩んでいたでしょう。

今は本当に好きなことに出会い、働き方を変えて、自宅教室とネットを仕事にしています。
“好きなことで、好きな時に、好きなように働く” 今のスタイルが私には合っていたようです。

『すべての行動には目的があって、人はその時できる最善の行動を選んでいる』

選択理論の本の一文です。どの選択が正解かなんて、誰にもわからないですものね。
でも迷いながらも、その時選択したことはその時の最善だった、と思うと、常に前を向いて、選択し続けることができるような気がします。



2016.02.06 00:22 | URL | #JalddpaA [edit]
カナコ says... "心打たれました!"
「いつでも辞める自由はある。迷っているうちは、まだできる。」に心打たれました!ワーキングマザーとして皆悩みや迷いがあるものの、Akiさんの前向きでストレートな言葉には度々心を震わされています。私も今第2子育休中なのですが、復帰した時にはAkiさんの言葉を胸に頑張りたいな、と思いました。
2016.02.07 17:16 | URL | #OR1oSmd2 [edit]
Aki says... "マキさんへ"
コメントありがとうございます。最近のご活躍、かげながら応援しております♪

働くお母さんたちは、皆同じように感じているのかもしれませんね。
決して楽なことばかりではなく、体力的にも精神的にも辛いときもありますものね・・・
私の親は、○○をしなさいとは言わなかったけれど、いつもそのとき必要な選択肢は用意してくれたし、そのための資金も心配ないようにしてくれて、そのことにとても感謝しています。
私も同じようにできたらいいな。おたがい頑張りましょうね!
2016.02.08 04:45 | URL | #- [edit]
Aki says... "mihoさんへ"
mihoさん、お元気ですか。
育児でお悩みとのこと・・・mihoさんの優しい笑顔があれば、絶対大丈夫ですよ!
私も、どうして私はこんなこともできないんだろう、怒ってしまうんだろう、と悩むこともしょっちゅうです。でも、自分なりに100%心を込めていればそれで正解なのだと思います。

mihoさんが仕事を辞めたように、迷いつつも決断しなければならない時はありますね。
一度選んだら、それで良かったと思えるよう、楽しく精一杯過ごしたいなぁと思います。
相田みつをさんの「しあわせはいつも自分のこころがきめる」という詩が好きです。

今回、多くの方に共感いただき、同じ想いをお持ちの方が多いのだなぁと改めて感じました。
ワーキングマザー(これから働こうか迷っている方も)同士のお茶会をしてみてもいいかも?と思ったりしています。mihoさんにもお会いしたいし、ちょっと考えてみますね!
2016.02.08 05:04 | URL | #- [edit]
Aki says... "くみくみさんへ"
> 子供との時間は長さよりも、質・濃さかなぁと思います。
> 時間がないながらも、しっかり子供の小さな変化をキャッチしていければ大丈夫。。。

くみくみさんの言葉にはいつも気づかされ、勇気づけられます。ありがとうございます。
こんな風に間近で目を見て会話できるのも今のうちだけかもしれませんね。今は家事させて!と思うこともあるけれど、できる限り息子との時間を大切にしようと改めて思いました。

子どもができると、「何のために働くのか」を否応なく深く考えるようになりますね。
私は、第一は生計のため(夫の事業を応援したいので)ですが、どうせ1日8時間費やすなら、できる限りの仕事をしたいと思ってしまったりもします。でも、目の前の仕事に熱中しすぎて人生のバランスが崩れてしまわないよう気をつけなければなりませんね。

こうして皆さんとお話することで、自分を見つめなおすことができています。
いつもありがとうございます。
2016.02.08 05:16 | URL | #- [edit]
Aki says... "Tankoさんへ"
こんにちは。コメントありがとうございます。

皆、同じように迷いながら働いているのかもしれませんね。
今の仕事も決して楽ではありませんが、過去がむしゃらに働いてきた分、息子のことで急な休みなどあっても仕事のクオリティについては信頼してもらえ、やりやすい面もあります。条件だけならもっといい仕事もあるかもしれませんが、やはり信頼関係を築くまでは大変だろうと思います。身近で夫が転職・起業を経験しているからこそそう思うのかもしれません。

モヤモヤがゼロになることはないのかも・・・おたがい自分のペースで頑張りましょう!
2016.02.08 05:36 | URL | #- [edit]
Aki says... "noyaさんへ"
今の仕事が好き・・・なのかな?半分意地のような気もしますが、仕事を通じで出会える人に魅力的な人が多く、そういう人々と関わりを持っていたいと思っているのかもしれません。

noyaさんはインテリアの仕事をされていたのですね。私の憧れの職業です。
今は本当に好きなこと、ご自身にあった働き方を見つけられたようで、羨ましく思います。
「好きなことで、好きな時に、好きなように働く」なんて本当に幸せなことですね!

どの選択が正解かなんて誰にも分からない、私もそう思います。
mihoさんへのお返事にも書いたのですが、だからこそ、選択が正しかったかそうでないかではなく、「私はこれが良かった」と思えるようにその後の人生を過ごしたいと思っています。
いつか私なりの選択のときがやってくるのかも。それまで、悩みつつ頑張ってみます。
2016.02.08 05:47 | URL | #- [edit]
Aki says... "カナコさんへ"
こんにちは。コメントありがとうございます。

ブログを拝見して、お子さんが2人いらっしゃるにもかかわらず、育休中にもいろいろ取り組んでいらして素敵だなと思いました。uddyさんとkeyさんのセミナーにもいらしたのですね!

私の勤務先も外資系です。女性だからと差別されないかわりに、たとえ子どもがいても同等の成果を求められる厳しさもありますよね。悩みは尽きませんが、おたがい頑張りましょう。
2016.02.08 05:56 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する