Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

小さなリビングなら、諦めたほうがいいこともある


関連記事
50平米。狭くても暮らしやすい家を探す
今の暮らしを、大切に。

「片づけの解剖図鑑」「住まいの解剖図鑑」という本が面白かったです。

IMG_7557.jpg

元来、やや変人レベルで間取図やモデルルームが大好きな私。今のマンションを購入する際も20以上のモデルルームに足を運びました。たくさんのモデルルームを見る中で、「狭くても、こういうリビングなら使いやすい、広く見える」と感覚的に気づいたことがあったのですが、同じことがこの本にも書かれており、先に読んでいれば・・・と思いました。
これから家を買う、家を建てるという方にはぜひお薦めしたい本です。

新居購入!となるとついあれもこれもと理想を詰め込みたくなりますが、個人的には、小さなリビングダイニング(目安として12畳以下、キッチンを除く)では、思い切って諦めたほうがかえって居心地がよくなることもあると思っています。

IMG_7134_t2.jpg

1. 対面型キッチンより、独立型キッチン

開放的で料理をしながら家族と会話できる対面型キッチンはやっぱり憧れです。
でも、10畳ほどのリビングに対面型キッチンを配したモデルルームに入ったとき、キッチンの存在感が凄かったのです。キッチンが主役!という感じで少し落ち着かないなと感じました。
本にも「対面型キッチンは収納が不足しがちなので背後に食器棚など収納を補うことになり、思いのほか場所をとる」と書かれており、なるほどなぁと。

ダイニングが団欒の中心というご家庭には対面型がよいと思いますが、リビングではソファで寛ぎたいというタイプなら、キッチンは独立型のほうが空間にメリハリがつくと思います。

2. 全面窓より、適度に壁があること

2方向に大きな窓があったり、スライディングドアで隣の居室とつなげて使えるリビング。
素敵だなぁと思いますが、いざ家具の配置を考えてみると、なんだか置きにくい・・・

広々としたリビングなら、窓から少し距離をあけて家具をゆったり配置するのも素敵ですが、狭い空間を有効に使うにはどうしても家具は壁づけになります。家具を無理なく配置するのに必要なだけの壁があるか、も実は忘れてはならない重要なポイントだと思います。
本には、それぞれの家具に必要な壁の幅も具体的に示されていました。

3. 横リビングより縦リビング

ベランダに向かって広い開口部のある人気の横型リビング。でも、リビングダイニングを十分広く取れない場合、実は縦型リビングのほうが広く見えるように思います。

SL_chart_01.jpg

上の図は、アメリカの心理学者シェパードが発表した錯視図形。実はAとBの天板の大きさはまったく同じです。(自分で描いたのに、やっぱり同じ大きさには見えません・・・)
人間の目は、左右より奥行き方向のものが長く見えるようになっているそうです。

同じ広さなら、縦型リビングのほうが入ったときにより奥行きと広がりを感じます。
また、左右が壁なので、家具が配置しやすいというメリットもあります。

広々として、窓が大きくて、優雅なアイランドキッチンのあるリビングはもちろん憧れ。
でも、予算や広さに限りがあるなら、憧ればかりでなく、「そこでどう暮らすか」を具体的にイメージすることが家選びの成功の秘訣なのかもしれません。


にほんブログ村 トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Comment

くみくみ says... "そうなんです!"
この記事を拝見して、思わずそうなんです!っと思った点は・・・

2. 全面窓より、適度に壁があること ←これです!

我が家のマンションは4LDKと平米数もそれなりにあるのですが、リビングの窓がどどーーーーーんと全面窓なんです。
ものすごく採光性もあり、南向きなので、天気のよいときなどは暖房要らず、電気要らずのよい点があるのですが、家具の配置がかなり難しいです。
実際全面窓ですが開くのは両端のみなので、真ん中部分がもったいない。
せめて、真ん中が腰高の壁になっていればなぁと思うのです。家具を壁につけて配置できないのは、我が家のリビングではマイナスポイントですね。

あと、1.の対面キッチンより独立型・・・もそう思います。
我が家も独立型で、小窓もあるのでかなり気に入っているスペースの一つです。
収納場所の確保はもちろんですが、料理の匂いがリビングスペースに行きにくいのも気に入っています。
特に魚などを焼いたりすると、対面のオープンキッチンでは匂いがリビングに残ってしまいますが、それが少ないのがいいですね^^
ただ、やはりキッチンにいる時間が長いと、子供たちと会話しながら・・・・というのがしにくい点はデメリットでしょうか。
(息子の音読の宿題を聞くときは、「でっかい声でね!」と指示してます:笑)
2016.02.12 09:46 | URL | #eXGbEeWQ [edit]
Aki says... "くみくみさんへ"
リビングにどどーーーんと前面窓、しかもそれなりの広さがあるなんて羨ましいです!!
広さがあるなら、窓から少し離して家具を置いた状態がむしろ開放感やお洒落演出になるように思います。南向きとのこと、確かに真ん中からどーんと開放できればさらに良いですよね。

キッチンにも窓があるなんて素敵です。そうそう、匂いが広がらないのもいいですよね。
キッチンと食卓を縦一列に配置できると、独立型でも子どもに目が届きやすい気がします。まだ先ですが、我が家はキッチン作業台の並びのデスクで息子の宿題など見てやるつもりです。

メリットを活かしつつ、デメリットは工夫して、より快適に暮らせるといいですよね。
2016.02.15 03:57 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する