Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

リビングボードの収納


関連記事
リビングボードが入りました
絵本の収納

新しいリビングボード。なかなか写真が撮れず、中身をご紹介できていませんでした。
我が家で一番使いやすい場所にある収納なので、息子と夫のものを中心に収納しています。

ソファの右側は、これまでどおり息子の絵本。

IMG_7330_t.jpg

結構いっぱいになってきたから、これからどうしよう・・・
廊下のデッドスペースにファミリーライブラリーを作ってはどうかと妄想しているのですが、やはり普段遊ぶ場所の近くにないとあまり読まなくなってしまうでしょうか?

デスクの左手は、夫のカバンやPCの収納スペースに。

IMG_7153_t.jpg

一番上に収納しているのはティッシュケースです。食卓からも手が届いて便利(狭いから)。
ちなみにデスクの右手は、以前ご紹介した子どものおもちゃ収納になっています。

本棚ができたので、以前絵本の収納に使っていたこれが不要になりました。

IMG_7339.jpg

無印良品のスチロール仕切りスタンド(大)が2つ。
現在は仕様変更されて アクリル仕切りスタンド となっています。

これらは別の場所で活用することにしたので、またご紹介しますね。


にほんブログ村 トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

以前おすすめいただいた「おおきなかぶ」を買いました。私が読むと息子も楽しそうに声を合わせています♪
  

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Comment

くみくみ says... "本の収納"
一つを丸々息子君の本棚にできるのはいいですね~
子供の本類ですが、目に付かないところに仕舞うと、手に取らなくなる可能性は高いと思います。
我が家も息子が小1になったのを機に、本人希望で二段ベッドを子供部屋の一つに入れたので、子供たちの本類もそちらに移動したのですが・・・・
息子も寝るとき以外はリビングで過ごすので、本をとりに行くのが面倒で手に取らなくなりました^^;
なので、我が家はカラーボックスを本収納にしているので、またリビング続きの和室に戻しましたよ~。
見た目を考える収納でいけば、子供たちの絵本が視界からなくなるだけでスッキリしていいわ~と思うのですが、実用的な部分でいくとやはり目に見えるところにあり、すぐに手に取れるという環境が望ましいようです。

息子は最近家にあるものよりも、学校で借りてきた本ばかり読むようになったので、実際に買い足す本の数は減っています。
娘も息子が使っていた本+プリンセス主人公のお話を買い足した程度なので、最近は増えていません。

絵本等が増えてきたときは、メインで読むであろうものだけを一等席に置き、残りは別の場所に仕舞ってました。で、たまにローテーションすると目新しさがあるらしく手にとってましたよ~。
明らかに年齢的にもういらない・・・というものについては、ものすごく気に入っていて良く読んだもの以外は、保育園や図書館に寄付してます。(状態が悪すぎるものは廃棄)

主人も私も本が好きでよく読みますし、自分自身の希望としては、リビングまたはつづきの和室にファミリーライブラリーがほしいのですよ~^^
2015.10.19 09:17 | URL | #eXGbEeWQ [edit]
Aki says... "くみくみさんへ"
すっかりお返事が遅くなってしまって申し訳ありません!

そうですよね、やっぱり目につかないところにあると読まなくなりますよね~
リビング続きの部屋にファミリーライブラリーがあるといいですね。

くみくみさんのアドバイスを拝見して、まとまった大きな本棚がなくても何とかできるかな、と思えてきました。確かに、息子のお気に入りにもブームがあって、ある一時期には何冊かのお決まりの本ばかり読んで、しばらくしたらまた次のブーム・・・という感じです。
私自身も、学校に通うようになってからは図書館の本を読み倒していたような。

理想は理想であるけれど、いまある環境で上手に工夫してみたいと思います♪
2015.10.24 05:55 | URL | #- [edit]
nori says... "ちょっと・・・いえ、だいぶ嬉しくて"
Akiさん、こんばんは。
お子様、3歳のお誕生日おめでとうございます!!

そして、「おおきなかぶ」楽しんでくださりありがとうございます!
記事を拝見し、とてもとても嬉しくなり(また、ちょこっと書いてくれた文章が嬉しかったのです!)コメントいたします。

絵本の時間はママと(もしくはパパと)子どもの幸せを積み重ねていける時間だと思っています。
聞き手である子どもも読み手である大人も、一緒に過ごす時間を共に楽しみ、絵本の中の幸せを分かちあえます。
毎日寝る前に1冊だけ・・・でもいいと思います。
そのちょっと積み重ねがのちに大きな幸せとなり、のちに子どもにとっても親にとっても大切な思い出になります(私としては親にとっての方が大きいかもと最近感じます。)。

お忙しいとは思いますが、ハッピーエンドな絵本の世界をお子様とご一緒にお楽しみくださいませ♪



2015.10.25 21:04 | URL | #ykpOdIjI [edit]
Aki says... "noriさんへ"
こちらこそ、素敵な絵本をご紹介いただき、ありがとうございます!
やはり古典のしずかな力強さ、大らかさは子どもの心を打つのかもしれませんね。

今日は、めずらしく息子から寝る前に「本を読んで」と言ってきました。
寝る時間を過ぎていたので一瞬迷いましたが、嬉しくて、一冊だけ読んでやりました。
おっしゃるように、むしろこの時間を楽しみにしているのは私自身なのかもしれません。

誕生日のお祝いもありがとうございます♪
赤ちゃんらしさが抜けたと思ったら、あっという間にもう3歳・・・この歳の息子には今しか会えないと思うと、1日が過ぎるのがもったいないような気がする今日この頃です。
2015.10.28 00:23 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する