Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

書類の収納はアクセス頻度でわける


関連記事
ダイニングテーブルに物を置かないために
取扱説明書の収納と、心がほぐれる収納本

書類の整理収納って、もっとも悩ましいものかもしれません。
どんどん増える、欲しい情報がどこにあるかわからない、ゆえに捨てられない・・・
我が家ではアクセス頻度に応じて1軍、2軍、3軍に分け、収納方法を変えています。

3軍: ほとんどアクセスしないが、長期保管したいもの

取扱説明書、夫の昔の仕事関係の書類、公共料金の申し込み時の控えなど。
これらは縦型のファイルボックスに入れて、廊下のストック収納の一部に収納しています。

縦型ファイルボックスは一度取り出して裏から書類を出さなければならないのが面倒ですが、奥行が浅いため、棚の奥行が50cm程度あれば前後2列にして大量に収納することが可能。
たくさん買っても安くて見栄えのいいIKEAの紙製ボックスを使っています。

IMG_6447_t.jpg

2軍: 1ヶ月~1年に1回程度、見直しが必要なもの

銀行・保険関係の書類、税金関係の帳票類、保育園の要保存書類など。
ダイニング横の収納棚の腰高の位置に、横型のファイルボックスを使って収納しています。
見出しつきのフォルダとクリアファイルで分類し、新しい書類が届いたらとりあえず該当のフォルダに挟んでおきます。数ヶ月に一度、ボックスごと出して不要な書類を処分。

横型ファイルボックスは、不定形のものを適当に入れても収まりがいいのが良いところ。
ここでは無印の硬質パルプファイルボックスを使っています。

IMG_6437_t.jpg

1軍: 数日~1週間単位で出し入れするもの

要返信の保育園のお便り、家計簿転記前のレシート、宅配便の送り元控えなど。
出し入れが頻繁で忘れないようにしたいものは、家の中で一番使いやすい場所に見える収納。
ダイニング横の収納棚のゴールデンゾーンに、人別に分けて収納しています。

ファイルボックスは無印のPPファイルボックスを逆向きに使用。丈夫で型崩れしません。

IMG_5636_t.jpg

ひとくちにファイルボックスといっても、さまざまな色、形、素材があります。
適材適所の選択で、収納はもっと使いやすくなります。


にほんブログ村 トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース



いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Post comment

管理者にだけ表示を許可する