Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

これは、遺伝かも

夫と息子がカプラで遊んでいるなーと思いながら、キッチンで家事をしていました。
ふと見ると、カプラの床の上にきれいに整列したミニカー達が。

IMG_6912_t.jpg

息子が自分で並べたらしいのですが、ご丁寧に列ごとに色まで揃えてあるし・・・
この無駄な几帳面さは、遺伝かもしれません。

こちらはジャンプ台と駐車場だそうです。(夫も意外に几帳面?)

IMG_6910_t.jpg

先週忙しかったので危ないなーと思っていたら、案の定、今週は息子が体調を崩しました。
月曜日の朝は元気だったのですが、お昼寝明けに熱が上がってしまい、呼び出しが。火曜日は私が休み、金曜日も疲れからか少し熱が高かったため夫が家にいてくれました。

やっぱり大人が忙しくしすぎるとダメですね。
反省して、今週は早く出社して早く帰るよう努めています。

我が家の夫は育児にとても協力的ですが、これは夫の母の影響だと思っています。
夫の母は、夫が生まれてからは専業主婦をしていたのですが、夫が中学生の頃に公務員だった夫の父が病気で倒れ、しばらく働くことができなくなりました。そのとき、夫の母はすぐさま働きに出て、宅建の資格も取るなどしながら家族を支えたそうです。

そんな夫の母は、私達が結婚の挨拶に行ったとき「Akiさんは一生仕事をしていける人だから、あなたも支えてあげなさいね」と夫に言いました。夫が家事や育児の分担に抵抗がないのも、実際に母親が家族を支える姿を見て育ったからなのだろうな、と感じます。

夫と結婚することを決めたとき、私を自由にさせてくれるこの人のために私もこの人を自由にさせてあげよう、と心に決めました。だから、夫が転職すると決めたときも、友人とふたりで会社を興すから数年は無収入になると言ったときも、反対したことはありません。
単純に、夫の仕事のしかたが好きで、妄信しているというのもあります。妻バカですね(汗)

子どもが小さいうちは母親は家にいたほうがいいという考えに共感する部分もあるし、とくにこんなふうに息子が体調を崩しているときは本当に仕事を続けるべきなのか悩みます。
でも、夫も私にとって大切な家族だから、楽しく生きてほしいと思うのです。

これって贅沢かな。親になりきれていないということなのかな。

こんなことを書いてしまうのは、やっぱりいまだに悩んでいるからかもしれません。
今日は愚痴っぽくなってしまってすみません・・・


にほんブログ村 トラコミュ 子どものいる暮らし。 子どものいる暮らし。



いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Comment

says... "承認待ちコメント"
このコメントは管理者の承認待ちです
2015.08.02 08:05 | | # [edit]
nao says... "がんばれ!"
akiさん偉い。
ちょっと愛を感じましたよ。
それにしてもお義母さんもすごい方ですね。
大きいな!
2015.08.02 19:54 | URL | #SFo5/nok [edit]
くみくみ says... "美しい~"
きちっと並べられたミニカーに細かい設定が美しいです(笑)
遊びの中で、性格って出ますね^^
我が家の子供たちには息子君のような几帳面さがあまりないような気がしますね~。遺伝かしら(笑)

猛暑が続くと、どうしても疲れがたまりますし、布団がはだけていることもあったりして体調を崩し易いですね。
子供たちの周辺でも、急な発熱等が増えているようです。
息子も夏休みに入り、ラジオ体操に児童クラブやプールと今のところ活動的に過ごしていますが、睡眠だけはしっかりとらせておかないとな~と思っています。

よく、3歳まではそばにいて育てる・・・と言われますね。
私も1歳から保育園に入れていますが、たまに、未満児の間は家で一緒にいて過ごす方がゆったりとした時間の中で育てられるのかなぁと思ったこともあります。(すでに二人ともその期間を過ぎているので今更ですが^^)
ただ、自分の性格上、つねに一緒にいるとかえってイライラしてしまったり、自分のキャパを超えてしまうだろうな・・・と思うので、結果的には入れてよかったと思います。

旦那様のお母様が一生懸命働いて子供たちを育てる姿を見ているからこそ、今の旦那様がある・・・と書かれているように、akiさんの姿は息子君がしっかり見ててくれると思います^^
ゆっくりできる時間を持てたときは「今日は”一緒”にアイスクリームを買いに行って公園で食べちゃおうか!」とか、ほんの少しだけ特別な”デート”を息子君とするとお互い充電できるかもしれません^^
私は息子が1学期の終業式の日に会社を早退していたので、息子と「今日は二人でお店に行ってお昼ごはん食べよう♪」と二人デートをしました。息子は「やったーーー!久しぶりにママと二人だけだ」と大喜びしていました。でも、「いつもは妹もいるし、ちょっとしたことですぐ怒るしさ」という本音があるんだろうな~と(笑)
2015.08.03 11:38 | URL | #eXGbEeWQ [edit]
Aki says... "マキさんへ"
おはようございます。コメントありがとうございます♪
マキさんのお母様はずっとお仕事をなさっているのですね。
私も息子が大きくなったときににそんな風に思ってもらえるといいな。
いつもブログを読んでいただきありがとうございます。ご活躍を応援しています!
2015.08.07 05:34 | URL | #- [edit]
Aki says... "naoさんへ"
がんばれ!の言葉、ありがとうございます!
夫の父と母のことは私もとても尊敬しています。なかなかできることではないですよね。

私が夫の独立を二つ返事で了承できたのは、当時は子どもがまだいなかったからで、子どもがいたら同じようにはできなかったと思います。逆に、今は夫の収入だけでもなんとか暮らしていけるようになったので、こういうことを考えてしまうのかもしれません。
子育てにも、人生にも、正解はないですね。

2015.08.07 05:44 | URL | #- [edit]
Aki says... "くみくみさんへ"
息子さんとデート、いいですね!息子さんもお母さんが大好きなんですね♪
我が家は毎週土曜日は息子と2人きりなのですが、翌日のお出かけに備えて近所の公園などでまったり過ごすことが多かったので、一度2人でちょっと遠くまでお出かけしてみようかな。

私もたぶんくみくみさんに近い性格なので、ずっとべったりより今のほうがバランスが取れているのかなと思います。でも、やはり息子に負担をかけている部分もあり、難しいですね。
将来これでよかった!と思えるよう、仕事にも息子にも自分なりに向き合いたいと思います。

それにしても毎日暑いですが、くみくみさんもお子さんたちも、体調崩されていませんか。
残りの夏休みを元気に楽しんでくださいね!
2015.08.07 06:20 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する