Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

ブラインドですっきり

沖縄旅行の続きの前に、以前からお約束していたブラインドについて記事にします。
我が家のブラインドは Hunter Douglas のシルエット・シェードです。

IMG_6889_t.jpg

カーテンからブラインドに替えるだけで、部屋を広くすっきり見せる効果があると思います。
色が白なら、壁と同化してよりすっきりと見えますね。

一方、やはりブラインドなりのデメリットも。

・ 巻き上げたときに「羽根だまり」ができる
・ 直射日光が入る(レースカーテンのような柔らかい採光ができない)
・ 横幅に限界があるので、大きな窓だと2基に分けることになり、隙間ができる
・ 掃除が面倒

はじめは木製ブラインドを検討していたのですが、木製だと1枚1枚の羽根に厚みがあるため、我が家の窓のサイズでは巻き上げた時に30cm近い羽根だまりができてしまいます。
これでは、せっかくの天井ぎりぎりまでの高さの窓の良さが生かせません。

また、羽根に埃が溜まって掃除が面倒とも聞いていたので、それも悩ましい点でした。
毎日こまめに埃取りをするなんてできないしなぁ・・・

ところが、Hunter Douglas に出会って、そんなデメリットが一気に解消されました。

IMG_6891_t.jpg

Hunter Douglas のシェードは、写真のように、水平方向の遮光性のある布地と、垂直方向の透過性のある布地が組み合わさってできています。垂直方向は手前と奥と二重になっており、その間に水平方向の布が渡されているので、横から見ると四角いユニットが連なる形です。

巻き上げると奥側が先に引き上げられ、1枚目の写真のように遮光性のある布が全面に出ます。
この状態で99%の紫外線をカットする効果があるそうです。完全に閉めても光はそこそこ入るため、寝室などにはあまり向かないと思います。

開くと、2枚目の写真のようにちょうどブラインドを開けたような状態になります。
この状態でも、垂直方向の布がレースのカーテンのように柔らかく光を遮ってくれます。

調光性の高さはもとより、表面がフラットなので埃が溜まらず掃除が楽!
普段はハタキでささっと表面をなでる程度です。

薄い布でできているから、巻き上げるとこんなにコンパクトにメカの中に収まります。
お客様が来たときに巻き上げた状態にしていると、ブラインドがあることに気づかないほど。

IMG_6893_t.jpg

軽い素材だからか、ブラインドにしてはかなり大きなサイズまで対応可能です。
我が家が設置している窓は幅が250cm超あるのですが、1枚で作ることができました。

見た目も機能も、お気に入りのブラインドです。

naoさん、大変お待たせいたしました~!ご参考になれば幸いです。


にほんブログ村 トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

Comment

nao says... "おはようございます。"
昨日、急きょHunter Douglas取扱店近くまで行き、
そのことを思い出せず、
ずっと気になって帰宅したころに思い出して
がっかりしていたところでした。
プレゼントのようでうれしいです。
ありがとうございます。

写真はもとよりポイントを絞っていただいて大変わかりやすいです。
採光まで思い至りませんでした。

お忙し中、またお疲れのところありがとうございます。
2015.07.15 07:35 | URL | #SFo5/nok [edit]
Aki says... "naoさんへ"
早速読んでいただけたのですね。ありがとうございます♪
訂正のコメントもいただいていましたが、こちらも最後まで書き込みが反映されていたようですので、こちらを残して返信させていただきますね。

HunterDouglasの取扱店に行きそびれたとのこと、残念でしたね・・・
でも、少しばかりお役に立てたようで嬉しいです。また何かありましたらお気軽にコメント欄からご質問くださいね。naoさんのお部屋がますます居心地よくなりますように。
2015.07.16 23:29 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する