Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

子連れ旅行@6歳:メルボルン(街歩き編)


関連記事
子連れ旅行@6歳:メルボルン(旅程編)
子連れ旅行@6歳:メルボルン(ホテル編)
子連れ旅行@6歳:メルボルン(交通手段編)

暮らすように歩き、美味しいものもたくさん食べたメルボルンの街歩き。

楽しかったのは、現地のマーケットやスーパーをめぐること。
アパートから歩いて10分弱のQueen Victoria Market では果物やチーズ、地元産の生ハムなどを買って、部屋で食べました。マンゴーが約$3とすごく安くて、甘くて美味しかったです。

IMG_20190121.jpg

スーパーでは、オーストラリアの定番土産の TimTam や、美味しい!と評判のRed Rock Deli のポテトチップスやナッツなど、カジュアルなお土産選びを。アパートから歩いて約15分ほど、Swanston St. とLonsdale St. の角に Woolworths という大きなスーパーがありました。

アパート近くで美味しかったのは、Baker D. Chirico のパンと、Grinders Coffee のラテ。
息子と夫が起きるまでに朝の散歩がてらに買いに行き、朝食は主に部屋で食べていました。
St. CHARLY では、テラス席で食べているモーニングのエッグベネディクトが美味しそうで、「テイクアウェイできる?」と聞いたらこころよくOKしてくれました。

IMG_20190122.jpg

メルボルンはカフェ文化の街らしく、どこへ行ってもコーヒーが美味しいのです。Queen Victoria Market の中にある Market Lane Coffee のラテも好みの味でした。
自分用のお土産に、気に入ったお店の豆をいくつか買って帰りました。

Woolworthのすぐ隣にある、ヴィクトリア州立図書館
見学は無料。ドーム型の高い天井とクラシックな内装が素敵な図書館でした。

IMG_20170128.jpg

ある日は、トラムに30分ほど揺られて、セント・キルダのビーチへ。
前回の記事に書いたmykiは、この時使いました。

IMG_20190119.jpg

都会的なビルが立ち並ぶCBDとは違って、のんびりリラックスムード。Luna Park という小さな遊園地で木製のガタガタ軋むジェットコースターに乗って、ビーチが目の前のバーPONTOONでハンバーガーを食べて。岩場では、可愛らしいペンギンの姿も見ることができました。
フィリップ島のペンギン・パレードが有名ですが、ツアーはどれも半日がかりで、夏季は特に時間が遅くなります。子連れなら、こちらの方が近くてお手軽かもしれません。
* セント・キルダは必ずペンギンに会えるとは限りません。日没前後が会える確率が高いよう。

あまり観光らしい観光はしていませんが、我が家のメルボルン街歩きの記録でした。
次回は、旅の持ち物、役立ったものについてまとめたいと思います。




ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

子連れ旅行@6歳:メルボルン(交通手段編)


関連記事
子連れ旅行@6歳:メルボルン(旅程編)
子連れ旅行@6歳:メルボルン(ホテル編)

6歳子連れメルボルン旅行、日本からと現地での交通手段のまとめです。

日本からメルボルンへ

今回は、休みを最小限にしたいという夫の希望と、息子が起きたまま10時間近いフライトには耐えられないだろう・・・ということから、往路復路とも夜間便という選択をしました。

往路: カンタス航空 QF080便 成田19:20発 メルボルン翌08:00着
復路: カンタス航空 QF460便 メルボルン18:30発 シドニー19:55着
    カンタス航空 QF025便 シドニー21:35発 羽田翌05:00着

日系ではJALもメルボルン直行便を運行していますが、往路が昼便でメルボルンへは夜10時着。復路はメルボルン発が深夜0時。海外で子連れで深夜に行動するのは辛いなぁと思い、時間帯がベストだったカンタスを選びました。復路が羽田着というのもすごーく楽で大正解。
JALと同じOne Worldに加盟しているので、JALのマイルも貯まります。

カンタス航空は初めてでしたが、往路のQF080便はエアバスA330という新型の機材で、シートピッチがゆったりしていて快適でした。機内エンターテイメントは、すべてタッチパネル式。子ども向けの映画もディズニー、ハリーポッター、ドラえもんなど充実していました。

息子用にはあらかじめキッズミールをリクエスト。特別食は通常の機内サービスの前にサーブされるため、子どもに早めに食べさせられるというメリットもあります。メイン+甘いパン+スナックセットという感じで、味もわりと美味しかったようです。

息子は、搭乗後すぐに映画に夢中→食事→また映画を見ながらうとうと→就寝という感じで、暇つぶしにと持っていった本や折り紙もまったく出番がないくらいでした。

メルボルン空港からホテルへ

空港からホテルへはUberを使ってみようかな?と思っていたのですが、日本で取得しておいたアプリに現地でうまく繋がらず、結局 SkyBus という市内への接続バスを利用しました。

IMG_20190124.jpg

子連れには Family 2 というチケット(大人2人分の料金で、子ども4人まで無料)が便利です。
空港にも発券カウンターがありますが、携帯からオンライン購入が手軽で、料金も少しお得。クレジットカードで決済し、購入後取得できるQRコードを画面上で提示して乗車します。

空港から10分毎に出るバスで市内のサザンクロス駅まで30分ほど、そこからSkyBus Linkという市内中心部を循環するバスに乗り換えてホテルに向かいます。ルートマップはこちら
宿泊先の The Eminence Carlton は、Stop 3 Queensberry St. を降りたら目の前です。

市内の散策に便利なフリートラム

メルボルン市内の散策に欠かせないのが、トラム。
緑色のFree Tram Zoneは無料で乗り降りができ、中心部の主要エリアを回ることができます。
Free Zone内の乗り降りならチケットは不要。1ブロックでも気軽に乗れて便利でした。

IMG_20190126_4.jpg
https://www.ptv.vic.gov.au より引用、一部コメント追加

全豪オープンが行われる市内南東部のMelbourne Park(Stop 7B)は通常はFree Zone外ですが、期間中はFlinders Streetから会場へ向かう70番のトラムが無料になります。

Free Zone外へ行くときは、写真の myki(マイキ)というカードを購入します。
日本のSuicaに似たカードで、保証金$6(子どもは$3)+必要な金額をチャージして使います。大人用(Full Fare)は主なトラム停留所の自動販売機で販売していますが、子ども用(Child)は販売していません。私たちはコンビニエンスストアで購入しました。

次回はトラムを使って訪れた場所など、街歩きの様子をお伝えしますね。




ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

子連れ旅行@6歳:メルボルン(ホテル編)


関連記事
子連れ旅行@6歳:メルボルン(旅程編)

今回の旅は、「暮らすようにのんびり楽しむ」がテーマ。
宿泊先は、キッチンなどひと通りの設備が揃ったアパートメントホテル を選択しました。

IMG_20190113.jpg

宿泊したのは、市内北東部のカールトン地区にあるThe Eminence Carlton
中心部のフリートラムゾーンからはやや外れていますが、その分周囲も落ち着いた雰囲気で、室内の設備もまだまだ新しく清潔感があり、とても居心地のいいアパートメントでした。

メルボルンには、こういったアパートメントタイプのホテルがたくさんあります。
普通のホテルと同様に、日本からHotels.com 経由でオンラインで予約ができました。
このアパートを選んだ決め手は、宿泊者レビューの高さと、フロントデスクがあったこと。
施設によっては管理人と待ち合わせて鍵を受け取るところもあるので注意が必要です。

宿泊した部屋は、約76平米の2ベッドルーム・アパートメント
ゆったりとしたリビング・ダイニングに、クイーンサイズのベッドが入った寝室が2つ。
窓の外には広いバルコニーがあり、市内中心部の摩天楼を眺めることができます。

IMG_20190114.jpg

寝室はこんな感じ。角部屋で、どちらの寝室にも窓がありました。
奥に見えるのはバスルーム。ここと玄関脇の2箇所あります。(贅沢!)

IMG_20190116.jpg

いずれもバスタブはなくシャワーのみですが、清潔で使いやすかったです。
シャワーが可動式でお湯の出が良いのも嬉しい。アパートメントなので滞在中クリーニングは入りませんが、バスタオルが4枚、フェイスタオルが8枚と、十分な数がありました。
ドライヤー、シャンプー、石鹸はあり。歯ブラシは用意がありませんでした。

IMG_20190118.jpg

キッチンには、フルサイズの冷蔵庫と電子レンジ(奥の扉の中に隠れています)はもちろん、ガスコンロ、オーブン、食洗機、トースター、湯沸かしポットまでありました。
グラスや食器、基本的なカトラリー、鍋にフライパン、調理器具もひと通り揃っています。
まな板はありましたが、包丁はなかったため現地で調達しました。

IMG_20190115.jpg

これ以外にも、洗濯機と乾燥機、小型の物干し台、アイロンもあり、ほぼ毎日活用しました。
子どもはどうしても着替えがたくさん必要ですが、現地で洗濯できれば荷物が減らせます。

アパートから5分ほどの Lygon Streetという通りには素敵なカフェやレストランが並んでいて、毎朝のように散歩していました。フロントのスタッフも親切で、感じがよかったです。
中心部の喧騒を離れてゆっくり過ごしたい方に、おすすめのアパートです。




ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

子連れ旅行@6歳:メルボルン(旅程編)

しばらくご無沙汰してしまいました。
夫の休みが取れたので、家族でオーストラリア メルボルンに旅行に行っていました。

IMG_20190111.jpg

息子6歳、初の海外旅行です。親である私たちもかなり久しぶりの海外でしたが、メルボルンは治安も人もよく子連れでも歩きやすい街で、天気にも恵まれ、楽しい休暇になりました。

ちょうど全豪オープンテニスの時期で、テニス好きの夫は錦織の試合を観戦。
2回戦、3時間超のカルロビッチとの大接戦からの勝利を生で見ることができました。
私は場外エリアで息子と遊びながらモニターで観戦。それでも、最終セットでは会場の雰囲気に熱くなりました!

今日はいよいよジョコビッチとの準々決勝ですね。厳しいですが、頑張って欲しい・・・!

IMG_20190112.jpg

今回は、あまり予定を詰め込まず、暮らすようにのんびり楽しむことをテーマにしました。
ホテルは、メルボルンの市街中心部(CBD)のアパートメントに3泊。
フライトが約10時間と長いので、行きも帰りもあえて夜便に。
思惑通りどちらも後半は息子がぐっすり寝てくれて、移動も思った以上に楽でした。

宿泊先のアパートメントの様子、旅の持ち物、個人旅行で全豪オープンを楽しむヒントなど、記事にしてまとめておきたいと思います。よろしければおつきあいくださいね。

にほんブログ村 トラコミュ 子どもとおでかけ♪へ 子どもとおでかけ♪

 旅の参考に、こちらのガイドブックが内容が充実していてとても良かったです♪

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

赤ちゃんの頃に買って、今も重宝しているもの

春からは小学生になる息子、6歳。
よちよち歩きだった赤ちゃんの面影はいつの間にか消え、すっかりお兄さんになりました。

もう、キッチンで危ないものを触るとか気にしなくてもいいし、遊ぶおもちゃもLaQやなんとか戦隊のロボットになり、遊びもすっかり様変わりしましたが、息子が赤ちゃんの頃に買って、今でも変わらず活躍している我が家のロングランアイテムがあります。

1. タイルカーペット(1歳〜)

IMG_20190107.jpg

一番は、何と言ってもタイルカーペット。当時はまだ歩くのも覚束なかった息子の転倒対策と防音のために購入しました。今はもう転ぶこともありませんが、ラグのような感じで子どもが床で遊ぶにも、大人がちょっと寝転ぶにも温かくて重宝しています。裏に滑り止めがあるからずれないし、毛足が短くて埃が立ちにくく、床暖房にも対応と、本当にいい製品です。

関連記事:タイルカーペット / タイルカーペットの敷き方



2. ホワイトボード(3歳〜)

IMG_20190108.jpg

2つ目は、3歳の誕生日に買ったホワイトボード。幅180cmと大きなもので、我が家は窓下の壁一面に貼ってお絵描きOKにしています。吸着式で綺麗に剥がせるから、賃貸でも大丈夫。
小さい頃はお絵描きに、最近は子どもに何か教えるときに黒板のように使ったり、息子自身が思いついたことを書き留めていたりします。磁石がつくので、子どもの絵や作品を飾ったりも。当初はクレヨンタイプのペン、今は普通のホワイトボード用マーカーを使っています。

関連記事:3歳の誕生日プレゼント / 吸着式ホワイトボードの使用感

  

3. 銀座夏野の子ども食器(0歳〜)

IMG_20190110.jpg

こちらは買ったものではなく、誕生祝いとして夫の会社の方からいただいたものなのですが、銀座夏野の子ども用和食器です。陶器ですが、息子は赤ちゃんの時からずっとこれ。大きさや深さがちょうどよくて、食べ終わると底に見える絵も素朴で可愛くて、息子のお気に入り。
お茶碗は一度割ってしまったのですが、同じものを買いなおして使い続けています。

関連記事:銀座夏野のこども食器

赤ちゃんのものって、成長とともに使わなくなるものも多いけれど、こうして長く使うことになるものも意外とあるから、お気に入りをひとつずつ選んでいきたいですね。

にほんブログ村テーマ リビングのこどもスペースへ リビングのこどもスペース
にほんブログ村テーマ *おすすめ!baby・キッズ・ママグッズ*へ *おすすめ!baby・キッズ・ママグッズ*

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

ツマとオットの家事シェア:オレンジページ2019/1/17号 掲載のお知らせ


関連記事
ツマとオットの家事シェア:オレンジページ2019/1/2号 掲載のお知らせ

先日掲載いただいたオレンジページの「ツマとオットの家事シェア~我が家の場合~」。
こちらは1家族2回連載の構成になっており、後編が現在発売中の1/17号に掲載されています。

IMG_20190105.jpg

前回は家事・育児分担に関する夫婦の考え方がメインでしたが、第2回となる今回は、我が家の「家族みんなが自分のことを自分でできる仕組み」について詳しくご紹介いただいています。

にほんブログ村テーマ シンプルで機能的な生活へ シンプルで機能的な生活
にほんブログ村テーマ わが家の快適収納へ わが家の快適収納

もしよろしければ、お手に取ってみてくださいね。



ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

子どもの靴下の数


関連記事
鍋の数
カトラリーの数

子どもの靴下や肌着の数は、6枚を目安に揃えることに決めています。

IMG_20181108.jpg

先日無印良品でまとめ買いした子ども用靴下も6足。
肌着は写真には2枚しか写っていませんが、同じく6枚まとめ買いしました。

男の子だからかもしれませんが、息子は服に合わせて靴下を選ぶといったこだわりはまだないため、基本的には洗濯が間に合うだけあればいいという考え方です。冬場でも2日に1回は洗濯するので、本来なら最低3足あればよいのでしょうが、公園で遊んで派手に汚したり、保育園に着替えとして持って行ったりすることもあるため、すこし多めに6足としています。

いずれも、ある程度痛んだりサイズアウトした時点でまとめて新しいものに入れ替えます。
この枚数でも、着替えがない!!となったことは今のところ一度もありません。

無印の靴下や肌着は、頻繁に洗濯しても型崩れせず、シンプルで丈夫なのでお気に入り。
息子がまだよちよち歩きの赤ちゃんの頃から、ずっと愛用しているアイテムです。

にほんブログ村テーマ モノを少なく、シンプルに暮らしたいへ モノを少なく、シンプルに暮らしたい

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

2019 お正月

今年も、夫と私それぞれの実家に皆で集まり、賑やかなお正月を過ごしました。
息子は久しぶりに会う叔父さんや姪っ子にたくさん遊んでもらって、恒例の凧揚げも。今年のお正月、私の実家のあたりはよく晴れて風が強くて、凧がとてもよくあがりました。

今年の母のおせち。

IMG_20190104.jpg

「 "インスタ映え" するように盛りつけてー」なんて、いつまでも可愛らしい母です。
そんなわけで、今年は御重以外の料理の盛りつけだけは私が担当しました。
子どもの頃と変わらない、ちょっと甘くて優しい、大好きな母の味。

こちらは初公開?夫の実家のお正月料理です。

IMG_20190103.jpg

夫の母のおせちは、すこし洋風のアレンジ。毎年変化があって、華やかで美味しいのです。
夫の母のモダンなおせちと、私の母のクラシックなおせち。それぞれ違った美味しさのお正月料理を順にいただくのが、毎年の帰省の楽しみのひとつになっています。

今年は、いろいろと変化の年になりそうな我が家。
この場を借りて、いろいろな方のお知恵を頂きながら、また、同志の方と励まし合いながら、歩んで行けたらなと思っています。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村テーマ お正月料理・・・おせち御節料理へ お正月料理・・・おせち御節料理
にほんブログ村テーマ おうちごはんを楽しむ暮らしへ おうちごはんを楽しむ暮らし

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

  いつかは、自分でも作れるようになれるかな・・・

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

2019年の目標は「もう一度、暮らしを整える」

明けましておめでとうございます。
今年の元旦は穏やかな天気で、綺麗な初日の出を拝むことができました。

にほんブログ村テーマ 年末年始の準備&暮らしへ 年末年始の準備&暮らし

今年は、いろいろな意味で我が家にとって節目の年になりそうです。
「もう一度、暮らしを整える」ことを、今年1年を通しての目標にしたいなと思います。

IMG_20190102.jpg

息子は、今年小学校に入学します。
これから学校説明会や学童の面談があったり、保育園ではお昼寝時間もなくなる予定。
今後、学校の宿題などの勉強はなるべく朝一緒にしたいと考えているため、今からすこしずつ朝のスケジュールを見直していきたいと思っています。洗濯やコンロの使い方など、基本的な生活力も楽しみながら身につけられるようサポートしたい。

夫の会社は、今年で10年になります。
サラリーマン時代よりは融通がきくとはいえ、仕事量やスタッフの増加につれて次第に帰宅が遅くなってきました。夫との家事分担や夜のスケジュールの見直しも今後の課題。
また、これから教育費がかかる時期でもありますので、貯蓄や資産形成についてももうすこし夫婦で真面目に話し合いたいなと思います。

私は、昨年40歳になりました。
これまでより無理が利かなくなったと感じるし、息子の成長とともにじわりと増えてきたもの(息子自身のものというよりは、家財道具や思い出の品など)の管理がやや重く感じるようになってきました。今後も、息子の学用品などがどんどん増えるでしょうから、私自身のものはもっとミニマムに、本当に私らしいと思えるものだけにしたいと思います。

まずは言葉にすることが大切!と思い、ここに宣言してみました。
我が家の試行錯誤の過程を、ブログにもすこしずつ記録していければと思います。

皆さんの今年の目標は何ですか?

にほんブログ村テーマ ミニマリストな生活 & シンプルライフへ ミニマリストな生活 & シンプルライフ

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

   

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」