Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

不要なものを手放す・買取サービスを比較してみました (1) コメ兵


関連記事
意外と捨てられない私の、手放し方

ものは常に循環させておきたい性分だけれど、「捨てる」には少々抵抗がある私。
流行遅れだったりで人に譲るのは躊躇するけれど、まだまだ綺麗だから捨てるには忍びない、というものは、リサイクルショップへ持ち込むことがあります。

何社か利用してみてわかったのは、買取業社によって得手不得手の分野があるということ。
私が利用したことのある買取サービスについて、各社の特徴をまとめてみました。
(利用回数自体はそれほど多くないため、あくまで個人的な経験に基づく感想になります)

IMG_20180103.jpg

(1) コメ兵
http://www.komehyo.co.jp

・ ハイブランドの買取に強い。査定額も高め。
・ 知名度低めのブランドは査定が低くなる。

写真のコートとは別ですが、10年前に購入したモンクレールのダウンジャケットの買い取りをお願いしました。当時パリで4万円くらいで購入しましたが、買取価格もなんとほぼ同額。
毎年クリーニングに出し、付属品も揃っていたので、状態は比較的良かったと思います。

実は、数年前に他店に相談した時は1万円と言われ、手放す決心がつかなかったもの。
って、ミニマリストやシンプルライフとは程遠いですね(汗) だって、それなりに思い入れのある服だし・・・
エルメスやヴィトンなど、いわゆるハイブランドの取り扱いが多いイメージのコメ兵ですが、やはり一目でそれとわかるブランドの買取・販売には強いのかな?と感じました。

一方、同時に持ち込んだアニヤ・ハインドマーチの布製トートバッグ(ほぼ新品同様)には、ほとんど値段がつきませんでした。店舗で設定している一定の基準を満たしていない場合は、たとえ新しいものや状態が良いものであっても一気に査定が厳しくなるようです。
逆に、ハイブランド品は状態が今ひとつでもそれなりの査定結果でした。

結局、トートバッグは持ち帰り、他の業者に査定に出してみることに。
次回 (2) では、その結果も含め書いてみたいと思います。

にほんブログ村テーマ 捨てる。へ 捨てる。
にほんブログ村テーマ ガラクタ捨てれば自分が見える?へ ガラクタ捨てれば自分が見える?



ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

お泊まり会

先日、息子のお友達が我が家に初・お泊まりに来てくれました。

朝ごはん
IMG_20180217.jpg

赤ちゃんの頃から仲の良いふたりだけど、こんなふうに親から離れても遊べるようになったんだなぁ、としみじみ。ふたりの成長がまぶしくもあり、ほんのり寂しくもあり。
ちなみに、男子ふたり、朝から晩までひたすら仮面ライダーごっこで遊んでおりました(汗)

また別の日は、私が用事で出ている間、息子をお友達の家で1時間ほど預かってもらいました。
その子の友達で、息子は初めて会う子もいたけれど、仲良く遊んで過ごしていた模様。
こうしてちょっとずつちょっとずつ、親の知らない姿が増えていくのですね・・・
ここでも、息子はやっぱりお友達宅の仮面ライダーグッズに夢中だった模様(汗汗)

最近はぐんぐん背も伸びて、どんどんお兄ちゃんになっていってしまう息子。
ときどき甘えてくれる、今の時間を大切にしたいなぁと思います。

にほんブログ村テーマ 子育てを楽しもう♪へ 子育てを楽しもう♪

   

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

0歩と1歩、その大きな違い

ものを減らして、ものの定位置を決めて、どこに何があるか家族と共有して・・・も、部屋が散らかる時は散らかります。それは、忙しすぎて家事に手が回っていないとき。

たたんだ洗濯物をあとで引き出しに戻そうと思ってとりあえず手を止めたり、提出しなければならない書類をあとで書こうと、ひとまず目につくところに置いておいたり。そんな時って、たいてい「あとで」はなかなかやってこないので、部屋の中が「まだ終わっていない家事」のサインでいっぱいになって、いつの間にかごちゃごちゃしてきます。

そんなやりかけの家事をなくすには、「0歩」が効果てきめんでした。

にほんブログ村テーマ 時短家事の工夫へ 時短家事の工夫

IMG_20180213.jpg

我が家の洗面所。洗濯機の正面にリネン庫があり、一歩も動かずに乾いた洗濯物を棚に収めることができます。白いボックスは家族それぞれの下着入れ、上段の棚はタオル置き場です。

私は、洗濯物は洗濯機の前で立ったままたたみます。
と言っても、現在ではほとんどの衣類はハンガー収納投げ込むだけの収納にしているので、たたむのはタオルと息子のボトムス、パジャマ、私のインナーくらいですが。

たたんだ衣類はとりあえず洗濯機の上に積み上げていきます。リビングから息子に呼ばれたり時間がなかったりして、棚に戻すのが面倒だな、あとでやろうかなと思うこともありますが、なにせ収納スペースまで0歩だから、今いる場所より近いところにいることはありません。
だったら、あとで戻ってくるより今やってしまおう!と体を動かすことができます。

クローゼットもここから3-4歩なのですが、それだけでもときどき持っていくのが面倒になって洗濯機の上に放置してしまうことがあります。たったの3歩なのに・・・
でも、疲れている時や忙しい時って、その一歩が動けないのですよね。

IMG_20180216.jpg

キッチンのスチールラックも、0歩で配膳に必要なものすべてに手が届くように配置しました。
トレイはさっと手に取れるように天板の下にサイズ別に並べて、箸と箸置はそのすぐ下の同じ引き出しの中に。食器類は振り返ってすぐうしろの吊戸棚に収めています。

「ものは使う場所の近くに」というのは収納のセオリーですが、とことん「0歩」にこだわってみるのも、やりかけ家事防止 & さらなる家事ラクにおすすめです。

にほんブログ村テーマ わが家の快適収納へ わが家の快適収納

   

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

今日の作り置き

今日の作り置き。

IMG_20180215.jpg

・ ぶり大根
・ 小松菜塩ゆで
・ きゅうりとかぶの浅漬け
・ 味噌汁野菜切りおき(白菜、大根)
・ かぼちゃポタージュの素

息子が大根の煮物が大好きなので、大きな大根を3分の2使って、たっぷり作りました。
食べる量がだんだん増えて、煮物に使う鍋も少しずつサイズアップしています。
そのうち、もっと大きな鍋が欲しくなるのかな。

いろんな方のいろんな作り置きを見ていると、とっても参考になります。
にほんブログ村テーマ オススメ!我が家の常備菜♪へ オススメ!我が家の常備菜♪

 

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

落ち着く眺め。ミニマリストではないけれど


関連記事
1LDK 3人暮らしの、からっぽの引き出し
理想は、4割のゆとり

便利な家電は大好きだし、子どものおもちゃはついつい増えてしまうし、自分はミニマリストではないと思っていますが、こういう眺めはけっこう好きです。

IMG_20180209.jpg

夫と息子が早々に寝入ってしまった夜、ひとりリビングのソファから見る眺め。
こちら側の壁は普段プロジェクターを投影するスクリーン代わりに使っていることもあって、本当になんの飾り気もないのですが、これがけっこう落ち着くのです。

お寺や神社を訪れた時の、頭の中がすうっとクリアになる感じに近いかもしれません。
「何もない」って、心を落ち着け、研ぎ澄ます効果があると感じます。

部屋の照明は落として、ペンダントライトの柔らかい明かりだけで過ごしてみたり。

日中は賑やかな我が家の小さなリビング。夜だけの贅沢な時間です。

にほんブログ村テーマ ミニマリストな生活 & シンプルライフへ ミニマリストな生活 & シンプルライフ



ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

子どもと、好きなことをして遊んでいます

休日、子どもとどんなことをして遊んでいますか?
私は最近、自分が好きな遊びに誘って、自分自身もけっこう真剣にやっていたりします。

先日は「おえかき」。

IMG_20180210.jpg

色鉛筆でデッサンして色をつけて、なんだかんだ私の方が楽しんでいたり。
息子は息子で、一心不乱に新幹線の絵を描いていました。

「子の遊びに親がつきあう」というスタンスだと、なかなか長続きしません。
親だって人間だから、好きなことも嫌いなことも、得意なことも苦手なこともある。

そう開き直って、ふたりでしたい遊びを一緒に考えるようにしたら、遊ぶことが義務ではなく私にとっても楽しい息抜きになって、いつまででも遊んでいられるようになりました。
子どもも喜ぶし、自分の好きなことをする時間もちゃっかり取れて、一石二鳥です。

まぁ、1日中お絵描きというわけにもいかず、一度は公園に連れ出されるのですが・・・
友達のように一緒に真剣に楽しめることがあるっていいな、と思います。

にほんブログ村テーマ 子育てを楽しもう♪へ 子育てを楽しもう♪



ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

LOHACOの日用品が可愛い

日用品の買い物には、amazonLOHACO をよく利用します。
朝注文すれば当日受取も可能なので、急いでいるときはありがたい存在です。

以前はどちらかというと「利便性が高い」「ASKULのオフィス用文具が買える」と実用性重視のイメージのLOHACOでしたが、最近、オリジナル商品がとっても可愛いのです。

IMG_20180211.jpg

これは赤ちゃん用のおしり拭きですが、こんな可愛い、かつ主張しすぎないパッケージ。
我が家では、写真のように粘着式の簡易蓋を取りつけて、ウエットティッシュ代わりに使っています。一般的なウエットティッシュよりも大判で柔らかくて使いやすいのです。

ほかにも、シンプルなデザインのボックスティッシュやミネラルウォーターなども。

あれこれインテリアに凝ってみても、生活していると、日用品の氾濫からは逃れられません。
ましてや小さな子どもがいると、こまごまと必要なものがどうしても増えていきます。
そんなとき、何気ない日用品が可愛いデザインだったら、ちょっと嬉しい。

たかだか100円程度の日用品だけれど、どうせならお気に入りを探したいなと思います。

にほんブログ村テーマ 暮らしをつくるインテリア*へ 暮らしをつくるインテリア*



ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

1LDK 3人暮らしの、からっぽの引き出し

1LDKに夫と5歳の息子と3人暮らしの我が家。さぞかしすごい収納術を駆使して、空間を余さず使い切っているのでは?と思われるかもしれませんが、実のところそうでもありません。

実は、入居以来がらーんとしたままの引き出しがあります。

IMG_20180214.jpg

洗面台の下の、大きな引き出し。
ここに何を入れていいものか、特に思いつかなくて、ずっとこのまま。
息子がお風呂で遊ぶおもちゃが申し訳程度に入れてあります。

洗剤などを入れるにも、息子がまだ小さいの頃は誤飲が怖くて低い場所には置けなかったし。今はもう悪戯もしないけれど、こんな大きな空間を埋めるほどのストックもありません。
使用中の洗剤は洗濯機の上の棚に、ストックはリネン庫の上段に置いています。

身支度中に使うタオル類を入れるにしても、一歩下がって引き出してから屈んで取らなければならないので、けっこう面倒だし・・・それに、やっぱりそんな量もないし。

まぁ無理に何か入れる必要もないかなーと思い、そのままにしています。

からっぽのスペースがあると、つい何かで埋めたくなったりもしますが、使いづらい場所なら使わないというのも、死蔵品を産まずに軽やかに暮らすひとつの方法かもしれません。

にほんブログ村テーマ 持たない暮らしへ 持たない暮らし



ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

ありがとうございます


関連記事
学童保育に悩む

前回の学童保育の悩みについて、たくさんの経験談・アドバイスをありがとうございます!
皆様のおかげで、自分が大事にしたいことがなんとなく見えてきた気がします。

IMG_20180208.jpg

うにこさん、きょうこさん、coconさんのお話で、学童に通う時間は案外短いのかもしれない、ということに気づかされました。3年生くらいからは通わない子も多くなるのですね。
保育園の延長でどっぷりお世話になるものと考えていたので、目から鱗でした。

くみくみさん、翔子さんからは、公立の学童ならではの良さを教えていただきました。
いずれ近いうちに塾に通ったりするようになるのなら、私はやっぱり1-2年生のうちはのびのび体を動かして、好きなことをして放課後を過ごして欲しいなぁと思います。

ファミサポなどをうまく利用しながら公立学童に通えるか、もう一度考えてみようかな。
どうしても無理そうなら、のびのびした雰囲気の民間学童を第一候補にするかもしれません。
息子が行きたい!と思えることが一番だから、一緒に見学にも行ってみよう。

まだまだ長い道のりになりそうですが、少しずつやるべきことが見えてきました。

ゆっくりになりますが、おひとりおひとりへも返信させていただきますね。
元気と勇気をいただきました。本当にありがとうございました!

にほんブログ村テーマ 共稼ぎ夫婦の子育てへ 共稼ぎ夫婦の子育て

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

学童保育に悩む

今年6歳になる息子。保育園で過ごす時間もあと1年ちょっととなりました。
周囲でも、そろそろ「来年、学童保育どうする?」という話題が出はじめています。

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ ワーキングマザー
にほんブログ村テーマ 共稼ぎ夫婦の子育てへ 共稼ぎ夫婦の子育て

我が家も自宅近くの学童事情を調べ始めてみたのですが、調べれば調べるほど悩ましく・・・
どなたかにご意見いただければと思い、ブログに書いてみることにしました。

IMG_20180203.jpg

公立学童:
・ 学区の公立小学校から歩いて通える立地。
・ 保育園のお友達で通う予定の子やすでに通っている兄姉がおり、おおむね評判は良い。
・ 会社を出る時間を今より30分早めないと、お迎えが間に合わない。延長なし。
・ 夏休みのイベントなど、親の参加が求められる機会が多い。

民間学童A:
・ 隣駅から徒歩5分。公立小学校にバスでお迎えあり。帰りは親が迎えに行く。
・ 英語教育に力を入れており、教室内では先生も生徒も基本は英語で話す。
・ 数年前から地域で営業している。スタッフは若い人が多い。
・ 夏休みはサマーキャンプなどを別料金で申し込む。

民間学童B:
・ 最寄り駅前。公立小学校にバスでお迎えあり。習い事送迎や自宅への送迎もあり。
・ どちらかというと親の利便性重視? 宿題をした後は、公園や部屋で遊んだりして過ごす。
・ 開校間もなく、通っている人の感想が聞けない。スタッフは未経験者も多そう。
・ 夏休みは別料金で朝から保育あり。習い事系のオプションもあり。

民間学童C:
・最寄り駅前。小学校へのお迎えや自宅への送迎は別料金で対応。
・受験塾に近い。宿題をした後は、カリキュラムに沿った勉強をして過ごす。外遊びはなし。
・地域で長く営業しており、実績がある。スタッフは経験豊富で落ち着いた印象。
・夏休みは別料金で朝から保育あり。習い事系のオプションも充実。

公立学童以外は19時以降まで対応してくれるので、今と同じペースで仕事と両立できそう。
料金的には、高い順に 学童C >> 学童A > 学童B >>> 公立学童 という感じです。

できればお友達も多い公立学童に行かせたいけれど、お迎え時間が早いのが致命的。
もし行かせる場合は、夫も私も仕事のしかたを調整する必要がありそうです。

先輩ママから英語オンリーの学童は子どもが嫌がる場合も多いと聞いて、バイリンガル教育に特段強い意志もない我が家は、学童Aは自宅から遠いこともあり候補外かなぁと。

となると、候補としては学童B または 学童C。
私が外遊びが下手ということもあり、私自身の思いとしては、明らかに教育重視の学童Cよりも自由な校風の学童Bがいいなと思うのですが、急拡大中のグループの新設校とあってスタッフの経験値などにやや不安も。その点、学童Cのスタッフは信頼感がありました。

絵や字を書いたり製作したりが好きな息子の性格的には、学童Cが実は合うかもしれないと思うのですが、1年生からなし崩しにお受験モードに巻き込まれていくのってどうなのだろう。
親子ともに確たる意志をもって受験という道を歩むならありだと思うのですが、我が家はそこまででもなく・・・

悩んでいる間に早いところは予約で埋まっていくと聞き、気持ちは焦るばかり。
学童に通っている・いたお子さんをお持ちの方がもしこのブログを読んでくださっていたら、どういう観点で選択されたか、お子さんの性格とともに教えて頂けたら嬉しいです。


ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」