Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

今日の作り置き

今日の作り置き。

にほんブログ村テーマ 常備菜や作りおきへ 常備菜や作りおき

IMG_20180139.jpg

豚バラと大根の煮物に、ゆで卵。寒い時期は温かい煮物が美味しいですね。

大根は米のとぎ汁で下茹でして、とろとろに仕上げるのが好み。
朝20分煮ておけば、夜帰宅する頃には芯までしっかり味がしみています。
手間いらず、技いらずの、我が家の冬の定番メニューです。

東京は今週も引き続き冷え込みが強くて、週末また雪になるよう。
温かくして、乗り切りたいと思います。


 

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

並べるなら4つまで、には訳がある


関連記事
我が家で使っている収納ボックスの共通点
オーガナイザー流・収納ボックスの使い分け

白い収納ボックス、できれば中身の見えない不透明のものが好きです。
ぽんぽん放り込むだけで、中は適当でもとりあえず片付いて見えるからです。

IMG_20180126.jpg

でも、並べるなら一箇所に4つまで、が密かなマイルール。
何となくそうしていたのですが、「マジカルナンバー4」という言葉を最近知りました。

アメリカの心理学者 Dr. Nelson Cowan が発表した論文によると、人間が日常的な物事における短期記憶として覚えていられる数の限界は4±1、すなわち3-5個が限界だそうです。
参照:Nelson Cowan (2001), The magical number 4 in short-term memory: a reconsideration of mental storage capacity.

確かに、4つくらいなら、何も書かなくてもおおよそどこに何があるか覚えていられます。
これが8個も12個も並んでいたら、見た目は美しくても、どこに何があるか探すほうが大変で、結局片付けるのが面倒になってしまいそうです。(あくまで私の場合)

ちなみに、あらためて我が家の収納を見返してみると、、、

洗面所の洗剤類のストックも、無印良品のファイルボックス x 4
キッチンの食品ストックも、無印良品のトタンボックス x 4
シューズインクロークのツール類の収納も、IKEAの紙製ボックス(廃盤)x 4

無意識に自分の記憶容量の限界に合わせていたみたいです(驚)

さらには、同じボックスを4つ以上並べている息子のおもちゃ箱には、写真でラベリングをしていました。以前は右下も同じものだったので、合計6個はやはり覚えられなかったのですね。

IMG_20180127.jpg

こうしてみると、片付けって科学のようでもあり、興味深いなぁと思います。
部屋は一見整っているのになんだか片付かないという場合は、一箇所に並べている収納用品の数が多すぎないか?と考えてみてもいいかもしれませんね。

にほんブログ村テーマ シンプルで綺麗な収納&片付けへ シンプルで綺麗な収納&片付け
にほんブログ村テーマ わが家の快適収納へ わが家の快適収納

 

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

車なし生活:careco カーシェアリングが使いやすい


関連記事
我が家にないもの・車

我が家は、車を持っていません。
実は夫は車好きなので以前は趣味の車を持っていましたが、ふたりとも平日は仕事で忙しく、週末に月数回しか乗らない車に、本体価格 数百万円、駐車場代 3.5万円、ガソリン代 1.5万円、そのほか車両保険や車検代など、年間100万円近い維持費がかかっていました。

その後しばらくは車なしで生活していましたが、息子が生まれて、ちょっと遠くの公園へなどレンタカーよりもう少し気軽に短時間で乗れる車があったらいいなと思うようになり、2年ほど前から careco のカーシェアリング を利用しています。

IMG_20180137.jpg

カーシェアって、便利だけど乗りたい時に乗れない、というイメージがありませんか?
でも、我が家の場合はとても便利で、個人で車を所有する以上のメリットを感じています。

メリット1 : ステーションが家から近い
careco は首都圏に重点的にステーションを開設していて、現在では我が家から歩いて5分以内に5つのステーションがあります。タクシーを呼ぶよりずっと早くスムーズに乗れるし、これだけあると週末ふと出かけたくなった時も、どこかしら空いている車も見つけられたりします。

メリット2:2ヶ月前から予約できる
とはいえ、連休など皆が使いたいと思う時期はやはり混み合います。careco は2ヶ月前から予約できるので、我が家は、休みの予定が決まったらその場で車を予約するようにしています。
スマートフォンのアプリで簡単に空車検索・予約ができ、キャンセルは無料です。

メリット3:目的に応じて、車を使い分けられる
carecoの特徴は車種が充実していること。近場のお出かけはコンパクトカーで、キャンプの時は大型車でと目的によって使い分けることができます。一部ステーションにはベンツなどの高級車も。夫と息子は真っ赤なロードスターを借りて男同士のドライブを楽しんでいました。

メリット4:ガソリン満タン返し不要。6時間以内の利用なら基本料金のみ
レンタカーと違って、ガソリンを満タンにして返す必要がありません。6時間以内の利用なら、基本料金のみ。利用中にガソリンが少なくなったときは備え付けのカードで給油します。

メリット5:24時間いつでも使える
深夜や早朝に子どもの具合が悪くなった!という時も、さっと出して乗ることができます。

メリット6:ジュニアシートは全車に装備。チャイルドシート有の車も
レンタカーだと別料金のジュニアシートが、全車のトランクに装備されています。子連れにはとってもありがたいポイント。チャイルドシート装備の車はまだ少ないため、我が家は息子がチャイルドシートが必要な間はこちらの持ち運び可能なシートを使っていました。

メリット7:何といっても費用が安い!
利用料金は表の通り。短時間利用なら数百円だし、長時間利用も大手レンタカー会社と同じか少し安いくらい。6時間以内なら、予約時間でなく実際に使った時間分だけ課金されます。
6時間以上は距離料金がかかります。富士までキャンプに行った時(約230km)で約3,500円、七五三詣で都内をうろうろしていた時(約40km)で約600円でした。

IMG_20180138.jpg

1回遠出のお出かけ(1泊2日)をしたら総額17,000円くらい、丸1日(12時間)都内でうろうろしたら7,000円くらいの感覚です。我が家は何もないときは月に2-3回都内近郊で週末に利用する程度なので、毎月の請求額は1.5-2万円くらい。駐車場代よりもずっと安い金額です。

・ 車を利用するのはほぼ週末のみ
・ マンション住まいで、駐車場の料金が高い
・ 近隣にステーションが充実している
・ 子どもがチャイルドシート不要な年齢になっている

という我が家のような方には、カーシェアリングはかなりおすすめです!
車検や保険のことを気にせず、気軽に身軽に利用できるのも気に入っています。
もし利用をご検討中の方がいたら、ご参考になれば幸いです。

にほんブログ村テーマ 持たない暮らしへ 持たない暮らし

我が家が使っていたチャイルドシートはこちら。

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

掲載のお知らせ:朝日新聞デジタル「50㎡台までのコンパクト暮らし」

朝日新聞デジタル & w の連載「50㎡台までのコンパクト暮らし」に掲載いただきました。

IMG_20180133.jpg

記事はこちら: 忙しいワーキングマザー、50平米 1LDKの住まい方

ペンギン企画室の大橋史子さんと、書籍の撮影でもお世話になった林ひろしさんが、透明感のある写真と文章で素敵な記事にしてくださいました。実際より、5割増くらい素敵にみえる・・・

昨日から、ブログにも多くのアクセスをいただいているようです。ありがとうございます。
我が家の小さな暮らしのきっかけについては、こちらの記事にまとめています。

5年後の自分はわからない。小さく身軽に暮らす

50平米でも、子どもが小さいうちなら、案外楽しく・快適に暮らせます。
むしろ、家族の距離が近いし、片付けも家事もすぐ終わるし、いいことがたくさんあります。
気楽で身軽で、いつでもどこへでも行ける。この暮らしが結構気に入っています。

にほんブログ村テーマ ミニマリストな生活 & シンプルライフへ ミニマリストな生活 & シンプルライフ
にほんブログ村テーマ 持たない暮らしへ 持たない暮らし

それから、この度「家事を手放してシンプルに暮らす」韓国語版が発売となりました。
タイトルは「私にぴったりのミニマルライフ」という意味だそうです。
こんな可愛らしいイラスト入りの装丁にしていただきました。

IMG_20180129.jpg

韓国でも、たくさんの方にお手にとっていただけると嬉しいです。

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

日本語版のオリジナルはこちら。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

狭くても、ここだけはものを置かないと決めています


関連記事
リビングが散らからない、たったひとつの工夫
狭い寝室でも快適に眠りたい

50平米1LDKに3人暮らしの我が家。
収納スペースも決して十分とは言えませんが、ここだけはものを置かないと決めています。

それは、ベッド下。

IMG_20180132.jpg

ベッド下の面積はシングルサイズでも100cm x 200cm。結構な収納力があるので、狭い家では貴重な収納スペースとしてむしろ積極的に活用される場合もあると思います。
一方、難点は低い位置にあるうえ奥行も深いため、取り出しにくいこと。

私にとっては、この「たくさん入るけれど取り出しにくい」という収納は鬼門。
結局、滅多に使わないものを「とりあえず」取っておく温床になったり、そこに入れたことで存在を忘れてしまって、使わなくなってしまったり。それくらいなら、小さくても使い勝手のよい収納スペースで、毎日使うものだけを持って暮らしたいと思うのです。

ただでさえ、寝室はホコリも湿気もたまりやすい場所。
ベッド下ががらーんとしていれば、風も通るし、ルンバが毎日掃除してくれます。

見えないところに「いつか使うかもしれない」たくさんのガラクタを抱えて過ごすよりも、私にとってはそのほうがずっと気持ちいい暮らし方です。

にほんブログ村テーマ 持たない暮らしへ 持たない暮らし
にほんブログ村テーマ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らしへ 断捨離シンプル&ミニマムな暮らし

 

記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

子どもと行きたい美術館。箱根 彫刻の森美術館


関連記事
子連れ旅行@5歳:ザ・ひらまつ Hotels & Resorts 仙石原(客室編)
子連れ旅行@5歳:ザ・ひらまつ Hotels & Resorts 仙石原(食事編)

ホテルを出たあと、ずっと行きたいと思っていた 箱根 彫刻の森美術館 へ立ち寄りました。
箱根の広々とした丘の上に、彫刻作品がゆったりと展示されている屋外型美術館です。

にほんブログ村テーマ 美術館、博物館、ミュージアムへ 美術館、博物館、ミュージアム

この美術館が素晴らしいのは、子どもたちが触って遊べる美術作品があること。

色とりどりのステンドグラスがかがやく塔の中を、螺旋階段でどこまでも登ってみたり。

IMG_20180123.jpg

大きな「しゃぼん玉のお城」の中を滑ったり、登ったりしながら探検したり。

IMG_20180122.jpg

カラフルな「ネットの森」で飛び跳ねたり。大きなボールはブランコにも。

IMG_20180124.jpg

息子は「しゃぼん玉のお城」がいたく気に入り、一周したあとまたあそこに戻りたいー!と。昼すぎに入館して、結局日が傾くまで遊んでいました。息子が遊んでいる間、私はピカソ館の室内展示を鑑賞。晩年の作品が多くあり、小さいながらも見ごたえがありました。

芝生の広場や珈琲の美味しいカフェもあって、暖かい季節なら1日ここで過ごせそう。
遊具の難易度的に、3歳頃〜小学校低学年くらいが一番楽しめると思います。

めいっぱい体を動かした息子は、帰りの車内で爆睡。
大人も子どもも大満足の、楽しい旅になりました。

次の10年後の記念日には、息子は15歳。どんな中学生になっているのかな。
それまでまた10年、家族仲良く、元気に暮らせますように。

にほんブログ村テーマ 子どもとおでかけ♪へ 子どもとおでかけ♪

記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

子連れ旅行@5歳:ザ・ひらまつ Hotels & Resorts 仙石原(食事編)


関連記事
子連れ旅行@5歳:ザ・ひらまつ Hotels & Resorts 仙石原(客室編)

前回に続き、ザ・ひらまつ Hotels & Resorts 仙石原 のレポート、食事編です。

挙式・披露宴の会場にひらまつのレストランを選んだのも、ただただ美味しい食事をゲストの皆さんに楽しんで欲しかったから。今回の旅も、食事が一番の楽しみでした。

ウェルカムドリンクは、ずらりと並ぶアラン・ミリアのジュースから好きなものを。

IMG_20180115.jpg

夕食はイタリアンですが、前菜から魚料理までは器も味わいもかなり和食寄りでした。
前菜のすっぽんのスープと長芋のフリット。柄杓の中に入っているのはオリーブオイルです。

IMG_20180116.jpg

ひらまつらしいプレゼンテーションの一皿も。(食べるのはトマトの部分だけです)

IMG_20180117.jpg

その後もウニのスパゲティ、あんこうのアクアパッツアとリゾット、蕪のピューレでいただく牛肉のグリエなど、素材を生かしたやさしい味の料理が続きます。美味しいものを少しずつ、洋風の懐石料理のような趣で、目にも楽しくお腹いっぱいになりました。

子ども用の料理は、ハンバーグ・スープ・デザートで軽めにお願いしました。
事前のメールのやりとりで、アレンジにも快く応じてくださいました。

子連れ客も温かく迎えてくれる心遣いが、私がひらまつが好きな理由のひとつ。
子連れでレストランって少々気が引けますが、ひらまつは系列のどの店に行っても嫌な思いをしたことがありません。それでいて、他の方の迷惑にならぬようさりげない配慮があります。

今回も、我が家ともう1組小さなお子さん連れのご家族がいたのですが、メインダイニングとは別のフロアに2組専用のゆったりとしたテーブルを設けてくれました。おかげで、他のお客様に気兼ねすることなく、子どもと一緒にゆっくりと食事を楽しむことができました。

朝食は、焼きたてのパンが美味しかった!
食べきれなかったパンとジャムは、チェックアウト時にお土産にと包んでくれました。

IMG_20180119.jpg

ゆっくり食事をしたあと、すぐに部屋に帰ってくつろげるというのが、子連れには嬉しい。
息子は早々に寝てしまい、私はお部屋のお風呂をのんびり堪能させてもらいました。

チェックアウト後は、ずっと行ってみたいと思っていた美術館へ。
とても素敵な場所だったので、次の記事でご紹介しますね。




にほんブログ村テーマ 高級ホテルの口コミ比較・予約へ 高級ホテルの口コミ比較・予約

記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

子連れ旅行@5歳:ザ・ひらまつ Hotels & Resorts 仙石原(客室編)

お正月休みを利用して、家族で箱根に一泊旅行に行ってきました。

IMG_20180109.jpg

宿泊先は、昨年開業1周年を迎えたばかりの ザ・ひらまつ Hotels & Resorts 仙石原 です。

実は、私たち夫婦は昨年で結婚10周年。
ささやかながら、家族で記念になる旅行をと思い、以前から気になっていたこちらのホテルを選びました。10年前、私たちが結婚式を挙げたのも、ひらまつ系列のレストランでした。

IMG_20180111.jpg

個人のお宅に招かれたような、こぢんまりとした素敵なロビー。チェックインはこちらで。

IMG_20180110.jpg

ツインの客室は79平米。3人でも十分にゆとりのある広さです。(というか、うちより広い!)

セミダブルベッドが2台に、ソファとコーヒーテーブル、ダイニングテーブル、奥には半露天にできる石造りのお風呂。洗面台は浴槽の左右に1台ずつ。写真には写っていませんが、入口側にデスクとミニバー、ウォークインクロゼットもあります。子どもは添い寝で予約したところ、あらかじめメールで確認の上、ベッドはハリウッドツインスタイルで整えてくれました。

ミニバーの飲み物は滞在中フリーとのこと。ネスプレッソ、紅茶やハーブティのティーバッグ、冷蔵庫にはアランミリアのジュースが3本にペリエとサンペレグリノのボトルがありました。

IMG_20180113.jpg

アメニティに、こんな可愛いひのきのリボンがありました。ひのきの木を薄く削って、リボン状に束ねたもの。入浴時に湯船に浮かべると、ふんわりいい香りがしました。シャンプーなどのアメニティはブルガリ。女性用には基礎化粧品セットも用意されていました。

子ども用のアメニティは、スリッパと歯ブラシ。子どものパジャマは持参したので尋ねませんでしたが、案内時に聞かれなかったので、おそらく用意はないのかな?と思います。

IMG_20180114.jpg

ウェルカムスイーツのお皿が、我が家で使っているのと同じものでした。
奥の子ども用のケーキはリキュールなしで別に用意してくださる細やかさです。

ひらまつと言えば、やはり何より料理が楽しみ!次回は食事編です。




にほんブログ村テーマ 高級ホテルの口コミ比較・予約へ 高級ホテルの口コミ比較・予約

次回の記事も読むよ〜と思っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

母のスカート

お正月に帰省した際、母の古い洋服を1枚譲り受けてきました。

IMG_20180108.jpg

スコットランドの伝統的なタータンチェックのキルトスカート。ヨーロッパに住んでいた頃に母が少しずつ集めていて、ちょうど今の私くらいの歳の頃によく着ていたものです。
多くはつい最近手放したとのことで、残った2枚のうち1枚を譲って貰いました。

30年前のスカートですが、長めの丈とクラシックな雰囲気がどこか今年らしくもあります。
母はこのスカートをちょっと改まった予定のある日によく着ていて、学校の授業参観や友達が家に遊びに来るときなど、このスカートを履いていた母の姿を思い出します。
プリーツもとても綺麗な状態で、30年間母が大切に手入れしていたのがわかります。

最近着物を着はじめた妹は、母の昔の帯を借りたりもしているようです。

奇を衒わない、伝統的でシックなものを、慎重に吟味して買う。
少しの服を丁寧に手入れし、いつまでも大切に使う。

そんな母の暮らし方を、いつしか私たちも受け継いでいます。

にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフのファッションへ シンプル・ミニマルライフのファッション

 

記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

キッチン・冷蔵庫・クローゼットの収納アイデア

Pacoma という暮らしの情報サイトに、我が家の収納アイデアを掲載いただきました。

IMG_20180101_20180108191440bad.jpg

その1:取り出しやすい!キッチンの収納アイデア5選|Akiさんのお宅で発見
その2:使いやすくなる!冷蔵庫の収納アイデア6選
その3:狭くても片付く!クローゼットの収納アイデア6選

取材&撮影にお越しいただいたのが、ちょうど我が家に友人を呼んでクリスマス会をした日の直前で、冷蔵庫の野菜室がいつも以上にぎゅうぎゅうでお恥ずかしいですが・・・

ブログとはまた違った視点でまとめていただいていますので、よかったらご覧くださいね。

にほんブログ村テーマ わが家の快適収納へ わが家の快適収納
にほんブログ村テーマ イケア・無印良品・ニトリで収納インテリアへ イケア・無印良品・ニトリで収納インテリア

 こちらにも少しだけですが過去掲載記事を再掲いただいています。

記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」