Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

子連れ旅行:三世代ディズニー (ホテル編)


関連記事
子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (1)
子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (2)
子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (3)

今回のディズニー旅行では、3-5歳の子ども3人+母もいることから、ホテルを休憩所代わりにしようと考え、ちょっと贅沢してディズニーランドホテルに滞在しました。これが大正解!
ちょっと上着を取りに戻ったり、母が休憩後に合流したりと、とても便利でした。

宿泊したスーペリアアルコーヴルームのインテリアはこんな感じ。

IMG_20170507.jpg
写真を撮る前に子どもたちが寝転んでしまったので、シーツが・・・(汗)

120cm幅のベッドに簡易ベッドが2台あり、最大で大人4名、添い寝2名まで泊まれます。
全体的には大人も落ち着けるクラシックなインテリアですが、ちょっとした壁紙の模様などに「隠れミッキー」がいて、子どもたちは見つけるたびに大盛り上がりでした。

浴室には洗い場もあり、子連れには嬉しい作り。洗面台とトイレはドアで仕切られ、室内側にドレッサーもあり、大人数で泊ってもストレスないよう工夫されていると感じました。

IMG_20170512.jpg

アメニティはこんな感じ。パジャマとスリッパもあり、必要なものは大体揃っています。
子ども用にはミッキーのコップと歯ブラシ。最初は1人分しかなかったのですが、お願いすると添い寝の子の分も持ってきてくれました。子ども用のパジャマとスリッパもあります。

IMG_20170511.jpg

ベッドは割と高さがあるため、我が家はお願いしてベッドガードをつけていただきました。
引き出し式のトランドルベッドは低めなので、子供が寝るのにいいかもしれません。
アルコーヴベッドは幅が狭めなので、男性が寝るには少し窮屈かも。

すごく高級なホテルというわけではないけれど、必要なものは十分に揃っており、スタッフの方々も優しく、子連れファミリーもとても快適に過ごせるホテルだと感じました。
またディズニーに宿泊することがあれば、ここに泊まりたいなと思います。

にほんブログ村テーマ 子どもとおでかけ♪へ 子どもとおでかけ♪
にほんブログ村テーマ ディズニーリゾート(ディズニーランド)へ ディズニーリゾート(ディズニーランド)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
役に立ったよ~!という方はバナーをクリックしていただけると嬉しいです。いつもありがとうございます♪

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (3)


関連記事
子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (1)
子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (2)

07:00 起床、ホテルの部屋で朝食
10:30 チェックアウト、ディズニーリゾートラインでアンバサダーホテルへ


IMG_20170516.jpg

冷蔵庫などの利用がなければ、チェックアウトは部屋を施錠するだけで完了です。
「今日も乗りものに乗りたいー!」という子どもたちを連れて、ディズニーリゾートラインでアンバサダーホテルへ。車内もミッキー仕様で、引き続きディズニー気分を楽しめます。
ディズニーランドホテルの宿泊者特典で、人数分の乗車券がついてきました。

11:30 シェフ・ミッキー@アンバサダーホテル
14:00 舞浜駅から帰途へ


IMG_20170517.jpg

子どもたちお待ちかねのシェフ・ミッキー!
ランチビュッフェの合間にミッキー、ミニー、ドナルド、デイジーがかわるがわるテーブルに来てくれます。サインやハグ、もちろん写真撮影も。パーク内のグリーティングとは違い、必ずすべてのテーブルを回ってくれるので、ゆっくり座ってミッキー達と触れ合えます。

朝食はアンバサダーホテル宿泊者専用ですが、ランチとディナーは一般客も利用できます。
Webで満席でも電話窓口なら空きがある場合があるようで、妹が何度も電話して予約してくれました。疲れずに楽しめるから、子連れ・祖父母連れの三世代旅行にはおすすめです。

皆すっかり満足して、舞浜駅から京葉線で東京駅に戻り、母と妹家族とお別れ。
いつも私たちをもてなしてくれる母に、楽しい母の日をプレゼントできてよかったです。


まとめ:三世代ディズニー、疲れなかったポイント

母はデパートなどの人混みに長時間出かけると疲れてしまうタイプなのですが、今回の旅行は「疲れなかったし、すごく楽しかった!」と。私なりの成功ポイントをまとめてみました。

1. パーク目の前のディズニーランドホテルに宿泊し、移動疲れを最小限に。
2. 事前に乗りたいアトラクションとルートを決め、エリアを限定して回ること。
3. 混雑を避けるため、食事時間はピークをずらす。
4. アトラクションの待ち時間やFP発券時間を、こまめにスマホで確認。
5. 昼過ぎにいったんホテルに戻り、休憩タイムを取る。
6. 夜までいる場合は防寒対策を万全に!
← 今回は失敗(汗)

計画には、オフィシャルサイトはもちろん、以下のまとめサイトが非常に参考になりました。
ショーのスケジュールやアトラクションの待ち時間に加え、各アトラクションのFPの発券終了時刻の傾向までわかるため、取りたかったFPが終了してしまった!ということも防げます。

ディズニーランド・ディズニーシー 混雑予想カレンダー

また、より詳しい情報を得るのに、いろいろな方のブログ記事も参考になりました。

にほんブログ村テーマ 子どもとおでかけ♪へ 子どもとおでかけ♪
にほんブログ村テーマ ディズニーリゾート(ディズニーランド)へ ディズニーリゾート(ディズニーランド)

参考までに、今回の我が家の歩いたルートはこちらです。

disney map

ピンク:昼の行動ルート → この記事内の番号に対応 / ブルー:夜の行動ルート → この記事内の番号に対応

ショーより乗りもの重視という方は、⑥と⑦をスキップし、ファンタジーランドでミッキーのフィルハーマジックや子ども向けのアトラクションを回るのもいいと思います。

以上で我が家のディズニー旅行記は終了。あとは、ホテルの様子だけ記事にしますね。
長々と書いてしまいましたが、どなたかのご参考になれば幸いです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
役に立ったよ~!という方はバナーをクリックしていただけると嬉しいです。いつもありがとうございます♪

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (2)


関連記事
子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (1)

15:00 ディズニーランドホテルにチェックイン

IMG_20170505.jpg

ホテルはディズニーランドの入口の目の前。子連れでゆっくり歩いても5分くらいです。
15:00のチェックイン開始時刻直後にフロントに向かって、手続き自体は並ぶこともなく非常にスムーズでしたが、その後荷物が出てくるまで20分ほどかかりました。時間を節約したい方はリゾートラインの駅のコインロッカーに荷物を入れておくのも手かもしれません。

15:30 部屋に到着、休憩

IMG_20170506.jpg

ホテルの客室にて、しばし思い思いに休憩。昼寝をしたのは母と息子だけでしたが、ベッドに横になって少し体を休めるだけかなり楽になりました。この時間がなかったら、子どもたちは夜までもたなかっただろうと思います。客室の詳細は、また別の記事にまとめますね。

18:30 再入園、パレード鑑賞場所確保 ①
18:50 バズ・ライトイヤーのアストロブラスター(FP使用)②
19:15 夕食購入@プラズマ・レイズ・ダイナー ③
19:30 エレクトリカルパレード鑑賞 ①
20:50 ワンス・アポン・アタイム鑑賞


IMG_20170509.jpg

夜のパレード開始の1時間前を目安に、再びパークへ。母は多少疲れが出ていたようで、最初はこのまま部屋で休むと言っていましたが、私たちが入園したあと「やっぱり行く」と電話が。ホテルが遠かったら来れなかったわ、と言っていたので、近くにして本当に良かったです。

まず、シンデレラ城前のパレードルートのトゥモローランド寄りに鑑賞場所を確保しました。トゥモローランド側にしたのは、FPを取得したアストロブラスターに乗るため。パレード開始までの待ち時間に順番に子どもを連れて行きました。その後夕食を調達し、パレード鑑賞。

パレードもワンス・アポン・アタイムもディズニーらしさ満載で、いつ見てもワクワクします。
初めて見る母と子どもたちは、吸い込まれるように見入っていました。

唯一誤算だったのが、夜は急激に冷え込んだこと。日中は涼しくてちょうどいい天気だったのですが、冷たい海風のせいか、夜は厚手のスウェットパーカーが欲しいくらいでした。
私たちは薄手の上着しか用意していなかったので、ショーの後は早々に帰途へ・・・

防寒対策が万全であれば、最後にもう少しアトラクションを楽しめたと思います。
これから行かれる方はぜひ厚手の上着をお持ちくださいね。

21:30 朝食のパンを購入@スイートハートカフェ
22:00 ホテル着


最後にワールドバザールのベーカリーで翌朝のパンを調達して、ホテルに戻りました。
お風呂に入ったあとも、子どもたちは興奮してなかなか寝つかず。
でも、皆疲れずに最後まで楽しめて本当に良かったです!

明日は、妹が奮闘の末予約してくれたシェフ・ミッキーへ。
我が家の三世代ディズニー体験記、もうしばらくお付き合いください。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
役に立ったよ~!という方はバナーをクリックしていただけると嬉しいです。いつもありがとうございます♪

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (1)

ちょうど母の日だった先々週の週末、母、妹、5歳と3歳の姪っ子、私と息子4歳の三世代6人でディズニーランドに行ってきました。結論からいうと、子どもたちはもちろん、母も帰宅後も数日余韻に浸ったというくらい、全員が満足&楽しめた旅になりました!

IMG_20170501.jpg

今回は、まだ小さい子どもたちがと母がいることから「疲れない」が最大のテーマでした。
計画にあたっては、いろいろな方のブログが本当に参考になりました。このブログもまた誰かのお役に立てればと、当日の行程を記録に残しておきたいと思います。

おしえて!三世代ディズニー ← 公式サイトにもこんなページがあるのですね~。

まず、全体のスケジュールはこんな感じ。
土曜日 母と妹家族が新幹線で東京着、半日東京観光のあと、舞浜のホテル泊
日曜日 朝我が家と合流し、1日ディズニーランド、全員で宿泊@ディズニーランドホテル
月曜日 シェフミッキー@アンバサダーホテル、母と妹家族帰宅

ディズニーランドホテルに宿泊すると開園15分前にパークに入れる宿泊者特典がありますが、これを使えるのは宿泊翌日のみ。せっかくの特典なので月曜日もパークで過ごそうか妹と2人で悩みましたが、2日連続はさすがに疲れるかな・・・ということで、皆が見たいもの・乗りたいアトラクションを1日でなるべく効率的に回ることにしました。

07:30 ディズニーランドホテルロビーに集合

ロビーは椅子が多く、待ち合わせに便利でした。荷物だけ預け、徒歩でパークへ。

07:45 入園の列に並ぶ
08:00 開園
08:15 パーク入園、1枚目のFP:モンスターズインク取得(指定時間 11:45-12:45)①


すでに開園待ちの列が結構できていて、実際に入園できたのは開園15分後くらいでした。
母と妹が子どもたちを連れて歩いている間に、トゥモローランドのモンスターズインクで私が全員分のFPを取得。そのまま反時計回りに進み、妹たちと合流してトゥーンタウンへ。

08:20 プーさんのハニーハント(スタンバイ 50分)②
09:30 スタージェット(スタンバイ 45分)③


IMG_20170502.jpg

まずは妹がぜひ乗りたいというハニーハントへ。すでに50分待ちでしたが、子どももまだまだ元気なので大丈夫でした。あまりハードな動きはなく可愛らしいアトラクションなので、母も楽しかった!と大絶賛。その後は列がどんどん伸びていたので、最初に入って正解でした。

ハニーハントの後はミニー好きの姪っ子のためにトゥーンタウンを散策する予定でしたが、5歳姪っ子と息子が途中で見えたスタージェットに乗りたい!ということでそちらへ。3歳はすこし怖がったので、母と一緒に休憩&トゥーンタウンを見て回っていたようです。

10:20 パレード場所取り、ランチ購入@グッドタイムカフェ ④
10:55 2枚目のFP:バズ・ライトイヤー取得(指定時間 18:40-19:40)
11:00 朝のパレード「うさたま大脱走」鑑賞、ランチ ③


IMG_20170503.jpg

パレードではミニーのフロートはちょうどスタージェットとトゥーンタウン入口の間あたりに止まると聞いていたので、終了後そのまま場所取り。ランチは最寄りの店でピザを買ってきて軽く済ませました。11時前でも行列が・・・ランチは早めに動いて正解のようです。

私たちはスタージェット寄りに場所を取ったので、目の前に来てくれたのは写真のドナルドのフロートでした。ミニーはひとつ隣。もう少しトゥーンタウン寄りがよかったようです。

2枚目のFPはもっと早く取ることもできたのですが、公式サイトで発券時間をチェックしつつ、午後のスケジュールに合わせてちょうどいい時間になってから取得しました。

11:50 モンスターズインク(FP使用)⑤
12:40 スーパードゥーパー・ジャンピンタイム鑑賞 ⑥
13:25 ミニー・オー・ミニー鑑賞 ⑦


IMG_20170504.jpg

パレード終了後はFPを使って一番人気のアトラクション モンスターズインクに乗車。その後、シンデレラ城前を横切り、反対側のアドベンチャーランドでショーを2つ鑑賞しました。
スーパードゥーパー・ジャンピンタイムは最前列に子ども専用の席があるのですが、私たちが着いた時にはすでに満席。なんと1時間待ち!だそうです。でも、ショーの間一緒に踊ったり、最後にミッキーたちが来てくれるので、待ってみる価値はあるかもしれません。

14:00 昼のパレード「ハピネス・イズ・ヒア」鑑賞 ⑧
14:30 写真撮影など@シンデレラ城前
14:50 途中退園、ホテルへ


ショーを見終わってシンデレラ城前に移動すると、ちょうどパレードが始まりました。しばし鑑賞後、シンデレラ城前で記念写真を撮ったりぶらぶらお散歩。ホテルのチェックイン時間になったので、子どもたちが疲れ切る前に、いったんパークから出てホテルに戻ります。

さて、長くなりましたが、1日目前半はここまで。
妹の希望のハニーハント、私のモンスターズインク、姪っ子の好きなミニーと息子の飛行機、母が楽しみにしていたパレードなど、かなり効率よく回ることができたと思います。
エリアを絞って回ったので、母も子どもたちもさほど疲れなかったようでした。

ホテルの様子&1日目後半は、次回に続きます。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
役に立ったよ~!という方はバナーをクリックしていただけると嬉しいです。いつもありがとうございます♪

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

母の食器棚


関連記事
母のキッチン
お気に入りの包丁

母の食器棚から。ゴールデンウィークの帰省中に撮らせてもらいました。

IMG_0513a.jpg

母がとりわけ大切にしているロイヤルコペンハーゲンの食器は、ドイツ在住中にデンマークでこつこつと買い揃えたものだそう。本店で買ったものもあれば、ファクトリーストアで買った二級品もあるそうですが、素人目には言われてもよくわかりません。

今はハーフレースやフルレースも多くがタイで生産されるようになりましたが、母が購入した当時は二級品も全てデンマーク製だったといいます。もう30年くらい前になるのでしょうか? 今も昔も変わらない定番のデザインは時を経ても少しも色褪せず、今見てもやっぱり素敵。

「食器は口当たりの良い薄手の陶器、色は料理の邪魔をしない真っ白か柄物なら藍色のみ」が昔からの母のこだわり。高価な食器だけでなく、普段づかいの和食器から某パンまつりのお皿までいろいろあるけれど、母の食器棚は見事に白と藍色で統一されています。
母の影響で、私もやはり食器は白か白地に藍色の絵付けが好きです。

滞在中に毎年1枚ずつ購入していたというイヤープレートも。

IMG_0511a.jpg

母の趣味はやっぱり素敵だなぁと思うけれど、よく考えたら、当時の母の歳は今の私と同じかむしろ若いくらいだったのですよね。そう思うと、30代の今から一生大切にしたいと思うものを少しずつ買い足していくような暮らし方をしたいなと思います。


  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

ひとりでは無理でも、チームなら

ご無沙汰しております。
ちょっといろいろあって、しばらくブログを放置気味でした・・・

その間、ゴールデンウィークを実家で過ごしたり、親子3世代でディスニーに行ったり。
書きたいことが溜まっているので、またちょこちょこ更新していきたいと思います。

先日は、某企業様でセミナーを開催させていただきました。
会場はこんなお洒落なオフィス。社内にこんな素敵な場所があるなんて羨ましい!

IMG_0484a.jpg

一応ライフオーガナイザー資格を持っている私ですが、普段は会社員として働いているため、オーガナイザーらしい活動はほとんど行っていません。こんな本格的なセミナーを担当させていただくのはそれこそ初めて。今回は、オーガナイザー仲間の紹介でご縁をいただきました。

なにぶん初めてのことなので、準備はコンテンツ作成から。紹介してくれたオーガナイザーの友人にも講師として入ってもらい、私には経験が足りないお客様の片付け事例について話してもらうことに。フライヤーも、絵心のある彼女が素敵に作ってくれました。

さらにもうひとりのオーガナイザーの友人もスタッフとして入ってくれて、細やかな心配りと優しい笑顔でテーブル毎のワークなどをサポートしてくれました。

セミナーの構成や内容も、事前におたがいに見せ合い、何度も練り直して。
皆さんに「楽しかった!」「早速週末に片付けができた」と嬉しい言葉をいただきました。

ひとりでは不安だったし、こんなに充実した内容にはできなかったと思います。
チームの力ってすごい!と思いました。時には人に頼ることも大切ですね。

手伝ってくれたMさん、Kさん、そしてご参加くださった皆様、ありがとうございました!

にほんブログ村テーマ ライフオーガナイズへ ライフオーガナイズ


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

我が家で使っている収納ボックスの共通点


関連記事
オーガナイザー流・収納ボックスの使い分け

前回の記事で、私なりの収納ボックスの使い分けについてまとめました。
でも、実は共通点もあります。お気づきになられたでしょうか?

にほんブログ村テーマ シンプルで綺麗な収納&片付けへ シンプルで綺麗な収納&片付け

IMG_0471a.jpg

1. 色は白

いまや多くの方が提唱されていますので、私が改めてお伝えするまでもありませんが、やはり収納用品は色が揃っているほうが美しく見えると思います。とりわけ白は、部屋を広く明るく見せてくれる効果があるので、狭い部屋には一番おすすめの色かなと思います。
ただ、白いプラスチックは陽のあたる場所で長年使っていると日焼けして変色してしまうのが難点。基本的に、我が家では扉収納の中で使っています。

2. 中身が透けない(不透明の)もの

私はライフオーガナイズで言うところの左左脳型で、色の氾濫がストレスになるタイプ。また、目につかないと忘れてしまう右脳型と違い、見えないものも頭の中で憶えていられます。
だから、収納用品は中身が透けずすっきり見えるものが好き。左端の無印だけは、当時はこれしかなかったため半透明ですが、今ならホワイトグレーを選ぶと思います。逆に、視覚優位の右脳型の方には、同じ無印でも半透明のメイクボックスなどがおすすめです。

3. 蓋がない

合理的なことが好きな左脳型で、家事はとにかく時短したい私は、蓋つきの収納用品はよほど理由がないかぎり買いません。なぜなら、ものを取り出したり戻したりするとき「蓋を取る」「蓋を閉める」という余計なアクションが増えてしまうから。
たとえ1回あたり1秒としても、1日10回開け閉めすれば10秒、年間で3650秒=約1時間です。
蓋のないボックスなら、片手で棚から引き出すだけ。余計な時間を使わずに済みます。

以上、我が家で使っている収納ボックスの共通点でした。

「身軽に暮らす」が信条の身としては、できれば収納用品も多くは持ちたくありません。
収納用品も、できる限り軽くシンプルに、暮らしの邪魔をしないものが理想です。


 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

親子2人の帰省の荷物はこれくらい


関連記事
子連れ旅行:2歳 沖縄 (パッキング編)

ゴールデンウィークですね! 今年は9連休という方も多いのではないでしょうか。
私は1日2日は出勤でしたが、昨日から息子と2人で私の実家に帰省中です。

IMG_0508a.jpg

東京より空が広い。
東京も楽しいけれど、やっぱりこういう景色が落ち着くなぁと思います。

今回は、夫は仕事のため息子と2人での帰省です。
親子2人、3泊4日の帰省の荷物はこれくらい。

IMG_0506a.jpg

当日着ていくものも含めて、息子の洋服が3セット、私の洋服はトップス2種類、デニムは1本。トップスは以前紹介したこちらの黒ニットと白のブラウスです。トップスは1枚をカジュアル、1枚をややドレッシーなものにしておくと、いろいろな場面に対応できて便利です。

にほんブログ村テーマ シンプル・ミニマルライフのファッションへ シンプル・ミニマルライフのファッション

あとは私と息子それぞれのパジャマと、いつもの化粧品。
実家なので汚れたら気兼ねなく洗濯機も使えるため、これくらいで十分です。

これで、RIMOWAの機内持ち込みサイズのスーツケースに半分くらい。
残りの半分はお土産を詰めていきます。手提げ鞄でもよいくらいの量ですが、子どもが小さいうちは床に転がしておけるスーツケースの方が何かと便利かなと思います。

今日は妹家族も合流して、皆でバーベキューの予定です。
皆さんもよい週末を!




にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

オーガナイザー流・収納ボックスの使い分け

ライフオーガナイズに関する本やブログをお読みになったことがある方ならすでにご存知かと思いますが、はっきり言って・・・収納用品では部屋は片付きません!

それよりも、自分にとって必要なものの取捨選択や、適正量を保つことが何より大切。
収納用品を買う=見た目を整えることは、あくまで最終工程なのです。

一方、その逆で、収納用品の選び方を間違えると部屋は散らかりやすくなります。
私のお気に入りの収納ボックスと、その使い分けについてまとめてみたいと思います。

にほんブログ村テーマ イケア・無印良品・ニトリで収納インテリアへ イケア・無印良品・ニトリで収納インテリア
にほんブログ村テーマ シンプルで綺麗な収納&片付けへ シンプルで綺麗な収納&片付け

IMG_0471a.jpg

我が家で主に使っている収納ボックスは主にこの4種類です。左から、

A : 無印良品 ポリプロピレンケース・引出式・浅型
B : IKEA VARIERAボックス・大
C : Just-it コンテナ・スリム・浅型
D : 100円ショップで購入 イノマタ化学 ネームバスケット・A4

それぞれ、どういう場所や用途で使っているかというと・・・

奥行き45cmの収納棚 ・・・ A / B / D
メーターモジュール(1mを基準単位として設計)の家でない限り、多くの家は90cm=畳半間を基準に設計されているため、収納の奥行も30cm、45cm、60cmなど3の倍数が多くなります。
我が家のリビング収納と洗面室のリネン庫は、奥行45cm。あとから設置したリビングボードとキッチンのスチールラックも奥行45cmで合わせています。

奥行45cmとはいっても、背板や扉があるため実際の有効奥行(内寸)は40cm程度。それぞれのボックスの奥行は A : 37cm、B : 33cm、D : 33.5cm で、適度な余裕をもって収まります。

我が家の使用実例:
洗面室のインナー収納(B)
キッチンのカトラリー収納(A)
リビングボードのPC小物(D)

奥行き30cmの収納棚 ・・・ C
キッチンの吊戸棚やカラーボックスなどは、奥行約30cm。Cは奥行27.5cmで、これらの棚にもぴったり収まります。幅もカラーボックスにちょうど2つ並べて置けるサイズです。

我が家の使用実例:
キッチンの吊戸棚(C)

重いものならB、軽いもの専用なら C / D
IKEAのBは特にしっかりした作りで、積木のような重いものをたくさん入れてもたわみません。両サイドに持ち手もあるため持ち上げやすく、子どものおもちゃ収納にぴったりです。
一方、CやDは比較的薄手の素材のため、重いものを入れるとたわんでしまいます。

我が家の使用実例:
リビングボードのおもちゃ収納(B)

高いところなら C / D、胸の高さより下なら A / B
とはいえ、薄手の素材=軽いということ。高いところに置くなら軽いものの方が安心です。
それぞれのボックスの重さは、A : 1200g、B : 850g、C : 230g、D : 150g。我が家では、頭より高い位置になる吊戸棚にはCを使い、A / Bは低い位置で使うようにしています。

A4サイズの書類 ・・・ A / D
AとDは、A4サイズの書類がぴったり収まります。Bもサイズ表記上は収まりそうなのですが、側面が垂直でないため、底面のサイズがA4よりやや小さいので要注意です。

収納用品を買うときは、置く場所のサイズと入れたいもののサイズをしっかり測ること。
地味な作業ですが、それが収納計画を成功に導く大きなポイントだと思います。


  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。