Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

桜の季節

毎年この時期は、お散歩が楽しくて仕方ありません。

IMG_6248_t.jpg

週末の東京はとても暖かくて、桜の開花も一気に進み、絶好のお花見日和でした。
いつも週末は親子でのんびり過ごすことが多い我が家も、先週末に限っては金曜の夜は近所のお友達と、土曜は保育園の仲良しのお友達を招いてと、賑やかに過ごしました。

早いもので、今日で3月も終わり。
明日からは新年度で、息子も2歳児クラスに進級となります。

この1年で、息子はぐんと身長が伸び、自分でできることも日増しに増えてきました。
どちらかというと大人しい性格で、入園当初は遠慮がちに過ごしていたようですが、最近ではお友達と大きな声で歌をうたったり、変顔をしてみたり、すっかりやんちゃになりました。

進級組は一足早く今週から新しい教室で過ごすことになり、若干緊張している様子。
新年度を機に転園してしまうお友達や先生も何人かいて、すこし寂しかったり。
新しいクラスと新しい先生にも早く馴染めるといいなと思います。

私はといえば、なんとくじ引きで保護者会の委員になってしまいまして・・・
週末もちょこちょこ会合が入ることになりそうです。(ちょっぴり不安)

そんなこんなで、なんだかちょっと落ち着かない気分の3月。
心身を整え、新たな気持ちで4月を迎えたいと思います。


にほんブログ村 トラコミュ お花見、桜前線 お花見、桜前線



いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

家族が手伝ってくれる仕組みづくり・クローゼット編


関連記事
家族が手伝ってくれる仕組みづくり・サニタリー編
家族が手伝ってくれる仕組みづくり・キッチン編

ウォークインクロゼットの一部は、ハンガーパイプが上下2段になっています。
下段は普通はボトム類を掛けるのだと思いますが、現在は2歳の息子用のスペースに。

IMG_5667_t.jpg

上着はすべてハンガー収納、ボトムは4つ折にして引き出しに収納しています。
ここでも、先日ご紹介した無印の不織布仕切りケースが活躍中。

ハンガー収納のよさは、洗濯して乾いたらそのままたたまずに収納できるところ。
我が家の物干しスペースである浴室からわずか数歩、ただ掛けかえるだけですから、夫が先に気づいたときは取り込んでおいてくれます。これは本当に助かっています。
あと少し背が伸びたら、息子が自分で掛けることもできそう。

どんな服があるか一目瞭然なので、朝自分で着たい服を選んでくれるというメリットも。
最近は「お着替えイヤ!」な日も多いのですが、自分で選ぶとすこし気が収まるみたいです。

家事をとことんシンプルに、簡単な仕組みにしてしまえば、日々の家事が楽になるだけでなく「家族が手伝ってくれる」というおまけがついてきます。

いつも私ばかり忙しくて家族がちっとも手伝ってくれない・・・と思っていたけれど、本当は助けてあげたいと思っているのに、ただやり方がわからなかっただけなのかも。
洗濯物をたたんでしまうという作業ひとつとっても、これはこうたたんでこの棚に収納する、同じタオルでもこれとこれは収納場所が違うなど、様々な細かいルールがあります。
ひとつひとつ教えても、毎日しないのならすぐ忘れてしまうでしょう。

いかにシンプルで、わかりやすく、誰がやっても同じように結果が出せるか。
なんだか職場の業務プロセス改善タスクみたいですが、個性を認め合い、チームとしての力を最大化するという点では、家庭の運営も同じなのかもしれません。


にほんブログ村 トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい! もっと心地いい暮らしがしたい!

ベビーザらスのハンガー、我が家のタイプは廃盤のようです。今買うならこれかな。


いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

朝のリセット

朝、息子と夫が起き出すまでの1時間が、私の家事時間。前の晩に息子とおもちゃを散らかしたまま寝てしまっても、朝一番にリビングをこの状態にリセットするようにしています。

IMG_6211_t.jpg
あ、息子のレゴ作品とドナルドダックが置きっぱなしですが・・・

床とテーブルの上のものをすべて片付け、ソファとクッションを整え、部屋の換気。
小さなリビングですので、ものの5分程度でリセット完了です。

1時間後には息子が起きてきて、すぐにまたあれやこれやと散らかるわけですが・・・
それでも、1日1回部屋を整えることは私にとってとても意味のあることです。

いつもどおりに整った部屋は、不思議と心も整えてくれます。
片付いた部屋を見ることで、ますます家を好きになり、片付けのモチベーションもアップ。
「きれいな部屋って気持ちいい」と感じるから、家族も自分から片付けるように。

朝のスタートを気持ちよくしてくれる、続けていきたい習慣です。


にほんブログ村 トラコミュ もっと心地いい暮らしがしたい! もっと心地いい暮らしがしたい!

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

1台何役もこなす、すぐれもの

おろし金は、これ一台。
マイクロプレインのジャパニーズスタイルグレーターです。

IMG_6114_t.jpg

マイクロプレインというと、細身でスタイリッシュなチーズグレーターをよく見かけますが、こちらは日本の食生活に合わせて作られた万能タイプ。チーズはもちろん、生姜、にんにく、たまねぎ、大根など、いろいろな食材にこれ一台で対応できます。

水でざっと流せば、刃に詰まった繊維もするする落ちる扱いやすさも気に入っています。
食器洗浄機対応なので、丸洗いもOK。

個人的な感想としては、生姜、たまねぎ、チーズのおろし具合は二重丸。
山芋はおろすときにちょっと滑りますが、なかなかふんわりといい具合におろせます。
大根おろしは少々水が出てしまう感じ。軽く水気を絞ってから使っています。
チョコレート、ナツメグ、岩塩などもおろせるそうです。
我が家ではそんなお洒落な料理を作る機会はなかなかありませんが・・・

決して広くない我が家のキッチン。それでも、なるべくゆったり使いやすくものを配置したいから、こうして1台何役もこなせる台所道具はとても重宝しています。


にほんブログ村 トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

 我が家のものは旧タイプ。

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

家事は機械化&アウトソーシング

恥ずかしながら、平日はほとんど家事らしい家事はしていません。
朝食と夕食を作って、入浴後にお風呂場の水切りをして、洗濯機を回すくらい。

掃除なんて、たまの拭き掃除以外はルンバにまかせっきりです。
ベビーゲートも「ルンバが通れるか」を基準に選んだという・・・

IMG_6194.jpg

他にも、
洗濯は全自動洗濯機と浴室乾燥におまかせ、
食後の洗い物は食器洗浄機におまかせ、
生ゴミはディスポーザーで減量して、ゴミ出しも省力化。

なけなしの予算で新築マンションを選んだ理由は、これらの家事楽設備があるから。
自分でやらなくていいって、本当に楽! 便利な時代になりました。

ビジネスの世界では、機械化もアウトソーシングもすっかり当たり前のことになりました。
でも、家事については、家庭でやって当たり前のことなのに人に頼む・機械にまかせるなんて恥ずかしい・・・という後ろめたさが、まだまだ私たちの中にあるような気がします。

我が家の場合は、新婚当時に「掃除をどちらがやるか」で言い合いになりまして。
私が交代制を主張したところ、夫が「どちらがやるかじゃなくて、どちらもやらないっていう解決策もあるよね?」と言ってその日のうちにルンバを購入。ルンバは掃除機としては確かに高いけれど、ふたりでのんびり過ごす日曜日を買うと思えばむしろ安いくらい。
そこから、私自身家事を機械にまかせることへの抵抗がなくなりました。
ま、夫の場合は単に自分がやりたくなかっただけだと思いますが・・・(汗)

効率化で生まれた時間は、息子との時間など、より大切なことのために。
食育のためにも、食事だけは手間隙かけたいなぁと思っています。(私なりに)

会社の先輩ママさん達も、アウトソーシングを上手に活用している方が多いです。
年に数回ハウスクリーニングを頼んでいるという人もいれば、毎週土曜日の朝に掃除と洗濯をしに来てもらっているという人も。シルバー人材センターなら費用も格安だそうです。
ルンバや食器洗浄機の所持率も高く、より効率的なガス乾燥機も人気でした。

全部を100%はできないから、家事も選択と集中が必要。
もっと楽できないかなー、とひそかに試行錯誤する毎日です。


にほんブログ村 トラコミュ 家事が楽しくなるモノ・工夫 家事が楽しくなるモノ・工夫

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

カットソーの収納に便利なアイテム

無印良品週間が始まりましたね。(遅っ・・・)
春の新生活応援のためか、毎年この時期は開催期間が少し長めのようです。

2015年3月16日(金)~ 4月6日(月) 無印良品週間

カットソー類は、無印のポリプロピレンクローゼットケースに収納しています。

IMG_5139_t.jpg

多くのお片づけのプロが提唱していますが、我が家もご多聞に漏れず「立てる」収納です。
ここで使っている私的ヒットアイテムが、同じく無印の不織布仕切りケース

立てる収納が便利なのはわかっていても、薄手のものは自立しなかったり、数が減ってくると倒れてしまったりして結構面倒なんですよね。特に、無印の収納ケースは内側がツルツルしているので、隙間があると中で衣類がすべってごちゃごちゃになってしまいます。

不織布ケースを入れることで側面と底面に摩擦が生じるため、服が倒れづらくなります。
プラスチックケースに直接衣類を入れるのはちょっと・・・という方にもお勧めです。

大・中・小と3サイズあり、写真は大サイズ。
PPクローゼットケースの場合、大なら2つ、中なら3つ、小なら4つがぴったり収まります。
大は大人のトップスやパンツ類に、中は子どもの衣類収納にちょうどいいサイズ感。
かゆいところに手が届くモジュール設計の絶妙さは、さすが無印良品!

アイテム毎にひとつの不織布ケースにまとめておけば、衣替えもケースを入れ替えるだけ。
子どもの場合は、ひとつの引き出しに中サイズが3つ入るので、今使っているものを一番前に、奥の2つは大きいサイズのお下がりとオフシーズンの衣類を待機させています。

価格も2枚入りで400-600円とお手頃。
地味なアイテムですが、我が家の衣類収納の陰の立役者なのでした。


にほんブログ村 トラコミュ やっぱり好き MUJI 無印良品 やっぱり好き MUJI 無印良品



いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

無垢の家具

無垢の家具が好きです。
ダイニングテーブルとソファ、折りたたみテーブルはウォールナット無垢材で揃えました。

IMG_4902_trim.jpg

まだ小さい息子がいるのに無謀かな?とも思いましたが、思ったより手入れも楽です。

熱いものや濡れたものを置くとシミになりやすいため、普段の食事はサイトーウッドのトレイを使うことで予防しています。子どもが多少食べこぼしても大丈夫。
本当はよくないみたいですが、我が家は水拭きも気にせずしてしまいます。

定期的なメンテナンスは、2-3ヶ月に一度、乾いた布で専用のオイルを塗るだけ。
特に難しいこともなく、息子のお昼寝中に終わってしまうくらいです。
といいつつ、我が家では思い立ったとき、半年に1回くらいかも・・・

食器で引っかいてしまったり、うっかり物を落としたり、どうしても細かい傷はついてしまいますが、軽く紙やすりをかけてから専用のオイルを塗ればある程度復元できます。
残ってしまった傷やシミもそれなりに味になるので、意外に気になりません。

傷だらけになって本当にどうしようもなくなったら、最後は店に持ち込んで表面を鉋で削ってもらえばいいかなーと考えて、わりと気楽に使っています。
削れば元通りというのも、無垢ならではですね。

でも、傷にも思い出があったりして、なんだかんだこのままの予感。
お気に入りの家具が少しずつ我が家らしくなっていくのも、また嬉しいものです。


にほんブログ村 トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース



Luluさん、遅くなってすみません!リクエストいただき、ありがとうございました。

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

ものを減らす方法?

先日訊かれて、答えに詰まった質問がありました。

「ものが捨てられなくて困っている人に、ものを減らすためのアドバイスは?」

えーと、そうですね・・・あれっ?
少ないもので暮らすことをテーマのひとつとしているわりには、私自身はものを減らすためのメソッドらしきものは何も持ってないことに気がつきました。

IMG_6047_t.jpg

そもそも、無理して減らさなくてはいけないと思っていないのですよね。その人が心地よい、自分にとってちょうどよい量だと思うのであれば、それでいいと思うのです。

私だって、今ここにあるものを何かひとつ捨てなさいと言われたら困ります。
お気に入りのものもそうでないものも、何かしら理由があって持っているのですから。
少ないもので暮らしているのは結果論であって、私の暮らしの目的ではないように思います。

私が心地よいと思うのは、好きなもの・本当に必要なものだけに囲まれた暮らし。
嫌いなものや必要かどうかわからないものに手間や時間をとられるのはストレスなのです。

10年前に買った、クリステルのステンレス鍋。
8年前にイタリアで買った、カシミア100%のコート。
どれも当時の私には大きな買い物だったし、もしかしたら分不相応だったかもしれないけど、本当に欲しいと思うものを買うようにしたら、それ以上物欲がなくなりました。
それまで手元にあったものは、手放していいと素直に思えました。

そんなことを繰り返していったら、いつの間にか家の中のものが減っていきました。

誰しも、ネガティブなことにパワーを向けるのは疲れるものだと思います。
要らないものを選ぼうとすると大変。それなら、いったんそれは忘れて、これから家に入ってくるものが本当に好きなものだけになるように丁寧に吟味してみるのはどうでしょうか。
本当に気に入ったものがあれば、自然と要らないものが見えてくるかもしれません。

それでもやっぱり食器だけは捨てられない!洋服だけは全部大切!と思ったら、それは自分の「好きなもの」。無理に減らす必要はないのだと思います。
私の洋服が多くないのは、単に美人でもお洒落でもないからです・・・身も蓋もなくてすみません(汗)

ものが多くても少なくても、「持っているものは全部好き!」とはっきり言える。
私がいいなと思うのは、そういう暮らし方なのかもしれません。


にほんブログ村 トラコミュ 少ないモノで暮らす 少ないモノで暮らす

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

3/14(土) 合同セミナー開催しました

Keyさんとのコラボセミナー、昨日無事終了しました!

私にとっては初めてのセミナーで、うまくお話できるかどうか不安もありましたが、みなさん素敵な方ばかりで(そして、私自身より私のことをわかってくださってる!)、セミナー終了後のランチタイムも含め、楽しくお話させていただくことができました。中には旧ブログからご覧くださっている方もいらして、なんだかうるっときてしまいました。

お越しくださったみなさま、本当にありがとうございました。

IMG_5430_t.jpg

開催してみて思ったのは、ブログで一方的に情報発信するのとは違い、その方それぞれの悩みに直接お答えできるのがやりがいがあるなぁということ。ブログという小さなきっかけから、その方ご自身の暮らしがもっと快適になるお手伝いができればと思います。

参加者のみなさんを見送ってほっとした後は、その足で息子の保育園へお迎えに。
久しぶりに何も考えずに息子とのんびりべたべたして、家事もそこそこに寝てしまいました。
最近ちょっぴりイヤイヤが増えていた息子も、昨日は終始にこにこ。
たまにはこんな日があってもいいかな。

さて、今日は散らかった家の中のリセット、がんばります!


にほんブログ村 トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

補足記事:添い寝について

出産準備:買わなかったもの の記事にて、ベビーベッドは購入せず、息子は新生児期から親と同じベッドに寝かせていたと書きました。これについて、添い寝の危険性を指摘するコメントをいただきましたので、補足させていただきます。

ブログの本旨からは少々ずれますが、私の記事を参考になさった方に万が一のことがあってはと思い、記事としてアップすることにしました。ご興味のある方のみご覧ください。

IMG_0736.jpg

添い寝については、授乳の負担が少ない、赤ちゃんがよく眠れる、異変に気づきやすいなどの利点がある一方で、乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクが高まるとの研究もあります。
平成24年には、日本全国で152人の赤ちゃんがこの病気で亡くなったそうです。

私なりに少し調べてみました。

American Academy of Pediatrics(アメリカ小児学会)は、添い寝(bed-sharing)はSIDSの危険性を防止できるとはいえず、両親の疲労などの危険因子をすべて制御することは不可能であるとして、学会は添い寝を推奨しないとしています。特に、3ヶ月未満の乳児との添い寝、親が喫煙中・投薬中などは避けるべきとのことです。→ 原文はこちら

環境が許すならば、同じ部屋で、別のベッドで寝るというのが最も理想的なようです。

日本の厚生労働省のガイドラインでは、今のところ添い寝の危険性については言及していないようですが、寝かせ方に対する配慮の重要性を指摘しています。→ こちら

ノートルダム大のMcKenna博士は、Mother-Baby Behavioral Sleep Laboratoryというサイトで Safe Cosleeping Guidelines(安全な添い寝のためのガイドライン)を提唱しています。
硬いマットレスの上に仰向けに寝かせること、1歳未満の乳児は兄弟と一緒に寝ないことなど、いくつかの具体的な注意点が示されています。→ 原文はこちら

住宅事情や、子どもがどうしても一人で寝られないなど、添い寝を選択せざるを得ない場合もありますよね。その場合も、正しい知識があればリスクを低減することができるはず。

これから赤ちゃんを迎える方のご参考になれば幸いです。


にほんブログ村 トラコミュ 笑顔になれる子育て 笑顔になれる子育て

ami4さん、貴重な経験談をシェアくださり、ありがとうございました。
明日からは通常運転に戻らせていただきますね。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ