Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

コートを3着にしてみました

昨年まで、コートは4着持っていました。
シンプルな黒のロングコート、襟と袖にファーのついたベージュのロングコート、ベージュの薄手トレンチコートに、カーキのダウンジャケット。

私の場合、基本的に黒とベージュの2色があればほとんどの服に合わせることができます。
プラス、カジュアルな外出用にダウンジャケットが1枚あれば十分。

ベージュだけは2着あり、もともと春秋用にトレンチコート、真冬用にウールのロングコートという使い分けだったのですが、昨冬はどちらもいまひとつ着こなせていませんでした。
いずれも20代の頃に購入したもので、細身でやや流行を取り入れたシルエット。
30代半ばの今となっては、微妙に違和感が出てきてしまったのです。

買い換えるにあたり、2着を1着にできないものか・・・としばらく考えていました。
結論として、購入したのはライナーつきのクラシックなトレンチコート。

IMG_5809_t.jpg

これなら1着で春先から秋冬まで対応できます。今週の東京は冷え込みましたが、風を通さないからか、ライナーありならウールのコートに匹敵する暖かさだと感じました。

あと10年は着たいと思い、ややゆったりめのサイズを選択。30代からのコートは、あまり細身のものよりも多少ゆとりがあるくらいのほうがしっくりくるような気がします。
身ごろに余裕があるので、ベルトの締め方で雰囲気も変わります。ベルトをきゅっと締めるとドレッシーに、すとんと落とすとマニッシュに。

コートが1着減って、クローゼットも余裕ができました。
皆さんは、コート何着お持ちですか?




ブログ村ランキングに参加しています。
記事を気に入っていただけたら、下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

ごはんのようなおもちゃ

子どものおもちゃ選びについて考えているとき、こちらの文章を見つけました。

童具館: おもちゃの選び方おもちゃの与え方

曰く、おもちゃには「主食」と「おやつ」がある。
「主食」は、積み木など、地味だけれども子どもの自発性や創造力を育てるおもちゃ。
「おやつ」は、流行りものや仕掛けおもちゃ。ミニカーやキャラクターものなど。
どちらが良い/悪いではなく、バランスよく与えることが大切。

この考え方にとても共感しました。

以来、自宅にはなるべく「主食」のおもちゃを置くようにしています。
2歳になった息子のメインのおもちゃは、積み木、ブロック、木製レール、ままごとセット。
最近は、誕生日にもらったばかりのブロックで夢中になって飛行機を作っています。

IMG_5584.jpg

でも「おやつ」もやっぱり喜ぶので、大好きなトミカを1~2ヶ月にひとつののんびりペースで少しずつ集めています。今月は、ごみ収集車。クリスマスは飛行機の予定です。

小さなマンション暮らしゆえ、数多くのおもちゃを買ってやることはできません。
家のおもちゃは、白いごはんのように、素朴だけれど噛めば噛むほど味が出て、幅広い遊びを受け止めてくれるおもちゃを中心に。大きなおもちゃや音が出たりする華やかなおもちゃは、保育園や児童館でも遊ぶことができると割り切っています。

おもちゃは子どもにとって大事な栄養素のひとつだと思うので、限られたスペースとも相談しながら、上手につきあってゆきたいと思います。




ブログ村ランキングに参加しています。
記事を気に入っていただけたら、下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

1日5分のキッチン掃除

キッチンは何よりも掃除しやすいことが最優先。
そんなわけで、我が家のキッチンは、むしろそっけないくらい何もありません。

IMG_5654_t.jpg

以前はコンロ脇にソルト・ペッパーミルだけ出していましたが、ちょうど引き出しのサイズに合うものを見つけたので、それも片付けてしまいました。

寝る前のキッチンは、だいたいいつもこの状態。
一通り台所仕事が終わったら、セスキ水とお湯でぬらした台ふきんでコンロと調理台まわりをざっとひと拭き。その日のうちなら、たいていの油汚れや水垢は簡単に落ちます。
小鍋に翌日の味噌汁の出汁だけ準備し、ふきんを漂白剤につけて終了。
ここまで正味5分くらいでしょうか。

もう習慣になってしまっていることもあり、1回5分ならたいして苦になりません。
それでも、5分×365日=30時間。30時間分の掃除を年末の大掃除で片付けようと思ったら、きっと大変。油汚れは、時間がたつほど落ちにくくなりますし。

汚れが軽いうちにこまめに掃除するのが実は一番楽で気持ちいい、と思います。


ブログ村ランキングに参加しています。
記事を気に入っていただけたら、下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

図書館通いのたのしみ

本は好きですが、「本棚」はありません。
リビングの収納棚の一段が我が家の小さな本棚。ほとんどが夫の仕事関係の本です。

コレクションしだすと際限がなくなることを自覚しているので、何度も読み返したい本以外は読み終えたら手放すようにしています。ここしばらくはAmazonで購入して古本屋へ、が定番でしたが、最近また、息子との散歩がてらに図書館通いを始めました。

IMG_5426.jpg

最近の図書館ってすごいですね。
以前は館内の専用端末からしかできなかったと思いますが、ネットで自宅から蔵書検索・予約ができ、しかも入荷をメールで知らせてくれます。読みたい本は前もって予約しておき、館内では子どもの本のコーナーでのんびり。最後に予約本を受け取って帰宅します。

図書館のいいところは、「ちょっと気になる」くらいの本も気軽に手に取れること。Amazonでピンポイントで必要な情報を手に入れるのとはまた違った楽しみがあります。

息子がどんな本を選ぶのかにも興味津々。(今のところトミカ図鑑に釘付けですが・・・)
願わくば、息子も本好きに育ってくれますように。




ブログ村ランキングに参加しています。
記事を気に入っていただけたら、下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

家族が手伝ってくれる仕組みづくり・サニタリー編

オーガナイズの考え方で特に好きなのは、個々の違いを認め、その人の考え方や行動特性に合った整理のしかたを提案していくというところ。こういう物はこう収納するといいですよ、という「正解」はなく、あくまでその人が快適に思えるかどうかなのです。

私と夫も、基本的にはきれい好きだと思いますが、タイプはまったく違います。
私は、オーガナイズ理論で言うと左左脳、隅々まできちんと整っていることが好きで、かつ、こつこつと計画的にそれを実行できるタイプです。対する夫は右左脳、見た目にはこだわり、やる時はとことん完璧にやりますが、普段からちまちまと時間をかけるのは嫌い。

共働きで頼れる親族も近くにいない我が家では、夫の家事協力は死活問題です。ですが、私のやり方をそのまま夫にも要求すると、あまりにも面倒=やりたくない、となってしまう。
そこで、夫にいかに気持ちよく家事をしてもらうかを第一に考えるようになりました。

たとえば、洗面所の収納。

IMG_5631_t.jpg

我が家は、自分のものは自分で洗濯、息子のものは気づいたほうがする、というルールです。
夫ができる限り楽にできるよう、洗濯機の真正面の棚に家族の下着類を収納しました。
一番下は洗濯かご。洗濯から収納まで、一連の作業が一歩も動かずにできます。

箱ごとに夫のもの、私のもの、息子のものと分けており、夫の箱はさらに1アイテム1ボックスとなるよう細かく分けています。洗濯が終わったら畳まずにぽんぽんと投げ入れるだけ。
それでも、中身の見えないボックスなら見た目にはなんとなくすっきり。
もちろん夫の箱は一番使いやすい腰高のゴールデンゾーンに。

私は、自分の箱の中は心ゆくまで整えますが、普段は夫の箱の中がどんなにぐちゃぐちゃでも気にしない。たまーに余裕があるときに引き出して畳みます(自己満足のため)。

収納を整えたことで、お互いにストレスなく過ごせるようになりました。
オーガナイズって面白い、奥深いなぁと思います。




ブログ村ランキングに参加しています。
記事を気に入っていただけたら、下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

今週の作り置き

作り置きを心がけるようになって、ずいぶん食事の支度が楽になりました。
無理のないペースで続けていけたらいいな、と思います。

- きんぴらごぼう
- さつまいもの甘煮

IMG_5596_t.jpg


ブログ村ランキングに参加しています。
記事を気に入っていただけたら、下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ

白黒キッチンスポンジ

シンプルな白や黒のスポンジって、需要は多いと思うのですが、あまり見かけません。
無印、KEYUCA、有元葉子さんプロデュースのラバーゼなど、いろいろと試してきましたが、なかなか自分に合うものが見つかりませんでした。どうも、ごしごし力を入れて洗ってしまう癖があるようで、繊細なものだと1ヶ月ともたずに駄目にしてしまうのです。

やっと見つけた、私にとってベストなキッチンスポンジ。

IMG_5241.jpg

スーパーでもよく見かける、おさかな型のスポンジ。
緑や青などカラフルなイメージでしたが、こんなシンプルな黒もありました。
ただし、研磨材入りのハードタイプなので繊細な食器には向きません。基本は食洗機におまかせ、スポンジは鍋などのハードな汚れ落とし中心に使う我が家にはぴったりです。
スポンジはやや固めで弾力があり、ごしごしと酷使してもへこたれません。

黒は近所ではほとんど見かけないため、毎回ネットでまとめ買い。
見た目も使い勝手も好みのキッチン雑貨があると、家事が楽しくなります。




ブログ村ランキングに参加しています。
記事を気に入っていただけたら、下のバナーをクリックいただけると嬉しいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(プロ・アドバイザー)へ