Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

藤子・F・不二雄ミュージアムと、駐車場のこと

冬休みですね!
が、私はまだ決着していない年内の仕事があり、休みに入った気が全然しません・・・
(日本のオフィスのカレンダー上は、今週からもう休みなのに)

先月から仕事の担当が変わり、責任も重くなりました。私なりに頑張っているつもりですが、うまくいかないなぁ、全然歯が立たないなぁと落ち込むことばかりです。今抱えている課題をなんとかあと2日で解決して、元旦はすっきりした気持ちで迎えられるといいな。

そんな落ち着かない中ではありますが、はじめての冬休み!とうきうき気分の息子を連れて、家族で川崎市の藤子・F・不二雄ミュージアムに行ってきました。それほど大きな施設ではないようだし、とあまり期待せずに出かけたのですが、とても楽しかったです!

IMG_20191222.jpg

到着してまず一番に感じたのが、スタッフの方がみなさん素晴らしく感じがいいこと。
誘導の警備員さんまでも、ディズニーランドのキャスト並みに教育されていると感じました。
それに建物がまだ真新しくて、とても綺麗。トイレなども最新式で清潔です。

入場は時間指定制(完全入替ではありません)でスムーズに入館でき、混雑具合もまずまず。
展示室は小一時間で見て回れるくらいですが、企画展では連載第1話の原画が展示されており、大人も楽しめました。読者の年齢層に合わせて掲載誌ごとに話を描きわけていたというのには驚きました。本当に天賦の才があって、そして努力の人だったのでしょうね。

展示室以外にも、ミニシアターがあったり、漫画が自由に読めるコーナーや、どこでもドアや土管があるお庭があったりで、小さな子どもから大人まで楽しめるつくりになっています。

唯一の難点が、交通の便があまり良くなく、近隣に駐車場もないこと。
基本的には、最寄り駅(小田急線または南武線登戸駅)からバスでのアクセスになります。
前回夫と息子だけで行った時は、うっかり車で行って駐車場探しに苦労したとのこと。今回は電車にする?と言っていたところ、夫がこんな便利なサービスを見つけてきました。

IMG_20191223.jpg

akippa(あきっぱ)というオンライン駐車場予約サービスです。ごく普通のマンション等の空きスペースが駐車場として登録されていて、事前にアプリで予約と決済を完了し、当日は現地へ行って指定のスペースに駐車するだけ。いわゆるシェアリングエコノミーですね。

ただでさえ駐車場が少ないエリアで事前に予約までできるなんて、素晴らしい!
価格も近隣のコインパーキングより割安だったそうです。貸す側も、駐車番号のパネルを設置するだけで設備の導入などは不要そうでしたし、もっとあちこちに広まるといいなぁ。

そんなわけで、careco(カレコ)で借りたカーシェアの車をakippaの駐車場に停めて、いまどきのシェアリングエコノミーの恩恵にあずかった週末のお出かけだったのでした。

子どもとおでかけ♪ 子育てブログ・テーマ 子どもとおでかけ♪
持たない暮らし ライフスタイルブログ・テーマ 持たない暮らし

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ



このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

旅の荷物もコンパクト&「いつもと同じ」が好き


関連記事
心地よいスモール・スペースの秘密は、空間のメリハリ
子連れ旅行@6歳:メルボルン(持ちもの編)

旅の荷物、機内に持ち込むものについてご質問いただきました。
先日の出張の際、私の機内持ち込み荷物はこんな感じ。機内持ち込みサイズのリモワのスーツケースと、なんでも入る布製の大きめトートバッグ、温度調節用のストールです。

IMG_20191107.jpg

スーツケースは空港で預けず、機内に全部持ち込む派です。
というのも、昔はじめてひとりでアメリカへ出張した際、乗継ぎのシカゴで乗継便が飛ばず、夜のシカゴ空港に放り出されてしまったことがあり・・・化粧品や洋服などほとんどすべてを預けたスーツケースの中に入れていたため、とても心細い思いをしたことがあったのです。
それ以来、基本往路は直行便!かつ荷物はできる限り機内に全部持ち込んでいます。
日本からの旅行者のおばさまグループにご一緒させてもらい、なんとか無事ホテルを確保&移動できました・・・

トートバッグは、普段から休日にたまに使っているもの。
機内では、化粧品やノートパソコンなどすぐに使いたいものを入れて足元に置いておきます。現地で街をぶらぶらするときにも、カジュアルなトートがひとつあると便利です。
貴重品は肩掛けにもできる小さなポシェットにまとめて、このバッグの中へ。

仕事用のバッグは、普段使っている通勤用の鞄のうち、折りたためるトート型のものをスーツケースの中に入れていきます。ノートパソコンがぎりぎり入るサイズで、あまり大きすぎないもの。現地での通勤とちょっとあらたまったお出かけには、こちらを使います。

食器に「お客様用」がないように、旅の荷物にも「旅行用」のものはほとんどありません。
旅先でもいつものものが使いやすく、普段どおりに気負わず過ごすことができます。

けふこさん、すっかりお待たせしてしまいました!ご参考になれば幸いです。

ミニマリスト・旅 ライフスタイルブログ・テーマ ミニマリスト・旅

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

すっきりした暮らしの秘訣は、ほんの小さなこと


関連記事
ものを増やさないための買い方
ものを減らす方法?

一時期「ミニマリスト」という言葉が流行しました。
50平米の狭小1LDKに3人暮らしということで、我が家も取材を受けることがあったのですが、いらした記者さんは「意外と普通の家庭と同じものがあるんですね」と。

それもそのはず、我が家にはダイニングテーブルもソファもベッドもあります。
テレビはないけれど、大画面で楽しめるプロジェクターもあります。
ミニマリストといえばソファも何もないすっきりとしたリビング、ベッドは持たず何なら布団のかわりに寝袋生活・・・というイメージからは、かけ離れた部屋だったと思います。

記者さんは「でも、なぜか普通の家と違う。すっきり感じますね」とおっしゃっていました。

IMG_20190812.jpg
メルボルンで滞在したアパートメントのリビング。我が家より家具は多いけれどすっきりとした印象を受けます。

たぶん、我が家がすっきり見えるわけは、こまごました実用品の量が少ないこと。
それって、実は毎日のほんの小さな心がけの積み重ねだったりします。

自分(家族)が選んだもの以外は、家に持ち込まないこと
粗品でいただくボールペンやラップフィルムなど。消耗品とはいえ、いつもの定番品と違うと微妙に使い心地が悪かったり、そのために結局使わずそのままになってしまったりします。
たとえ消耗品でも、自分が好きで選んだもの以外は家に入れないよう気をつけています。

予備や洗い替えは、できる限り持たないこと
たとえば我が家には、寝具は1セットのみ。洗い替えはありません。子ども服は上下6セット。洗濯乾燥機を使えば会社に行っている間か夜の間に1日で乾くから、それで十分なのです。
たまにシーツを汚して困ることもありますが、そんな時はバスタオルでも敷いておけば平気。いざという時のために普段の暮らしを圧迫するのは勿体ないという考えです。

平面には、ものを置かないこと
テーブルの上など、平面にこまごまとしたものが並んでいると雑然とした印象になります。
紙類などは未決済のものも含め置き場を決めて、平らな部分は常にすっきりさせておくように気をつけています。それでも、普段は子どもの作品などが散らかってしまいますが・・・

不要になったら、なるべく早く手放すこと
子ども用品や洋服など、ある時期は大のお気に入りでも次第に使わなくなるものもあります。
そんな時は、できるかぎり早く手放すこと。不要なものが家の中にあるほど無駄なことはありません。まだ使えるものをゴミ箱に入れるのは偲びないため、私はリサイクルショップなどを活用しています。早くきれいな状態で持ち込めば、思いがけず高値がつくことも。

どれも、ひとつひとつは日常生活でできるほんのちょっとしたこと。
ソファやベッドのような大物を諦めなくても、すっきりした暮らしは作れる、と思います。

ミニマリストな生活 & シンプルライフ ライフスタイルブログ・テーマ ミニマリストな生活 & シンプルライフ
狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース ライフスタイルブログ・テーマ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

ものを持たずに、キャンプを楽しむ その2


関連記事
子連れ旅行@6歳:森のまきばオートキャンプ場
ものを持たずに、キャンプを楽しむ

今回のキャンプでは、テント一式をレンタルしてみました。
これがとっても便利で快適で、大正解でした!

IMG_20190718.jpg

利用したのは、キャンプギア&キャンピングカーレンタルを専門に扱うTENTALさん。
一緒にキャンプセットは経験者と同行して楽しむためのセットで、テント、インナーマット、テーブル、椅子、寝袋、ランタンと必要なアイテムがひと通り揃い、料金もお手頃です。

テントはノースフェイスのKaiju4、椅子はヘリノックスのコンフォートチェア、テーブルはDOD、ランタンはジェントス、寝袋はモンベルのものが2つとDODのものが1つでした。
ヘリノックスのチェアは一度使ってみたいと思っていたもの。思った通り体を包み込むような快適さで、組み立ても簡単だったので、欲しくなってしまいそうです。

森のまきばオートキャンプ場はTENTALの提携キャンプ場のため、前日に現地へ直接配送。
帰りも受付でそのまま宅配便の発送をお願いすることができて、とても身軽でした。

レンタルといっても適当なものでなく、お洒落で機能性も高い最新のギアが揃っているから、これからキャンプ用品を購入しようという時にお試しでいろいろ使ってみるのも良さそう。
人気のスノーピークやノルディスクのテントも借りることができます。

実は、以前にも一度予約していて、天候のため直前でキャンセルになってしまったのですが、そのときの対応がとても迅速丁寧で、キャンセル料金も良心的でした。キャンプはどうしても天候に左右されるものですから、こういう部分の対応のよさも大切だなぁと感じます。

何度も行くなら購入してしまった方が安いのかもしれませんが、我が家はライトキャンパーのため、買ったはいいが数回しか使わなかった・・・ということにもなりかねません。それに、家族でホテルに泊まると思えば、入場料+テントレンタル代でもむしろ安いくらい。

1LDK、余分なスペースなしの我が家では、もうしばらくレンタルで楽しもうと思います。

にほんブログ村テーマ 子連れでアウトドアへ 子連れでアウトドア
にほんブログ村テーマ オートキャンプを楽しもう!!へ オートキャンプを楽しもう!!

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

   

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

私に必要十分な、小さな裁縫セット


関連記事
入学準備品いろいろ
家事は機械化&アウトソーシング

子どもの服や小物をささっと手作りできたら素敵だなぁと思うけれど、さっぱりできません。
そんな我が家にあるものといえば、この手のひらサイズの小さな裁縫セットだけ。

IMG_20190610.jpg

もうどこで買ったかも忘れてしまいましたが、10年以上前から我が家にあります。
私が家でなにか縫い物をするとしたら、ちょっとしたほつれ直しかボタンつけくらい。
最低限、針と糸だけあればそれで十分なのです。

この裁縫セットは、いろいろな色の糸が編み合わさっていて、必要な1本だけを引き抜くことができます。小さいですが、針2本と糸通しもちゃんとついています。鋏は家にある適当なものを持ってくれば十分だし、使わないほうの針や安全ピンをまち針代わりに使うこともできます。
よくある携帯用の裁縫セットと違って、糸が太くコシがあるのも気に入っています。

好きなものはちょっと多めでもOK、そのかわり、苦手なものは最小限。
そんな自分サイズの暮らしは、なかなか気楽で快適です。

にほんブログ村テーマ コンパクトライフへ コンパクトライフ
にほんブログ村テーマ ちょうどいい暮らしへ ちょうどいい暮らし

記事を書くにあたり検索してみたら、ありました!糸メインの商品だったのですねー。なんだか納得。


ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」