Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

40歳からは、毎日「好き」に囲まれて暮らしたい

40歳を迎えて、これから先の人生ってそう長くないなぁと最近ときどき思うのです。
80歳まで元気で生きられるとして、あと半分。すでに折り返し地点です。

いつかは・・・、将来は・・・、なんて言っている時間は、もうありません。
仕事も、ものも、日々のあれこれも、自分が「好き!」と思うものに素直に貪欲に過ごしたいと、これまで以上に思うようになりました。

IMG_20190508.jpg

毎日朝晩使う食器は、リチャードジノリとロイヤルコペンハーゲン。
トーストとか焼き魚とか野菜を切って盛り合わせただけとか、たいした料理ではないけれど、お気に入りの食器に載せれば、それだけで食事のたびにちょっといい気分です。

いつかお客様が来たときに・・・と大事にとっておいたら、そう何回も使わないうちに一生が終わってしまいそう。だから好きなものは我慢せず、いま、自分で使います。

洋服も、自分が好きな、身につけて心地いいものだけ。たくさんはいりません。

IMG_20190509.jpg

なんだか同じような色や形ばかりになってきましたが、それが私のスタイルってことかも。
洋服は長く着ると痛んでくるから、器のように一度買ったらずっと同じものをというわけにはいかないけれど、歳を重ねて少しずつ自分らしい選び方がわかって来た気がします。

ちょっとわがままなくらい、毎日好きなものに囲まれて、やりたいことをして、それらが私を形づくっていく。そんな1日1日を積み重ねて暮らしていきたいなと思います。

にほんブログ村テーマ ミニマリストな生活 & シンプルライフへ ミニマリストな生活 & シンプルライフ
にほんブログ村テーマ 明日のためにできるシンプルなことへ 明日のためにできるシンプルなこと

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

   

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

子どもの靴下の数


関連記事
鍋の数
カトラリーの数

子どもの靴下や肌着の数は、6枚を目安に揃えることに決めています。

IMG_20181108.jpg

先日無印良品でまとめ買いした子ども用靴下も6足。
肌着は写真には2枚しか写っていませんが、同じく6枚まとめ買いしました。

男の子だからかもしれませんが、息子は服に合わせて靴下を選ぶといったこだわりはまだないため、基本的には洗濯が間に合うだけあればいいという考え方です。冬場でも2日に1回は洗濯するので、本来なら最低3足あればよいのでしょうが、公園で遊んで派手に汚したり、保育園に着替えとして持って行ったりすることもあるため、すこし多めに6足としています。

いずれも、ある程度痛んだりサイズアウトした時点でまとめて新しいものに入れ替えます。
この枚数でも、着替えがない!!となったことは今のところ一度もありません。

無印の靴下や肌着は、頻繁に洗濯しても型崩れせず、シンプルで丈夫なのでお気に入り。
息子がまだよちよち歩きの赤ちゃんの頃から、ずっと愛用しているアイテムです。

にほんブログ村テーマ モノを少なく、シンプルに暮らしたいへ モノを少なく、シンプルに暮らしたい

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

好きなものを買いながら、小さく暮らす


関連記事
買うまでが買い物です
ものを減らす方法?

柴田義信商店の曲げわっぱの弁当箱を買いました。

IMG_20181106.jpg

以前から憧れていたのですが、洗剤をつけずにクレンザーとタワシで洗うとか、丸1日しっかり乾かさないといけないとか、使いこなせるかどうか不安で、ずっと迷っていたもの。
息子用に買ったウレタン塗装の曲げわっぱの弁当箱(こちらは普通に中性洗剤で洗えます)が思ったより良くて、結局私もそればかり使っているので、思い切って買ってしまいました。

箱から出してそっと触ってみると、驚くほど滑らかで、いい香り。そして軽いです。
これ以上ないくらいシンプルなのに、赴きのある佇まい。
美味しいものを詰めて、丁寧に扱いたくなります。

* * *

私たちの暮らしは、衣食住は十分足りているけれど、やっぱり買い物は楽しいし、世の中には素敵なものがたくさんあるから、暮らしていると少しずつものは増えてしまいます。

毎日使うものが「私」をつくると思うから、適当に選んだものや誰かがいいと言っていたものではなくて、自分が本当にいいなぁとしみじみ思うものだけを家に入れるようにしたい。
そういうものはたいがい私にとっては高価なので、たくさんは買えません。
だから、ものが増えすぎて困るということもありません。

たくさん買ってたくさん捨てるのは、時間もエネルギーも必要で、大変です。
心から好きだと思えるものを、ほんの少しだけ、何年でも妥協せず選んで、少しずつ家の中を自分らしく心地よいもので満たしていけたらいいなと思います。

にほんブログ村テーマ コンパクトライフへ コンパクトライフ
にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ シンプルで豊かな暮らし

ブロッコリーの芯の食べ方についての質問にたくさんコメントいただき、嬉しいです。ありがとうございます!
ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

必需品はストックする、嗜好品はストックしない


関連記事
管理を手放す ストックの適正量は?
食品ストックを持ちすぎない

食品から日用品まで、どんなものをストックしていますか?
ストックする or しないの基準は何ですか?

私の基準は、「生活必需品はストックする、嗜好品はストックしない」です。

IMG_20180905.jpg

例えば、炭酸水。夫も私も好きでよく飲むのですが、自宅にはストックしていません。
まとめ買いのほうが安いからと、過去にストックしてみたこともあったのですが、

・ 1ケース買うと、保管するのにそれなりのスペースが必要
・ 冷やしておくにも、冷蔵庫の場所を取る
・ たくさんあると思うとつい気軽に飲んでしまい、結局節約にならない

ということに気づいてからは、やめてしまいました。
飲みたくなったら、マンションの隣の自動販売機でよく冷えた炭酸水が100円で売っています。そうするとなんとなく口さみしいくらいの時は買いに行かないから、トータルの出費はむしろ抑えられていると思います。保管スペースもいらなくなって、部屋もすっきり。

とはいえ、一切ストックしないかというとそうではなく、これがなくなったらたちまち困る!という生活必需品は、不測の事態に備え、ある程度ストックするようにしています。

 ミネラルウォーターは必需品、炭酸水やジュースは嗜好品。
 米は必需品、シリアルやお菓子は嗜好品。
 塩や醤油は必需品、マヨネーズやケチャップは嗜好品。
 トイレットペーパーは必需品、ウェットティッシュは嗜好品。

前者は+1個をストック。後者はなくなってから必要な時に買うので、家にない時もあります。
必需品の範囲は生活スタイルによって様々だと思いますが、我が家はこんな感じです。

いつも使っているからと当たり前のようにストックしているものも、「それって本当にないと困るもの?」とあらためて考えてみると、本当の必需品は案外少ないかもしれません。

にほんブログ村テーマ 少ないモノで暮らすへ 少ないモノで暮らす
にほんブログ村テーマ ミニマリストの持ち物へ ミニマリストの持ち物

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ



このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

洋服の必要枚数を考えてみました


関連記事
ハンガーの総入れ替え。我が家の必要本数は?
ワーキングマザーの靴の数

最近、服の持ち方を見直したいなぁと考えています。

私の日常着の枚数は、春夏/秋冬それぞれでトップス+アウター25着、ボトムス15着ほど。
決して多くないと思いますが、それでもシーズンに1-2回しか袖を通していない服もあります。

IMG_20170703.jpg

原因を考えてみると、
・ 育休中に買い足したカジュアル服を着て行く機会が減った、似合わなくなった
・ ややデザインが入っているもので、少し飽きてきた
というのが主な理由のように思います。

今本当に気に入っている、よく着る服だけ残して、少しクローゼットの中身を入れ替えたい。
でも、必要な枚数ってどのくらいなのでしょうか?

1年は365日。うち平日が7分の5と計算すると260日、休日が105日ほどです。
春夏秋冬のシーズンで分けると、これを4で割って、平日が約65日、休日が26日。
シーズン中、上下の組み合わせが同じ日が1回もないようにするとしても、

 平日: トップス8着 x ボトムス8着 = 64通り
 休日: トップス5着 x ボトムス5着 = 25通り


でおおよそ足りてしまいます。シーズン毎に上下各13着でよいって、結構少ないですね。

実際にはこれにアウターやジャケットなどが入ってもう少し増えるとは思いますが、そのぶん組み合わせの数も増えるので、トップスとボトムスの数はこれより少なくて良さそうです。
ただし、これを可能にするにはすべての服がほかの服と組み合わせられることが条件のため、やはりある程度シンプルな色・形のもので揃えることが前提になりますね。

シーズン毎に各13着と考えて、手持ちのお気に入りの服を引き続き活用すれば、上下それぞれ2-3着入れ替えるだけでかなりコーディネートがリフレッシュできそう。

来月下旬には秋冬用の服もクリーニングから戻ってくるので、ちょっと秋冬のクローゼットの更新計画を考えてみようかな、と思います。

にほんブログ村テーマ 40代からの似合う服と小物の選び方へ 40代からの似合う服と小物の選び方
にほんブログ村テーマ 少数精鋭で着回すコーディネートへ 少数精鋭で着回すコーディネート

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」