Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

必需品はストックする、嗜好品はストックしない


関連記事
管理を手放す ストックの適正量は?
食品ストックを持ちすぎない

食品から日用品まで、どんなものをストックしていますか?
ストックする or しないの基準は何ですか?

私の基準は、「生活必需品はストックする、嗜好品はストックしない」です。

IMG_20180905.jpg

例えば、炭酸水。夫も私も好きでよく飲むのですが、自宅にはストックしていません。
まとめ買いのほうが安いからと、過去にストックしてみたこともあったのですが、

・ 1ケース買うと、保管するのにそれなりのスペースが必要
・ 冷やしておくにも、冷蔵庫の場所を取る
・ たくさんあると思うとつい気軽に飲んでしまい、結局節約にならない

ということに気づいてからは、やめてしまいました。
飲みたくなったら、マンションの隣の自動販売機でよく冷えた炭酸水が100円で売っています。そうするとなんとなく口さみしいくらいの時は買いに行かないから、トータルの出費はむしろ抑えられていると思います。保管スペースもいらなくなって、部屋もすっきり。

とはいえ、一切ストックしないかというとそうではなく、これがなくなったらたちまち困る!という生活必需品は、不測の事態に備え、ある程度ストックするようにしています。

 ミネラルウォーターは必需品、炭酸水やジュースは嗜好品。
 米は必需品、シリアルやお菓子は嗜好品。
 塩や醤油は必需品、マヨネーズやケチャップは嗜好品。
 トイレットペーパーは必需品、ウェットティッシュは嗜好品。

前者は+1個をストック。後者はなくなってから必要な時に買うので、家にない時もあります。
必需品の範囲は生活スタイルによって様々だと思いますが、我が家はこんな感じです。

いつも使っているからと当たり前のようにストックしているものも、「それって本当にないと困るもの?」とあらためて考えてみると、本当の必需品は案外少ないかもしれません。

にほんブログ村テーマ 少ないモノで暮らすへ 少ないモノで暮らす
にほんブログ村テーマ ミニマリストの持ち物へ ミニマリストの持ち物

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ



このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

洋服の必要枚数を考えてみました


関連記事
ハンガーの総入れ替え。我が家の必要本数は?
ワーキングマザーの靴の数

最近、服の持ち方を見直したいなぁと考えています。

私の日常着の枚数は、春夏/秋冬それぞれでトップス+アウター25着、ボトムス15着ほど。
決して多くないと思いますが、それでもシーズンに1-2回しか袖を通していない服もあります。

IMG_20170703.jpg

原因を考えてみると、
・ 育休中に買い足したカジュアル服を着て行く機会が減った、似合わなくなった
・ ややデザインが入っているもので、少し飽きてきた
というのが主な理由のように思います。

今本当に気に入っている、よく着る服だけ残して、少しクローゼットの中身を入れ替えたい。
でも、必要な枚数ってどのくらいなのでしょうか?

1年は365日。うち平日が7分の5と計算すると260日、休日が105日ほどです。
春夏秋冬のシーズンで分けると、これを4で割って、平日が約65日、休日が26日。
シーズン中、上下の組み合わせが同じ日が1回もないようにするとしても、

 平日: トップス8着 x ボトムス8着 = 64通り
 休日: トップス5着 x ボトムス5着 = 25通り


でおおよそ足りてしまいます。シーズン毎に上下各13着でよいって、結構少ないですね。

実際にはこれにアウターやジャケットなどが入ってもう少し増えるとは思いますが、そのぶん組み合わせの数も増えるので、トップスとボトムスの数はこれより少なくて良さそうです。
ただし、これを可能にするにはすべての服がほかの服と組み合わせられることが条件のため、やはりある程度シンプルな色・形のもので揃えることが前提になりますね。

シーズン毎に各13着と考えて、手持ちのお気に入りの服を引き続き活用すれば、上下それぞれ2-3着入れ替えるだけでかなりコーディネートがリフレッシュできそう。

来月下旬には秋冬用の服もクリーニングから戻ってくるので、ちょっと秋冬のクローゼットの更新計画を考えてみようかな、と思います。

にほんブログ村テーマ 40代からの似合う服と小物の選び方へ 40代からの似合う服と小物の選び方
にほんブログ村テーマ 少数精鋭で着回すコーディネートへ 少数精鋭で着回すコーディネート

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

「本当に気に入ったものだけを買う」ためにしていること


関連記事
ものを増やさないための買い方
買うまでが買い物です

先日、来客時に小皿が多めに必要になって、久しぶりに食器を買い足しました。

IMG_20180412.jpg

ロイヤルコペンハーゲンの11cmミニプレート、手のひらサイズです。

これまで我が家には小皿は4枚しかなく、夫がひとり暮らしの頃から使っていたものでした。
いつか買い替えたいなと思いつつ、なかなか今!というタイミングがなく数年経過・・・
必要に迫られて、ようやく今回買い替えとなりました。

ものを買うときは、
1. 必要になったときに買う(どんなに素敵でも、必要のないものは買わない)
2. どんなものが自分の好みか、あらかじめリサーチしておく

ようにしています。

家具や食器などの大物から、調味料や洗剤などの日用品まで。これいいな!と思ったら頭の中にメモしておいて、今使っているものが壊れたりなくなったりしたタイミングで新しいものを買います。だから、頭の中には数年越しの「いつか買うものリスト」が常にあります。

「気に入る」の基準は、私の場合、見た目 × 機能性
どちらかだけでは本当の「お気に入り」にはならないので、雑誌などを見ていいな!と思っても、頭の中のメモにとりあえず入れて、実際に買うまでにじっくり吟味します。

今回の場合、最初にいいな!と思ったのは、母が使っている有田焼の十草模様の小皿でした。
次に惹かれたのは、古伊万里。骨董屋で好みの柄を一枚ずつ揃えるなんて素敵です。
見た目はこの上なく好みですが、さて、機能性という観点ではどうだろう?

図表 ものを買う

うーん、古伊万里は当然食洗機不可ですし、有田焼は材質的にはいけそうですが、薄手なので欠けなどが心配です。古伊万里は、1枚ずつ揃えるとなると食器棚への収まりも気になる。

特に買い替えの場合は、今使っているものとの比較も重要です。
今までより見た目が良くなれば使うたびに嬉しくなり、機能性が高くなれば楽になりますが、見た目がよくても機能性が劣れば面倒になり、結局あまり使わなくなってしまいます。
今使っている小皿は食洗機OKだから、この買い物はちょっと危険かも・・・

そこで、十草模様と似た雰囲気(白に藍色)で、食洗機対応も含めて取り扱いがしやすいものということで、最終的にロイヤルコペンハーゲンの和柄風のものを選びました。
和食器に比べて厚手で食洗機にも気にせずかけられるので、毎食のように活用しています。

古伊万里は、もう少し時間と心に余裕ができたときのお楽しみにとっておくとして。
たくさん使えて、使って嬉しい「お気に入り」を見つけることができました。

にほんブログ村テーマ 日々の暮らしをシンプル&豊かにへ 日々の暮らしをシンプル&豊かに
にほんブログ村テーマ モノを少なく、シンプルに暮らしたいへ モノを少なく、シンプルに暮らしたい

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

不要なものを手放す・買取サービスを比較してみました (3) リサイクルショップ


関連記事
不要なものを手放す・買取サービスを比較してみました (1) コメ兵
不要なものを手放す・買取サービスを比較してみました (2) ブランディア

大手のブランド買取サービスを複数利用してみた結果気がついたのは、やはり衣類の買取りは地域密着型の小規模リサイクルショップが最強では?ということ。

IMG_20170703.jpg

(3) 小規模リサイクルショップ

・ ブランド名だけでなく「今、売れるかどうか」が査定のポイント
・ 趣味が合うと、マイナーブランドでもそこそこ高く買い取ってもらえる
・ 使用感のあるものや季節外ものは断られる場合も

街にある、元アパレル系のオーナーが経営しているのかな?というような小規模のリサイクルショップ。お住まいの街やよく買い物にいく街にあれば、ぜひ一度のぞいてみてください。

私は、以前住んでいた家の近くにあったため、ときどき買取をお願いしていました。
その店の扱う商品は、私自身が「いいな」と思うものが多くありました。若い女性に人気の街だったので、おそらく、その店の購買層と私のファッションが近かったのだと思います。

こういう店の場合、お店の購買層と自分の趣味が一致すると、比較的高値で取引ができる気がします。セオリーのシンプルなスーツや、人気のセレクトショップのワンピースなどは、状態が良いものなら 1,000円以上の値段がつくこともありました。「その店で売れるかどうか?」という基準でオーナーが1点1点丁寧に見て、判断しているように思います。

一方、小規模ゆえに在庫を持つのは嫌がるようで、今すぐ売れるか?が何より重要。
使用感があるもの、季節外のものは断られることもありました。特に、靴は有名ブランドでも少しでも履いた跡があるとNGでした。(ブランディアでは数百円の値段がつきました)

しばらくは気に入ってよく利用していましたが、引越しとともに遠くなってしまい・・・
こういう店の難点は、個人経営だけに、なかなか近所で見つけづらいことですね。でも、もし近くにあればとてもラッキーなので、利用しない手はない!と思います。

いずれも、本当に高値で売ろうと思ったら、メルカリなどの直接取引には敵いません。
でも、個人取引は何かと面倒に感じる私のようなタイプには、まとめて取引できる買取業者がやっぱり便利。今後は、各店の特色を活かしつつ、うまく使い分けてみたいと思います。

にほんブログ村テーマ 捨てる。へ 捨てる。
にほんブログ村テーマ ガラクタ捨てれば自分が見える?へ ガラクタ捨てれば自分が見える?



ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

不要なものを手放す・買取サービスを比較してみました (2) ブランディア


関連記事
不要なものを手放す・買取サービスを比較してみました (1) コメ兵

次に利用したのは、ブランディア。こちらは、発送手続きが簡単、査定に納得がいかない場合はキャンセル&返送も無料ということで、試しに宅配買取を依頼してみました。

IMG_20180218.jpg

(2) ブランディア
https://brandear.jp

・ ハイブランド品以外も、そこそこの価格で買い取ってくれる。
・ 衣類の査定価格はかなり低め。セレクトショップ系は評価対象外?

ブランディアの宅配買取手続きは、本当に簡単・スムーズでした。
Webから申し込むとすぐにダンボールが届き、発送するまで定期的にメールでリマインドまでしてくれます。発送後、1週間程度でWeb上で査定結果を確認することができます。

結果、コメ兵で値段のつかなかったアニヤ・ハインドマーチのトートバッグは1,400円。
その他、デパートやセレクトショップで購入した服も何点か入れましたが、ほとんどが10円〜50円という結果でした。特にセレクトショップ系は査定額低めのようです。

結局、トートバッグは買取をお願いし、衣類は何点か返却を依頼しました。
驚いたのは、返却分の衣類がひとつひとつ包装され、綺麗な状態で返ってきたこと。
お客様に最後まで気持ちよく使ってもらおうという会社の姿勢を感じました。

私が購入する衣類はいわゆるハイブランドではないため、衣類に関してはいつも利用している近所のリサイクルショップのほうが買取価格が高いという結果になりました。

ブランディアの宅配買取は手続きがとても簡単で、段ボールなども用意する必要がないため、とにかく楽に大量に手放したい、というときには使い勝手がよいと思います。
ZOZOTOWNの宅配買取 も良いらしいので、機会があれば使ってみたいな。

次回 (3) では、リサイクルショップへの持ち込みについて書いてみたいと思います。

にほんブログ村テーマ 捨てる。へ 捨てる。
にほんブログ村テーマ ガラクタ捨てれば自分が見える?へ ガラクタ捨てれば自分が見える?



ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」