Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

「私」は、私の選んだものでできている

「体は食べたものでできている」と言いますが、「私らしさ」、つまりその人のもつ雰囲気やイメージも、その人が日々選ぶものからできていると思います。

素敵なよそゆきのドレスを持っていても普段は着古した部屋着を着ていたり、お客様用の高価な食器を使うのはもったいないからと何かの景品でもらったマグカップを毎朝使っていたら、その「とりあえずのもの」のほうが日常になってしまいます。

朝食のとき、お気に入りの食器を使うと、朝からちょっといい気分。
お気に入りの家具を揃えた部屋は、自然と片付けたくなり、気持ちがしゃんとします。

にほんブログ村テーマ 毎日をつくるものへ 毎日をつくるもの

IMG_0481a.jpg

食器は、シンプルな白のリチャードジノリとロイヤルコペンハーゲンを普段使いしています。
和食器は多くありませんが、いいなと思う作家さんのものを少しだけ揃えています。
好きなものだと自然と丁寧に扱うようになり、案外割れたりしないものです。

素敵なものに囲まれていると、心が豊かに、所作もなんとなく丁寧になります。
そういう何気ない立ち居振る舞いこそが、「私らしさ」を作るのではないかと思います。
我が家にはちょっと贅沢な食器かもしれないけれど、毎日使うものこそが私という人格を作りあげていくのだと思えば、決して高い買い物ではありません。

「いいものだから」と大事にしまいこんでいるよりも、普段の生活にこそお気に入りのもの、自分が一番素敵だと思うものを取り入れたいと思います。


 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

家の中にあるもの、全部言えますか?

日常的に使わないものでも、家の中のどこに何があるかほぼ正確に思い出せます。
例えば明日急に入院になっても、家族に持って来てほしいものの場所を正しく伝えられるし、家族も日常的に使うものは場所を把握していて、私がいなくても困らないと思います。

なぜなら、持つものの量を「自分が憶えられる量」に限っているから。

IMG_0422a.jpg

収納って、記憶のしくみに似ているなぁと思います。

長期記憶は、3つのステップを経て成り立つと言われています。
まずは情報に意味づけ(符号化)を行い、それを脳の中に貯蔵し、最後に貯蔵した情報を検索して見つけ出す。ここまでできて初めて「憶えている」ということになります。私たちの脳には膨大な量の情報が貯蔵されていて、それをうまく検索できなくなる=「忘れる」ということ。
加齢とともに、神経細胞の数が減り、この検索機能も弱くなると言われています。

収納も同じで、どんなにたくさんのものを持っていても、思い出せないなら持っていないのと同じではないでしょうか。たぶん一生、それを使うことはありません。

頭がいい人は、ものを記憶する時の整理のしかたが上手なのだと聞いたことがあります。
夫がそうなのですが、記憶に意味をもたせたり(ラベリング)、似たもの同士を関連づけたり(グルーピング)とロジカルに頭の中を整理しているから、思い出したいときにすっと記憶を引き出せるし、ひとつ思い出すと関連する事象もするすると思い出せるようです。

自分が憶えていられるだけの量のものがあれば、暮らすにはまったく困りません。
昔持っていた本をまた読みたくなって図書館で借りたりすることもあるけれど、そのことを忘れている間も何年、何十年も家の中に眠らせておくよりは、それでいいと思っています。

このところ、年々記憶容量が減っているような気もするので・・・(汗)
今後は、さらにすっきり暮らしていきたいなと思います。


 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

ポーチの中身


関連記事
化粧品選びもシンプルなルールで
鞄の中身

先日、鞄の中身をご紹介したので、今度はポーチの中身を撮ってみました。

IMG_0407a.jpg

お直しのパウダー代わりのハイライトと、マスカラ、アイライナー、アイブロウペンシル。
口紅、グロス、リップブラシ、リップクリーム。あと、食事の時や職場での細かい作業の際に髪が邪魔にならないよう、シュシュをひとつ入れています。

うーん、どちらかというと多いほうでしょうか?

実は、これだけ持ち歩いていても外出先ではほとんど化粧直しをしません。← 女子失格 !?
せいぜい食事の後に軽く口紅を引き直すくらいでしょうか。でも、たまにコンタクトが痛くて涙で目元が崩れてしまう時があるため、念のためアイメイク用品を中心に入れています。

減らそうと思えば、まだまだ減らせそうなのですが。
みなさん、どれくらいのアイテムを持ち歩いているのでしょうね〜

にほんブログ村テーマ バッグの中身、大公開!へ バッグの中身、大公開!


  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

鞄の中身


関連記事
バッグの数と選び方

普段持ち歩く鞄の中身について、ご質問いただきました。
荷物も身軽な方が好きなので、毎日決まって持ち歩くものは、これくらいです。

IMG_0410a.jpg

財布、キーケース、化粧ポーチ、携帯電話と充電池&イヤホン、水筒。
写真には写っていませんが、ハンカチとティッシュ。

通勤時には、これにノートパソコン、名刺入れ、社員証、社用の携帯電話が加わります。
息子と一緒のときは、ハンカチをタオル地のものに変えて、ウェットティッシュを。

連絡先もスケジュールもすべてスマートフォンで管理しているので、手帳は持ちません。
昔は携帯電話が壊れたらデータも飛んでしまう・・・という心配があったけれど、今はCloudにバックアップしてくれるから、その不安もなくなりました。充電池は普段は不要なのですが、東日本大震災以降、災害時の予備電源として持ち歩いています。

パスケースは持たず、クレジットカード一体型のSuicaを財布の中に入れています。

数が少ないから、鞄の中でも大体の位置を決めておくだけで大丈夫。
ポーチなどであれこれ分類する必要もありません。

IMG_0408a.jpg

柔らかい素材の鞄だと、上の方に入れたものがいつの間にか奥にいったりして、迷子になってしまいがち。鞄も小物もなるべく自立する形・素材を選ぶと、整理しやすいと思います。

にほんブログ村テーマ バッグの中身、大公開!へ バッグの中身、大公開!


 

Kyokoさん、こんな感じで、収納の工夫などあまりなくてすみません(汗) ご参考になりましたでしょうか・・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

「ほどほど」ナチュラルクリーニング


関連記事
掃除道具はシンプルに
「家じゅうマジックソープ化」に失敗した話

洗剤の種類についてご質問いただいたので、我が家にある洗剤を集めてみました。

無印のメイクボックスに入れているのは、粉末のセスキ、重曹、クエン酸、酸素系漂白剤と、スプレーボトルに入れたセスキ水、アルコールスプレー。それ以外に、マーチソンヒュームのキッチン用とトイレ用の洗剤を使っています。

IMG_0348a.jpg

息子が生まれてから、洗剤もできるだけ安全なものを使いたい、あちこちにあると危ないから集約して数も少なくしたいと考えるようになり、汚れの性質に応じて酸またはアルカリで中和して落とす、ナチュラルクリーニングに徐々に切り替えていきました。

私は、最初にごく基本的な本を1冊読んで、汚れの種類(酸性/アルカリ性)を覚えました。
使い方はその本や詳しいサイトなどの受け売りですが、こんな感じです。

キッチン:
油汚れ(酸性) → セスキ水(アルカリ性)
蛇口の水垢(アルカリ性) → クエン酸水(酸性)、軽いものならアルコールスプレー
シンクや鍋の曇り → 重曹(磨き粉として)
茶渋や布巾の漂白、排水溝のヌメリ取り → 酸素系漂白剤+お湯

浴室:
湯垢(酸性) → 普段は体を洗う液体石鹸(アルカリ性)で、酷いときはセスキ水
金具や鏡の水垢(アルカリ性) → クエン酸水
風呂釜の洗浄 → 酸素系漂白剤+お湯

トイレ:
尿汚れ(アルカリ性) → クエン酸水

家具・床など:
普段の手入れはアルコールスプレー、足跡汚れ(酸性)などが気になる場合はセスキ水

このように、酸・アルカリ・酸素系漂白剤の3つで、家じゅうの汚れに対処できます。
そんなわけで一時はナチュラルクリーニング一辺倒だった私ですが、冒頭にも書いたように、最近は一部用途別の専用洗剤も使うようになりました。

安全かつ万能で素晴らしいのですが、やはり少しコツというか、手間がかかる部分もあるのですね。セスキ水で拭いたあとは白く曇るので、クエン酸水で2度拭きして中和したり。酷い汚れにはキッチンペーパーで湿布して、汚れが緩むまでしばらく置いておくなど。

そこで、私以外の家族や来客も使う場所の洗剤は、使いやすい専用のものに戻しました。
毎日使うものは、やはり皆が楽に、気持ちよく使えることも大切だと思うのです。
曇りなどが気になったら、ときどきセスキ+クエン酸で徹底掃除します。

こんな感じで、「ほどほど」ナチュラルクリーニングに落ち着いている最近の我が家です。

ムロさん、お待たせいたしました!こんな感じですが・・・ご参考になれば幸いです。

  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。