Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

ちょっとしたことで、とっても楽になりました


関連記事
家族が手伝ってくれる仕組みづくり・キッチン編
家族が手伝ってくれる仕組みづくり・クローゼット編

日焼け止めをポンプ式のものに替えたら、朝がすごく楽になりました。

IMG_20170806.jpg

これまではよくあるチューブ式のものを使っていたのですが、息子がつい面白がってたくさん出してしまい、塗りすぎで腕が真っ白になっていたり、床にこぼしてしまったり・・・
それらをあとから直す方が面倒で、結局私が毎朝塗ってやっていました。

でも、ふと思い立ってポンプ式の日焼け止めに変えてみたら、これが大当たり!
棚に置いたまま上から押すだけで出せるので子どもでも使いやすいし、「1回ワンプッシュね」と決めておけば、塗りすぎることもありません。特にこのニベアの商品は水に近いジェル状でさらさらと伸びがよく、子どもの手でも塗りやすいようです。

今は、こんな感じで虫除けスプレーと一緒にトレイに乗せて玄関に置いています。
これはこれで結構楽しいようで、靴を履く前に息子がみずから進んで塗るようになりました。
できないんじゃなくて、今までのが使いづらいだけだったのね。

あとは歯磨き粉もポンプ式があればいいのにな〜なんて思う、今日この頃です。


にほんブログ村テーマ 暮らしの見直しへ 暮らしの見直し

  

記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

息子のもの選び

IKEAで、息子にせがまれて買ったもの。

IMG_20170720.jpg

DEKAD アラームクロック(黒)です。
クラシックな形と文字盤が可愛らしい。4歳児にしてはなかなか渋い選択かも。
必ずしも必要ではないけれど、息子がすごく欲しそうにしていたので買ってしまいました。
お値段599円(安い!)ということで、つい・・・さすがIKEAです。

子どものものを選ぶ目って、けっこう親や家のインテリアに左右されたりするのかな?
息子の好みも夫や私と似ているかもしれないなぁと思う、今日この頃です。

にほんブログ村テーマ IKEAで買ったものへ IKEAで買ったもの



記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

LaQに夢中! 息子がTVを見なくなった魔法のおもちゃ

LaQ(ラキュー)ってご存知ですか?
最近、息子が寝食を惜しんで夢中になっているおもちゃです。

IMG_20170711.jpg

写真のような四角形と三角形の基本パーツに5種類のジョイントパーツをつないで組み立てる、いわゆるパズルブロックです。パーツの一辺の大きさは約2cm。結構小さいです。一方、大きなサイズの円形パーツもあり、ダイナミックな作品も作れるようになっています。

最初は平面作品からはじめて、慣れてきたら角度のついたジョイントパーツを使って、立体や球体も作ることができます。タイヤパーツを使えば車、組み方次第で動きのある作品も。
これは最近息子が作った作品。ちゃんと自立するし、関節も動きます。すごい!

IMG_20170710.jpg

もちろん作り方の説明書を見て作るのですが、ほぼ親の助けなしで、自力で作っています。

説明書は、IKEAの組み立て図のように文字はなく絵だけなので、文字が読めない子どもでも大丈夫。ですが、これが案外複雑で、大人でも悩むときがあるほど。最近では私より息子の方が正確で早いです。これをずっとやっていたら、空間認識力のいい訓練になりそう。

IMG_20170712.jpg

公式サイトによると、集中力や論理的・数学的思考力、表現力を高める効果があるとか。
日本発のおもちゃで、海外でも数々のアワードを受賞しているそうです。

確かに、作っているときの集中力はちょっとびっくりするほど。大きな作品では2-3時間かかるものもありますが、説明書を片手に黙々と集中しています。一緒にやっている私の方が早々に集中力の限界がきてしまって、息子に怒られる始末・・・ 雨や暑さで外に遊びに行けない日もLaQだけで1日過ごせるので、最近はすっかりテレビを見なくなりました。

保育園でしばらく前から熱中しているのを知り、これは面白そう!と自宅でも購入することにしました。パーツ数が多ければ多いほど複雑で大きい作品を作ることができるので、ちょっと値は張りますが、最初からパーツ数の多いセットを買うのがおすすめです。

最近では保育園で「LaQ めいじん」と呼ばれて、年長さんからも先生たちからも一目置かれているそう。どちらかというと大人しい性格の息子の、自信につながっています。

子どもって、熱中しているときにうまく環境を与えると本当に驚くくらい伸びるのですね。
今後も、興味があることを上手に拾っていってやりたいなぁと思います。


にほんブログ村テーマ * 子供のおもちゃ&雑貨 *へ * 子供のおもちゃ&雑貨 *
にほんブログ村テーマ 子供を賢くする方法へ 子供を賢くする方法



記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

子どもには、何でもおもちゃ


関連記事
ごはんのようなおもちゃ
子どもがいると物が増える?私の「買わない呪文」

あいかわらず、おもちゃの量は少なめの我が家。
でも、子どもたちにとっては、ただの段ボールだって立派なおもちゃ。

IMG_0388b.jpg

毎週届くOisixの箱がちょうどいい感じの長方形で、連結して「しんかんせん」に。
手前にはドア、反対側には窓もちゃんとあります。 (夫の力作)

既製品がなくても、子どもは何でもおもちゃにしてしまいますね。
インテリア的には正直微妙だけれど、こういう遊びを大切にしたいと思います。

にほんブログ村テーマ 子育てを楽しもう♪へ 子育てを楽しもう♪


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

4歳の誕生日プレゼント


関連記事
3歳の誕生日プレゼント
レゴ・デュプロを選ぶ

4歳の誕生日プレゼント、息子のリクエストは意外にも「ピアノ」でした。
そういえば最近、歌を歌いながらピアノを弾く手振りをして楽しそうにしています。
1LDKの我が家にとっては大物・・・子ども用のミニピアノでお茶を濁そうかなぁとも思ったのですが、悩んだ末、ヤマハのピアジェーロ NP-12 を購入しました。

IMG_0093.jpg

NP-12は61鍵。そのぶん、幅104cmと通常の88鍵の電子ピアノよりは多少コンパクトです。
それでも、我が家の狭いリビングに置くと十分すぎるほど大きく感じますが・・・(汗)

いわゆる電子ピアノではなく、「ピアノ音色のキーボード」という位置づけの商品ですので、鍵盤のタッチはピアノと違ってふにゃっとしています。でも、ヤマハならではの綺麗なピアノ音色にタッチレスポンス付きで、キーボードの中ではかなりピアノに近い商品と言えるのではないでしょうか。ひたすらシンプルな見た目も好み。子どもの集中力を妨げません。
キャリングケースも一緒に購入し、普段はクローゼットに収納しています。

子どものおもちゃとしては安くはないし、なにせ大物なので悩みましたが、同じ買うならより長く使えるものをと考え、思い切りました。結果、親の私のほうが夢中になっているかも!? 大きいので息子と並んで弾くこともでき、親子で楽しんでいます。

もうひとつのプレゼントはレゴ。デュプロから通常サイズへの買い替えです。

IMG_0091.jpg

これまた種類が多くて悩みましたが、「黄色のアイデアボックス・スペシャル」を購入。
パーツ数は790ピース。これ一箱でこんなにたくさんの作品が作れます。最近は組み立てガイドがWebで見られるのですね。息子が毎日夢中で作っては壊して遊んでいます。

ちなみに、おもちゃ箱にしているIKEAのVARIERAボックスに入れると、まだまだ3分の2ほどは余裕がある感じ。思ったより少なく感じました。もっとパーツを増やしてあげたいなぁ。
息子と相談し、デュプロは今年下の子が生まれた友人に譲ることにしました。

おじいちゃんおばあちゃんからはトーマスの列車が3つも! トーマス熱もまだまだ健在です。
これから息子がどんなものに夢中になっていくのか、今から楽しみです。


にほんブログ村 トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ