Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

ウォールナットのティッシュケース

ティッシュケースを買い換えました。

IMG_20170803.jpg

シンプルなウォールナットのティッシュケース。

これまで、ティッシュケースは戸棚の中にしまって使うときだけ出していたのですが、やはり息子にはちょっと使いづらそうで、風邪気味の時などは出しっぱなしになってしまうことが多々あり・・・出しっぱなしでも気にならないデザインのものを探していました。

蓋はやや重みのある板を上から落とし込むタイプで、最後の1枚まですっと取り出せます。
色は黒もいいなと思いましたが、以前使っていたものが黒で、蓋の上にティッシュの白い粉が溜まるのが気になっていたため、あえて明るい色を選びました。

お洒落な雑貨がなくても、毎日使うものが好みに合うものだと、それだけで気持ちいい。
こんなふうにデザインも機能も気に入ったものが見つかると、嬉しくなります。


にほんブログ村テーマ シンプルな道具たちへ シンプルな道具たち



記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

保存容器を買い換えました


関連記事
保存容器の収納と、お金をかけるもの、かけないもの
理想の保存容器探し

保存容器は消耗品、だから手頃な値段で気楽に買い換えられる方がいい・・・と、長らく100円ショップやスーパーで売っている1個100円程度の保存容器を愛用していました。
白くて、軽くて、洗いやすくて密閉できて、蓋をしたまま電子レンジも冷凍庫も食洗機もOK!という理想の保存容器になかなか出会えなかったからでもあります。

でも、愛用していた商品がいつの間にかスーパーの棚から消えていたり、壊れるたびにちょこちょこ買い換えるのがストレスになってきて、ついに、保存容器を買い換えました。

IMG_20170714.jpg

新しく買った保存容器は、OXOの ロックトップコンテナ レクタングル 0.7L
完璧ではないにせよ、私のわがままな希望をかなりの部分満たしてくれる逸品です。

・ シンプルな白 x 透明
・ 横からも上からも中身が見える(透明度も高い)
・ 上から押すだけで密閉できる
・ プラスチック製で軽い(約190g)
・ 本体も蓋も食洗機可、蓋は分解して洗える
・ 蓋をずらせば、蓋ごと電子レンジ可
・ もちろん冷凍も可能
・ 価格が高すぎない(1000円以下)

容量700mlも、我が家の作り置きの量にちょうどよいサイズ。親子3人の2日分程度の副菜が入る容量です。きんぴらごぼうなら、だいたいごぼう1本+人参1/2本分くらい。

iwakiのパック&レンジと最後まで迷ったのですが、あちらは密閉できないこと、ちょうどよい容量のサイズがないことがネックでした。500mlだと少ないし、900mlだと少し大きい。

密閉度が高いので、こんなこともできてしまいます。大葉を入れたロックトップコンテナに少量の水を張り、冷蔵庫の隙間に立てておけば、根元だけ水に浸かって一週間以上新鮮なまま。
いまいち写真がうまく撮れないのですが・・・下の方に1cmほどだけ水が張ってあるのがわかるでしょうか?

IMG_20170715.jpg

ただ、残念な部分もあって・・・それは、収納時にかさばること。
下の写真のように、本体は一応スタッキングできるのですが、半分ほどしか重ならないため6つでも結構な高さです。蓋に至っては、2cmほど厚みがあるうえ、ほとんど重なりません。
これまで収納していたボックスには収まらず、収納を見直すことになりました。

それでも、本体もほぼ重ならない無印の保存容器よりは省スペースかな?と思います。

IMG_20170717.jpg

1ヶ月ほど蓋も本体も食洗機でがしがし洗っていますが、今のところびくともしません。
手洗いだと油ものの汚れ落ちが気になる時があるので、食洗機のあるご家庭におすすめかも。
これで数年は保存容器の買い替えに悩まなくていいかな?

新しい収納場所については、また後日ご紹介したいと思います。

にほんブログ村テーマ 暮らしの見直しへ 暮らしの見直し



記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

時短のために、お椀を買い換えました


関連記事
お茶碗ジプシー終了?

長い間探していたお椀、かなり理想に近いものを見つけました。

IMG_20170618.jpg

左がこれまで使っていた無印良品(廃盤)のもの、右が今回新たに購入したものです。

私のお椀探しの条件は、この3つ。
1) 木製
2) 味噌汁にもスープにも使えるデザイン
3) 食洗機で洗える

無印のお椀は1と2は満たしていたのですが、残念ながら食洗機対応ではありませんでした。
今回新調したお椀は、無印とほとんど同じデザインで、ちゃんと木製なのに食洗機対応!
これでお茶碗もお椀も食洗機で洗えるようになり、さらなる時短になりそうです。

無印のものと比べると、表面がつるつるしていて、滑りやすい感じがします。
また、高台が細く、全体的に重心が上にあるデザインのため、多少不安定な感じがあるかも?
でも、小ぶりで程よい大きさ、やや重みもあるので、手にしっくりと馴染みます。

同じデザインで子ども用も。こちらは高台が太めで安定感があります。
無印には子ども用がなく息子にも大人用を使わせていたので、これは嬉しいポイント。

IMG_20170619.jpg

それから、思わぬメリットがこちら。

IMG_20170620.jpg

お椀自体のサイズはほぼ同じなのに、重ねたとき、無印のものよりかさ張らないのです。
無印のものは側面に微妙な丸みがあるため重ねづらく、不安定だったのですよね。
こんなにすっきり重なるなら、来客用にあと1-2客買い足してもいいなぁ。

耐久性については、しばらく使ってみてまたご報告したいと思います。

にほんブログ村テーマ 暮らしの見直しへ 暮らしの見直し

← 大人用 ← 子ども用


前回の記事にあたたかいコメントを下さったみなさま、ありがとうございました。
正直、まだ完全には立ち直れていませんが、少しずつ冷静に向き合うことができるようになってきました。
また弱音を吐いてしまう時があるかもしれませんが・・・見守っていただけると、嬉しいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

自分に合った「便利グッズ」を探すのは難しい


関連記事
夫のやる気を引き出すキッチンツール
お気に入りの包丁

キッチンツールは、シンプルで丈夫でかっこいいものが好きです。
色はオールステンレスか黒が中心。どちらかというと男子っぽいデザインのものが多いのは、夫に料理を楽しんでもらうためでもあります。

先日購入したキッチンツール、こんな素敵な箱に入って届きました。

IMG_20170521.jpg

ヨシタ手工業デザイン室の千切りピーラー。新潟県燕市で製造されている、断面が長楕円形のステンレス鋼を使っているそうです。手に持った感じが柔らかいのはそのおかげでしょうか。刃は中央の1本のビスで固定されており、交換も可能という所にも惹かれました。

試しにキャロットラペ用に人参を切ってみました。
使い方は普通のピーラーとまったく同じ。1回で約5-10本の千切りができます。切れ味がとても良いので、むしろ力をほとんど入れない方がスムーズに切れるほどです。

IMG_20170522.jpg

・・・でも、あれ?ちょっと思っていたより太い?

一口に千切りといっても色々だと思いますが、私はキャロットラペは細めの千切りでくたっとした感じが好き。太さでいうと爪楊枝くらいでしょうか。ポテトサラダなどに生で入れる時はさらに細く、素麺くらいの細さに切ります。このピーラーで作った千切りは、幅2mmくらい。きんぴらごぼうなど、火を入れても少し歯ごたえが残るくらいの太さです。

確かに包丁で切るより早いですが、包丁の方が太さのコントロールは自由自在。
加えて、この種の器具の宿命ですが、最後はやはり包丁で切らねばならないのですよね。
うーん、どうだろう、結局最初から包丁で切った方が楽、かも・・・?

「便利グッズ」は機能が特化している分、自分に合ったものを見つけるのは本当に難しい。
かといって多機能なものを求めれば、そのぶん嵩張ったり複雑になってしまいますし。
製品自体の優劣ではなく、自分の作業パターンに合っているか、なんですよね。

でも、この無骨なデザインがツボなのか、夫が嬉しそうに千切りを手伝ってくれました。
ある意味ねらい通り? ご主人へのプレゼントには最適かもしれません!

にほんブログ村テーマ 父の日にあげるプレゼントはどうする?へ 父の日にあげるプレゼントはどうする?




にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

テーブルクロスを買った理由


関連記事
無垢の家具
傷つき、壊れることをあたりまえと考えてみる

我が家のダイニングテーブルは無垢のウォールナット材。
せっかくの美しい木肌をビニールなどで覆ってしまうのはもったいないし、多少の傷や汚れはむしろ味わいになると思って、普段はあまり細かいことは気にせずそのまま使っています。

でも、唯一、人を呼んだときに気を遣わせるかな?というのが気になっていました。
私自身もそうなのですが、特に子連れで伺うときは食べこぼしなど心配になるのですよね。

昨年のクリスマス会の際、初めて100円ショップで買った使い捨てのクロスを敷いてみました。この日、たまたまゲストが赤ワインをこぼしてしまったのですが、「使い捨てのクロスだから大丈夫~」と言って、こちらもゲストも気を遣わずにいられました。

IMG_0244a.jpg

来客時は、ゲストが気兼ねなく過ごせるように、テーブルクロスがあった方がいいかも。
そう思って探していたとき、keyさんのお宅で素敵なものを教えていただきました。

HIMLAという北欧ブランドのオイルクロスです。
早速購入し、先日keyさんご家族をお招きした際にもこんな感じで使用しました。

IMG_0498a.jpg
しわしわですみません(汗)撥水加工のためか、やや皺になりやすいですが、裏からアイロンをあてることも可能です。

素材はリネンですが、表面はロウのような感じで撥水コートされていて、飲み物など倒しても染み込みません。トマトソースも軽く拭くだけで落ちました。私が選んだのは「dark」というリネンらしい色。安っぽい感じは全然なく、カジュアルにもエレガントにも使えます。
keyさん宅のモダンな感じの柄の入ったタイプもとても素敵でした。

無垢のテーブルはやっぱりそのままが一番格好いいと思うので、普段は相変わらず何もかけず使っています。でも、たまの休日にゲストを招くときはこのクロスが大活躍。
ゲストもホストも気兼ねなく寛げるオイルクロス、買ってよかったです。

にほんブログ村テーマ おすすめの家具・雑貨・インテリアショップへ おすすめの家具・雑貨・インテリアショップ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。