Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

O様宅:クローゼットを片付けるための3ステップ


関連記事
O様宅:「片付けたら、夫婦の喧嘩が減りました」

友人ママさん宅のお片づけサポート、月1ペースで少しずつ進めています。
先月から今月にかけては、ご夫婦の寝室のクローゼットの整理をお手伝いしました。

壁一面、90cm幅 x 3連という大容量のクローゼットを備えたO様宅ですが、ご主人も奥様も洋服好きで多趣味、片付けはちょっと苦手・・・ということで、Beforeはこんな状態でした。

IMG_20190701.jpg

左はご主人、中央が奥様、右は季節外の服とゾーニングされ、よく使う場所はそれなりに整えられていますが、使いにくい上下のエリアはとりあえず隙間に詰め込んだような状態。
収納用品もそのときどきで買い足しているため、色もサイズもばらばらです。

この状態から無理矢理片付けようとして、いきなり収納用品を買うのはとっても危険!
ライフオーガナイズの手法を取り入れた3ステップで、1歩ずつ進めていきます。

Step 1: 量を整える:全部出して、分けて、選び取る

まずは、クローゼットの中のものを本当に必要なもの・好きなものだけにするのが大原則。
中のものを全部出し、どんな小さなものでもひとつひとつ目を通して、ライフオーガナイズの分類法を参考に今の自分にとって価値があるものだけを選びとっていきます。

Step 2: 位置を整える:使いやすく、覚えやすいように配置する

必要なものを選び出せたら、次は使いやすいようにクローゼットの中に戻していきます。
よく使うものは腰から上の高さに余裕を持って配置し、ワンアクションで取り出せるように。
スペースに対してものの量が多いときは一軍と二軍に分け、使用頻度の低い二軍はできるだけぎゅっと詰めてコンパクトに。足元や頭上など、使いづらい位置に収めていきます。

また、同系統のものをまとめれば覚えやすく、「あれどこだっけ?」が少なくなります。
下の画像はゾーニングしながらものを戻し終えた状態。中段は普段着る服をハンガーにかけて収納し、上段と中段右は季節外の服、下段は旅行用品や寝具と、ざっくり分類しています。

IMG_20190702.jpg

Step 3: 見た目を整える:収納用品は最後に入れる

Step 2の状態で何日か使ってみて違和感がなければ、最後に収納用品を導入します。
買う前にサイズをしっかり測って、できる限り空間を無駄にしないものを選ぶのが鉄則です。
今回は、IKEAのSTUKシリーズがクローゼットのサイズにぴったりだったので同シリーズで揃えました。価格も1,000円くらいまでと買いやすく、白ベースのモノトーンですっきり。

IMG_20190703.jpg

Step 2終了時とものの位置はほぼ変わりませんが、収納用品を統一したことでより整った印象になりました。寝具など不定形のものも箱に収めるとコンパクトになり扱いやすくなります。

ものの量を見直し、空間を有効活用したことで、これまで寝室の一角を占拠していたチェストを1本処分することができました。ますますお気に入りの空間になりますように。

にほんブログ村テーマ わが家の快適収納へ わが家の快適収納
にほんブログ村テーマ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペースへ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

今回使用したIKEAのSTUKシリーズ商品はこちら。
  

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

O様宅:「片付けたら、夫婦の喧嘩が減りました」

先日から、友人ママさんのお宅の片づけをちょこちょことお手伝いしています。
許可をいただき、シューズクローゼットの Before & After をご紹介します。

IMG_20190314.jpg

こちらのお宅は、天井までの贅沢なシューズクローゼットがあるにも関わらず、どの棚も靴が溢れて取り出しにくい状態でした。実は、その半分近くがご主人の靴とのこと。

ご主人は多趣味でお洒落。特にスポーツが好きで、種目毎に専用の靴があったり、ランニングシューズだけでも何足も。仕事が変わって最近はほとんど履かないという革靴も、一目で良いものとわかるものばかりです。どれも思い入れがあって処分できないのだとか。

奥様も靴の数は多いほうですが、それでもよく履く靴だけにしっかり絞りこんでいる様子。
決断力があって、いざ片付けを始めると、要る要らないをテキパキと仕分けていきます。
「でも、夫の靴が全部いると言って全然減らないんですよ・・・」とため息。

いえいえ、オーガナイズの考え方では使わなくても好きなものは残しておいていいんですよ、とご説明しました。ただ、よく使うものの邪魔にならないようにだけすればよいのです。

IMG_20190315_2.jpg

ご主人の靴のうち、滅多に履かない革靴は、ニトリのシューズケースに入れて最上段へ。
こちらのケースは積み重ねたままでも手前から開けて靴を取り出すことができます。
棚に並べるのは、よく履くスニーカーだけにしました。(それでも10足以上!)

それから、小学生のお子さんの靴が高い位置にあったので、手の届く下の段に移動しました。
入居当時はまだ赤ちゃんだったため、奥様の手の届きやすい高さに置いていたようです。
子どもが自分で出し入れできるようになれば、玄関に脱ぎっぱなしも減るはず。

奥様もご主人もしまい込むと忘れてしまうタイプということで、壁面の吊り下げ収納はあえて残しました。ただし、目線の高さはすっきりとさせ、玄関から死角になる右壁面に集中。
あとは靴の高さに合わせて棚板の高さを調整したくらいですが、「すっきりした!」と喜んでいただけました。かかった費用はシューズボックス8個分、約2千円のみです。

後日ご主人にお会いしたときに「いつも履かない靴がたくさんあるのを何とかしてと言われてましたが、綺麗に収めてもらって喧嘩が減りました」と仰っていたのが嬉しかった。
きちんと箱に収めたことで、「もう使わないもの」から「宝物」に昇格したのかも?

片付けの目的は、見た目に凝ることではなく、家族が仲良く、暮らしやすくなること。
そんなライフオーガナイズの心地よさを伝えられたらいいなと思います。

にほんブログ村テーマ もっと心地いい暮らしがしたい!へ もっと心地いい暮らしがしたい!
にほんブログ村テーマ 小さな一歩から始めるお片付け。へ 小さな一歩から始めるお片付け。

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」