Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

子連れ旅行@4歳:キャンプご飯にも作り置きが大活躍


関連記事
子連れ旅行@4歳:PICA富士吉田 初心者でも、テントがなくてもキャンプを楽しめる!

キャンプの最大の楽しみといえば、外で美味しいものを食べること!

PICA富士吉田ではダッチオーブンを借りられるということで、行く前からどんな料理にしようかと楽しみにしていました。キャンプ好きのママ友達に相談すると「現地で楽しみたいなら、材料は出発前にある程度仕込んでいったほうがいいよ」とのアドバイスが。

PICA富士吉田のチェックインは午後2時。そこから野菜を切るところから始めていると、確かに子どもたちはお腹を空かせてしまいそう。キャンプ場では、ちょっと野菜を洗ったりするにも水場まで往復しなくてはいけないので大変です。

そこで、こんな感じで仕込んだものをたっぷり持って行きました。

IMG_20170603.jpg

メニュー:
・ 牛肉の赤ワイン煮込み(牛すね肉、玉ねぎ、セロリ、タイム、人参、マッシュルーム)
・ 海老のアヒージョ(むき海老、にんにく、唐辛子、アンチョビ)
・ キャロットラペ
・ ミニトマトとモツァレラのカプレーゼ
・ グリーンサラダ
・ 鶏ハム
・ 種なしぶどう

牛肉の赤ワイン煮込みは、ダッチオーブンを炭火の上に直接置いて牛肉を焼き付け、マリネ液とトマトピューレで煮込んでいきました。味つけは塩胡椒とタイム、ローリエ、蜂蜜だけ。
じっくり火を通すことで野菜の甘みが引き出され、驚くほど美味しくできました。

こちらのレシピを参考にしました。 >> 簡単キャンプ料理 牛肉の赤ワイン煮込み

IMG_20170607.jpg

お友達家族が持ってきてくれたWeberのグリルで、かたまり肉の炭火焼も!
キャロットラペとカプレーゼはすぐに食べられる状態でジップ袋に入れて持っていったので、肉が焼きあがるまでの間にちょこちょこつまみながら飲めてちょうど良かったです。

IMG_20170612.jpg

アヒージョには、昨年、星のや富士で夫が気に入って買ったスキレットが大活躍。
BBQグリルの端に放置しておくだけでできるので、キャンプにもぴったりのメニューです。

IMG_20170610.jpg

食後は、焚き火で焼きマシュマロも忘れずに。

IMG_20170611.jpg

外で食べると、本当になんでも美味しいですね。
あらかじめ下ごしらえをしていったおかげで、すぐに調理に取りかかることができ、ゆっくり食事を楽しむことができました。キャンプご飯にも作り置き、おすすめです!

にほんブログ村テーマ 子連れでアウトドアへ 子連れでアウトドア
にほんブログ村テーマ アウトドア料理へ アウトドア料理


   

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

子連れ旅行@4歳:PICA富士吉田 初心者でも、テントがなくてもキャンプを楽しめる!

先日少し記事にした、息子のお友達との3家族キャンプ。
我が家にとって初めてのキャンプの行き先は、山梨県の PICA富士吉田 を選びました。

昨年訪れた 星のや 富士 でのグランピングがとても楽しくて、次はキャンプに挑戦したいなと思っていました。でもいきなり自分たちでテントを設営するのはハードルが高いし、そもそも収納スペースの少ない我が家、BBQグリルすら持っていない・・・

PICA富士吉田はいわゆる「高規格キャンプ場」で、そんな初心者の我が家にぴったり。
・ コテージなど、そのまま泊まれるサイトがある
・ BBQグリルやダッチオーブンなど、レンタル品が充実(テントも借りられます!)
・ お手洗いや炊事場など、水まわりがきれい
・ 初心者向けの講習がある

我が家は マッシュルームパオ TAKIBI に泊まりました。
大きなパオ風のテントで、デッキにはあらかじめ焚き火台とBBQグリルが設置されています。

IMG_20170604.jpg

広々とした室内にはソファとテーブルがあり、冷暖房完備で至れり尽くせり。
寝具は寝袋とマットが用意されていて、適度にキャンプらしい楽しさも味わえます。
定員は6名(4歳以上から人数にカウント)。今回は家族3人で泊まりましたが、2家族でも十分泊まれる広さです。結局ほとんど外にいたので、部屋は狭くてもいいのかも。

敷地内には、こんな可愛いツリーハウスも。大人ももちろん登れます。
これ以外はとくに何か特別な遊具があるわけではありませんが、木立の間を駆け回ってボール遊びをしたり、木の根元に虫を探したり、子どもたちが遊ぶ場所には事欠きません。

IMG_30170606.jpg

こちらは管理棟。チェックインとレンタル品の受け取りはこちらで行います。
スタッフの方は皆感じが良くて、初めて使う器具の使い方など気軽に聞くことができました。
2階には男女別のお風呂もあって、キャンプ場とは思えない快適さです。

IMG_20170605.jpg

我が家もダッチオーブンを借りて、憧れのアウトドア料理に挑戦しました!

キャンプに慣れた方や、手付かずの自然を満喫したい!という方には、至れり尽くせりすぎて逆に物足りないかもしれませんが、初心者の我が家には最適なキャンプ場でした。

にほんブログ村テーマ 子連れでアウトドアへ 子連れでアウトドア
にほんブログ村テーマ オートキャンプを楽しもう!!へ オートキャンプを楽しもう!!

さて、次回は楽しかったキャンプ料理についてまとめたいと思います。

料理記事を楽しみにしてるよ〜という方は、下のボタンをクリックいただければ嬉しいです♪ いつもありがとうございます。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

子連れ旅行:三世代ディズニー (ホテル編)


関連記事
子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (1)
子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (2)
子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (3)

今回のディズニー旅行では、3-5歳の子ども3人+母もいることから、ホテルを休憩所代わりにしようと考え、ちょっと贅沢してディズニーランドホテルに滞在しました。これが大正解!
ちょっと上着を取りに戻ったり、母が休憩後に合流したりと、とても便利でした。

宿泊したスーペリアアルコーヴルームのインテリアはこんな感じ。

IMG_20170507.jpg
写真を撮る前に子どもたちが寝転んでしまったので、シーツが・・・(汗)

120cm幅のベッドに簡易ベッドが2台あり、最大で大人4名、添い寝2名まで泊まれます。
全体的には大人も落ち着けるクラシックなインテリアですが、ちょっとした壁紙の模様などに「隠れミッキー」がいて、子どもたちは見つけるたびに大盛り上がりでした。

浴室には洗い場もあり、子連れには嬉しい作り。洗面台とトイレはドアで仕切られ、室内側にドレッサーもあり、大人数で泊ってもストレスないよう工夫されていると感じました。

IMG_20170512.jpg

アメニティはこんな感じ。パジャマとスリッパもあり、必要なものは大体揃っています。
子ども用にはミッキーのコップと歯ブラシ。最初は1人分しかなかったのですが、お願いすると添い寝の子の分も持ってきてくれました。子ども用のパジャマとスリッパもあります。

IMG_20170511.jpg

ベッドは割と高さがあるため、我が家はお願いしてベッドガードをつけていただきました。
引き出し式のトランドルベッドは低めなので、子供が寝るのにいいかもしれません。
アルコーヴベッドは幅が狭めなので、男性が寝るには少し窮屈かも。

すごく高級なホテルというわけではないけれど、必要なものは十分に揃っており、スタッフの方々も優しく、子連れファミリーもとても快適に過ごせるホテルだと感じました。
またディズニーに宿泊することがあれば、ここに泊まりたいなと思います。

にほんブログ村テーマ 子どもとおでかけ♪へ 子どもとおでかけ♪
にほんブログ村テーマ ディズニーリゾート(ディズニーランド)へ ディズニーリゾート(ディズニーランド)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
役に立ったよ~!という方はバナーをクリックしていただけると嬉しいです。いつもありがとうございます♪

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (3)


関連記事
子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (1)
子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (2)

07:00 起床、ホテルの部屋で朝食
10:30 チェックアウト、ディズニーリゾートラインでアンバサダーホテルへ


IMG_20170516.jpg

冷蔵庫などの利用がなければ、チェックアウトは部屋を施錠するだけで完了です。
「今日も乗りものに乗りたいー!」という子どもたちを連れて、ディズニーリゾートラインでアンバサダーホテルへ。車内もミッキー仕様で、引き続きディズニー気分を楽しめます。
ディズニーランドホテルの宿泊者特典で、人数分の乗車券がついてきました。

11:30 シェフ・ミッキー@アンバサダーホテル
14:00 舞浜駅から帰途へ


IMG_20170517.jpg

子どもたちお待ちかねのシェフ・ミッキー!
ランチビュッフェの合間にミッキー、ミニー、ドナルド、デイジーがかわるがわるテーブルに来てくれます。サインやハグ、もちろん写真撮影も。パーク内のグリーティングとは違い、必ずすべてのテーブルを回ってくれるので、ゆっくり座ってミッキー達と触れ合えます。

朝食はアンバサダーホテル宿泊者専用ですが、ランチとディナーは一般客も利用できます。
Webで満席でも電話窓口なら空きがある場合があるようで、妹が何度も電話して予約してくれました。疲れずに楽しめるから、子連れ・祖父母連れの三世代旅行にはおすすめです。

皆すっかり満足して、舞浜駅から京葉線で東京駅に戻り、母と妹家族とお別れ。
いつも私たちをもてなしてくれる母に、楽しい母の日をプレゼントできてよかったです。


まとめ:三世代ディズニー、疲れなかったポイント

母はデパートなどの人混みに長時間出かけると疲れてしまうタイプなのですが、今回の旅行は「疲れなかったし、すごく楽しかった!」と。私なりの成功ポイントをまとめてみました。

1. パーク目の前のディズニーランドホテルに宿泊し、移動疲れを最小限に。
2. 事前に乗りたいアトラクションとルートを決め、エリアを限定して回ること。
3. 混雑を避けるため、食事時間はピークをずらす。
4. アトラクションの待ち時間やFP発券時間を、こまめにスマホで確認。
5. 昼過ぎにいったんホテルに戻り、休憩タイムを取る。
6. 夜までいる場合は防寒対策を万全に!
← 今回は失敗(汗)

計画には、オフィシャルサイトはもちろん、以下のまとめサイトが非常に参考になりました。
ショーのスケジュールやアトラクションの待ち時間に加え、各アトラクションのFPの発券終了時刻の傾向までわかるため、取りたかったFPが終了してしまった!ということも防げます。

ディズニーランド・ディズニーシー 混雑予想カレンダー

また、より詳しい情報を得るのに、いろいろな方のブログ記事も参考になりました。

にほんブログ村テーマ 子どもとおでかけ♪へ 子どもとおでかけ♪
にほんブログ村テーマ ディズニーリゾート(ディズニーランド)へ ディズニーリゾート(ディズニーランド)

参考までに、今回の我が家の歩いたルートはこちらです。

disney map

ピンク:昼の行動ルート → この記事内の番号に対応 / ブルー:夜の行動ルート → この記事内の番号に対応

ショーより乗りもの重視という方は、⑥と⑦をスキップし、ファンタジーランドでミッキーのフィルハーマジックや子ども向けのアトラクションを回るのもいいと思います。

以上で我が家のディズニー旅行記は終了。あとは、ホテルの様子だけ記事にしますね。
長々と書いてしまいましたが、どなたかのご参考になれば幸いです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
役に立ったよ~!という方はバナーをクリックしていただけると嬉しいです。いつもありがとうございます♪

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (2)


関連記事
子連れ旅行:三世代ディズニーの疲れない回り方 (1)

15:00 ディズニーランドホテルにチェックイン

IMG_20170505.jpg

ホテルはディズニーランドの入口の目の前。子連れでゆっくり歩いても5分くらいです。
15:00のチェックイン開始時刻直後にフロントに向かって、手続き自体は並ぶこともなく非常にスムーズでしたが、その後荷物が出てくるまで20分ほどかかりました。時間を節約したい方はリゾートラインの駅のコインロッカーに荷物を入れておくのも手かもしれません。

15:30 部屋に到着、休憩

IMG_20170506.jpg

ホテルの客室にて、しばし思い思いに休憩。昼寝をしたのは母と息子だけでしたが、ベッドに横になって少し体を休めるだけかなり楽になりました。この時間がなかったら、子どもたちは夜までもたなかっただろうと思います。客室の詳細は、また別の記事にまとめますね。

18:30 再入園、パレード鑑賞場所確保 ①
18:50 バズ・ライトイヤーのアストロブラスター(FP使用)②
19:15 夕食購入@プラズマ・レイズ・ダイナー ③
19:30 エレクトリカルパレード鑑賞 ①
20:50 ワンス・アポン・アタイム鑑賞


IMG_20170509.jpg

夜のパレード開始の1時間前を目安に、再びパークへ。母は多少疲れが出ていたようで、最初はこのまま部屋で休むと言っていましたが、私たちが入園したあと「やっぱり行く」と電話が。ホテルが遠かったら来れなかったわ、と言っていたので、近くにして本当に良かったです。

まず、シンデレラ城前のパレードルートのトゥモローランド寄りに鑑賞場所を確保しました。トゥモローランド側にしたのは、FPを取得したアストロブラスターに乗るため。パレード開始までの待ち時間に順番に子どもを連れて行きました。その後夕食を調達し、パレード鑑賞。

パレードもワンス・アポン・アタイムもディズニーらしさ満載で、いつ見てもワクワクします。
初めて見る母と子どもたちは、吸い込まれるように見入っていました。

唯一誤算だったのが、夜は急激に冷え込んだこと。日中は涼しくてちょうどいい天気だったのですが、冷たい海風のせいか、夜は厚手のスウェットパーカーが欲しいくらいでした。
私たちは薄手の上着しか用意していなかったので、ショーの後は早々に帰途へ・・・

防寒対策が万全であれば、最後にもう少しアトラクションを楽しめたと思います。
これから行かれる方はぜひ厚手の上着をお持ちくださいね。

21:30 朝食のパンを購入@スイートハートカフェ
22:00 ホテル着


最後にワールドバザールのベーカリーで翌朝のパンを調達して、ホテルに戻りました。
お風呂に入ったあとも、子どもたちは興奮してなかなか寝つかず。
でも、皆疲れずに最後まで楽しめて本当に良かったです!

明日は、妹が奮闘の末予約してくれたシェフ・ミッキーへ。
我が家の三世代ディズニー体験記、もうしばらくお付き合いください。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
役に立ったよ~!という方はバナーをクリックしていただけると嬉しいです。いつもありがとうございます♪

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。