Living Small

Aki

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

関連記事子どもの持ち帰り学用品はどこに置く?小学校1年生の学用品収納いよいよ今月から東京でも小学校の分散登校が始まりました。昨年とは違う教室に入り、校内には下級生もいて(たぶんしばらくは会えないだろうけど)、子どももようやく「2年生のお兄さん」になった実感を持てるかなと思います。自宅学習中に教科書だけは配布されたため、学用品棚に新学年の教科書を収めました。1年生の教科書やノートももすぐに処分するのは...

小学生になると、夏休みや春休み中に子どもが持ち帰る学用品の量もそこそこあります。お道具箱、防災頭巾、ピアニカなど・・・息子は2年生なので、まだ少ない方かもしれません。東京では3月から休校が続き、これらの学用品もずっと自宅保管が続いています。平常時なら数週間のこととはいえ、やはりそれなりに場所を確保しておかないと生活の邪魔になったり、何か失くしたり、埃をかぶったりしてしまうのですよね。収納スペースの限...

関連記事小学校1年生の学用品収納0、1、2歳のおもちゃ収納息子が小学生になり、学用品の収納をリビングボードの中に整えた結果、もともとその場所にあったおもちゃ収納は現在こんな感じになっています。リビングの縦長の造りつけ収納の中。2歳の頃と同じ場所に、また戻ってきました。これまでは、息子の文房具や工作道具などをここに収納していました。このうち、色鉛筆など学用品とも言えるものは学用品と同じ場所へ。頻繁に使わ...

関連記事「小1の壁」の現実。怒涛の1ヶ月が過ぎました「ジャストフィット」より可変性の高い家具入学前からあれこれ妄想していた子どもの学用品の収納。その後も微調整を繰り返し、1ヶ月経った今はこんな感じで落ち着いています。当初の予定通り、リビングボードのおもちゃ収納にしていた部分に収めました。教科書などのテキスト類は、幅7.5cmとやや細めのファイルボックス3つに収納。1年生の教科書はまだまだ薄くて背表紙では見分...

いよいよ新年度。昨日は、新1年生になる息子の学童1日目でした。迎えに行くと、息子は新しいお友達とじゃれ合いながら笑顔で出てきて、ほっとしました。長くお世話になった保育園では、本当によいお友達に恵まれ、それだけに大きく環境が変わるこの日を息子より私のほうがドキドキしながら迎えました。本人は「楽しかった!」と。子どもは大人が思うよりずっとたくましく成長しているのですね。一方の私はというと、まだ息子が学童...