Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

我が家の30年物IKEA


関連記事
母の食器棚
お気に入りの包丁

私の実家で、今なお現役です。

IMG_0520a.jpg

IKEAの子ども用ハンガーBAGIS。私と妹が子どもの頃に両親が買ってくれたものです。
今はこんなパステルカラーのセットですが、当時は赤一色だったようです。



IKEAが日本上陸後に店頭でこの商品を見たとき、「あ、懐かしい!」と思いました。
30年経っても、色こそ違えど、デザインはまったく変わっていないようです。

私が子どもの頃、子供部屋の家具はほとんどがIKEAでした。パイン材風の2段ベッドと勉強机、赤いチェア、キッズ用のテーブルセットに、思いっきりカラフルなハート柄の布団カバー。
今でも子どもにはカラフルなものを選んでしまうのは、当時の影響かもしれません。

たぶん、当時の欧州でのIKEAの家具=日本でいうとニトリや無印で買うような気楽な感じだと思うのですが、何気なく買ったものでも、30年後も家に残っていたりするものなのですね。
そう思うと、たとえ100円ショップの買い物でも、妥協したくないなぁと思います。


にほんブログ村テーマ イケア・無印良品・ニトリで収納インテリアへ イケア・無印良品・ニトリで収納インテリア
にほんブログ村テーマ 子供のための家具・雑貨へ 子供のための家具・雑貨


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

母の食器棚


関連記事
母のキッチン
お気に入りの包丁

母の食器棚から。ゴールデンウィークの帰省中に撮らせてもらいました。

IMG_0513a.jpg

母がとりわけ大切にしているロイヤルコペンハーゲンの食器は、ドイツ在住中にデンマークでこつこつと買い揃えたものだそう。本店で買ったものもあれば、ファクトリーストアで買った二級品もあるそうですが、素人目には言われてもよくわかりません。

今はハーフレースやフルレースも多くがタイで生産されるようになりましたが、母が購入した当時は二級品も全てデンマーク製だったといいます。もう30年くらい前になるのでしょうか? 今も昔も変わらない定番のデザインは時を経ても少しも色褪せず、今見てもやっぱり素敵。

「食器は口当たりの良い薄手の陶器、色は料理の邪魔をしない真っ白か柄物なら藍色のみ」が昔からの母のこだわり。高価な食器だけでなく、普段づかいの和食器から某パンまつりのお皿までいろいろあるけれど、母の食器棚は見事に白と藍色で統一されています。
母の影響で、私もやはり食器は白か白地に藍色の絵付けが好きです。

滞在中に毎年1枚ずつ購入していたというイヤープレートも。

IMG_0511a.jpg

母の趣味はやっぱり素敵だなぁと思うけれど、よく考えたら、当時の母の歳は今の私と同じかむしろ若いくらいだったのですよね。そう思うと、30代の今から一生大切にしたいと思うものを少しずつ買い足していくような暮らし方をしたいなと思います。


  

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

子どもの習い事について思うこと

息子、4歳4ヶ月。初めて平仮名で「文」を書きました。

IMG_0438a.jpg

「ます(しゅ)まろ たべたい」
・・・こんな時まで食いしん坊なところがなんとも可愛い。←親バカです。

ホワイトボードは、買ってよかったなぁと思う子ども用品のひとつです。
文字の練習をしたり、絵を描いたり、時には「小学校ごっこ」遊びの黒板になったり。

最近、子どもの教育・習い事についていくつかご質問をいただきました。
子どもの教育方針はご家庭や環境によって本当にさまざまだと思いますので、以下はあくまで我が家の場合ということで、軽く読み流していただければ嬉しいです。

今のところ、息子が通っている習い事は彼自身が「やりたい」と言ったピアノだけ。

平日仕事をしている私にとって、週末は息子と過ごせるわずかな時間。
今はまだ、習い事よりも、公園で見た花の名前を調べたり、八百屋で季節の果物を買ったり、ソファに並んで本を読んだり、そんな親子の時間を大切にしたいと考えています。

私の両親は、私に一言も「勉強しなさい」と言いませんでした。
かわりに、父は学校の勉強が物足りない私に日本から通信教育の教材を取り寄せ、わからないところは教えてくれました。本好きな母は、毎週のように図書館に連れて行ってくれました。
学ぶこと=親子のコミュニケーションの一部だったので、私にとって勉強は楽しみだったし、家族との関わりであり、幼心に父や母に尊敬の念を抱く機会でもありました。
勉強嫌いにならずに済んだのは、そんな父と母のおかげです。

願わくば、息子にも日頃から彼の知的好奇心を刺激するような経験をたくさんさせてあげて、学ぶことを好きになって欲しい。遊びの中から楽しく気づきを得て欲しいと思います。
お勉強より好きなこと・得意なことを見つけてくれたら、それはそれでいい。

今、息子が興味があるのは、街中の看板の文字、忍者、すごろく、折り紙。
1ヶ月後には、どんなことに興味を持っているのかな。

さりげなく環境は整えて、たくさん関わって、あとはその中から子ども自身が何かを選び取るまでじっと見守る。そんな風に子どもの成長に寄り添っていけたらと思います。

にほんブログ村テーマ 自分で考え行動する子供に育てるへ 自分で考え行動する子供に育てる




にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

人別収納で管理を手放す:実家の洗面室収納

実家の洗面室収納です。
3年前の母の日のプレゼントとして、妹と私とで収納用品一式を購入してオーガナイズ作業を行ったものなのですが、今回の帰省時もほとんど乱れず綺麗に保たれていました。

IMG_7978_t.jpg

このクローゼットは洗面室唯一の収納なのですが、半間を裏側の廊下収納と2分割しているため奥行が40cm弱しかなく、にもかかわらず棚板は押入れのように中棚1枚のみで、非常にモノが収めづらい状態でした。母なりにカラーボックスなどを入れ工夫していたものの、せっかくの天井までの高さを生かしきることができず、デッドスペースがたくさんありました。

そこで、ぴったりサイズのスチールラックを入れて棚板代わりとすることにしました。
棚板は全部で5枚。一番下は櫛や化粧品などの小物、2段目は共用のフェイスタオル、3段目は母のバスタオルと部屋着、4段目は父、5段目は妹家族、最上段は私たち家族用です。色や形がバラバラの部屋着や小物類はかごに入れ、タオルは色を統一することですっきり。

母からのリクエストによる一番のポイントは、人別(家族別)収納にしたこと。
おかげで、私や妹家族が帰省したときは各自が自分の棚を管理し、また、化粧品など細々したものをここに置くことができるので洗面台まわりが散らかることがなくなりました。

以前はタオルはタオル、部屋着は部屋着でまとめて収納されていたため、積まれた中から自分のものを探さなくてはならなかったり(このときほかの人のものも乱れる)、○○がない~と母に尋ねたりしていましたが、こうして責任範囲を明確にしておけばその心配もありません。

ちなみに、我が家の洗面室収納も形は違えどやはり人別に収納しています。

「お母さん」だけが何がどこにあるか知っている収納は、家族も本人もストレスです。
人別収納で管理を手放すことで、家族全員がもっと楽になるかもしれません。


にほんブログ村 トラコミュ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

  

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

美味しい節約・2


関連記事
美味しい節約
買わない習慣

なんだか書きたいことがたくさん浮かんで、今週は毎日のように記事をアップしています。

Mom's Morning にご参加くださった皆さんからご感想をいただいていますが、「刺激を受けて少しずつ暮らしの見直しを始めました!」と言ってくださる方も多く、嬉しい限りです。
私自身も皆さんにお会いしたことで良い刺激を受けているのかもしれません。
やはり、行動してみる、言葉にしてみるって、大切なことですね。

今日は、私の母から受け継いだ習慣のことです。

我が家は、外食をほとんどしません。
でも、夫も私も美味しいものを食べるのが大好き。「中途半端な外食はしない、その代わり、外食するときはとことん美味しいものを食べる!」が我が家のモットーです。

IMG_7644.jpg

ショッピングモールに入っているちょっとしたレストランでも、家族3人で行くと簡単に5千円くらいになってしまいます。交通費や駐車場代等を考えると、もっとかかっているかも。
それなら、5千円分のお刺身やいいお肉を買って家で食べたい、と思うのです。

実は、私の実家がその考えでした。
母が料理上手だったこともありますが、外食といえば家で絶対に作れないお寿司くらい。
代わりに、家族全員魚好きだった実家では、鯛だの平目だの、近県で水揚げされたばかりの魚を毎週のように贔屓の魚屋で買って、シンプルに焼き魚や刺身で食べていました。
母は「それでも外で食べるより安いし、美味しいわ」とにっこり。

家で食べるごはんの方が贅沢で美味しい、と子どもの頃から刷り込まれてしまったため、私もすっかり外食より家で作る派になってしまいました。これもある意味「食育」かも?

お腹を満たすためだけの外食に数千円かけるなら、その分家で美味しいものを。
美味しいものは、茹でたり焼いたり、シンプルな調理だけで十分美味しい。

たまに行く外食は、自分では絶対作れない思い切り手の込んだものを。
食の安全も気になる時代。信頼のおけるレストランに年数回行くくらいで十分です。

より美味しいものを食べて、同じ費用でも、満足度はより高く。
母ゆずり、我が家流の「美味しい節約」です。


にほんブログ村 トラコミュ 頑張らない節約へ 頑張らない節約

 

いつもお読みいただきありがとうございます。
ランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ