Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

今年の大掃除は、一家総出で!


関連記事
大掃除、やめてみます。
大掃除、やめてみました。その後

昨年は実験的にやめてみた大掃除。
12月頭から、毎朝20分早起きしてちょこちょこ掃除を進めていました。

でも、今年はそんな余裕もなく・・・あっという間に年末! 今年は短期集中型ということで、たまたま家族の予定がぽっかり空いた日曜日、一家総出で大掃除をしました。

IMG_20171216.jpg

昨年の大掃除リストを参考に、事前に掃除したい箇所を書き出し。
作業を始める前に家族全員で集まって、誰がどこを担当するかを決めました。
大掃除リスト
今年は息子もしっかり戦力に。息子自身にリストからやりたいものを選ばせました。
こうしてイベント的に家族全員で大掃除をするのも、清々しくていいですね。

IMG_20171217.jpg

朝10時半頃から始めて、キッチンがひと段落してから簡単な昼食をとり、15時過ぎに終了。
はじめに皆でリストを共有したことで、効率のよい順序で進めることができました。
夕方には年賀状を投函し、ついでに近所でクリスマスケーキを買って帰宅。

あー、すっきり! これで家の中のことはおおかた片付いたかな?
あとは仕事を頑張って終わらせて、年末を迎えたいと思います。

にほんブログ村テーマ 掃除・片付けのコツへ 掃除・片付けのコツ

 

記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

「超ロジカル家事」

図書館でずっと前に予約していた勝間和代さんの「勝間式 超ロジカル家事」。
ようやく順番が回ってきて、読むことができました。

IMG_20171211.jpg

ヘルシオ(オーブンレンジ)の2台持ちとか、コンロを一切使わずにIH鍋2台で調理するとか、一般家庭ではなかなか真似しづらい部分もありますが、家事を論理的・構造的に捉えて無駄を省き、より効率のよい目的達成の方法を考えるという考え方にはとても共感しました。

最近たまに考えるのは、家事は「労働」でもあり「趣味」でもあるなぁということ。

例えば毎日掃除機をかけるとか、汚れた洗濯物を洗うとか、お腹を満たすための毎日の食事の支度などは、健康で安全な生活を送るためにやらなければいけない「労働」。
一方で、週末に丁寧に床の水拭きをするとか、子どものためにお菓子を焼くとか、季節のしつらいをするなどは、それによって心も満たされる楽しみであり「趣味」。

私は、家事を全部機械化したり、外注したりしたいとは思わないし、好きでやっている家事、それによって心も満たされたり、暮らしの充実を感じるような家事も結構あります。
でも、時間には限りがあるから、「労働」はできる限りアウトソーシングしたり、簡略化して家族の参画を得ることで圧縮して、「趣味」の部分をゆっくり味わえるようにしたいな。

「労働」の部分、面倒に感じる家事を圧縮するヒントが、この本にはたくさんありました。
自分に合う部分を選んで取り入れることで、暮らしがとても楽になる気がします。

同じ家事でも、自分が楽しめる時間を増やしていけたらいいですよね。

にほんブログ村テーマ 時短家事の工夫へ 時短家事の工夫



記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

年賀状作成・苦手なことほどシンプルに (2)


関連記事
家計管理・苦手なことほどシンプルに

年賀状作成、実は苦手でした。
12月頭くらいからそろそろ・・・と思いながらも、まず写真を選ぼうとか、どこに頼もうとか考えているうちに、あっという間に年末になってしまい。私も夫も年末が仕事の繁忙期ということもあって、年末ぎりぎりにやっと書いて郵便局に走ったこともありました。

そこで、昨年から私なりに仕組み化をしてみたところ、驚くほどスムーズに。

にほんブログ村テーマ 暮らしの見直しへ 暮らしの見直し

IMG_20171203.jpg

ひとつは、毎年決まった写真館で家族写真を撮るようにしたこと。

年賀状に家族写真を入れようと思っても、案外全員が写っている写真って少ないんですよね。
一昨年から、毎年夏に写真館で家族写真を撮っています。夏は利用者が多くないのか、価格もすこしお得なのです。写真データは秋口には届くので、その中から年賀状の写真を選びます。(今年は七五三で出張撮影を依頼したため、その写真を使いました)

もうひとつは、依頼する印刷業者を固定したこと。

我が家がここ数年毎年利用しているのは、おたより本舗
リピーターになると11月頃から早期割引のお知らせ葉書が届くため、忘れずに注文することができるようになりました。データ入稿のツールも使い慣れているから、発注もスムーズです。慣れないと、こういうところで地味に時間を使ってしまったりするんですよね。

そんなわけで、今年もすでに印刷済みの年賀状が届き、あとは宛名書きをするだけです。

苦手なことほど、仕組み化・ルーティン化してシンプルに。
家事は本当に細々としたことの積み重ねだから、そうして私なりにバランスをとっています。


記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

一週間分の宅配食材は、決めすぎずざっくり選ぶ


関連記事
買い物はお昼寝中に
スーパーに行かない、6つの効用

一週間分の献立を、あんまりかっちり決めるのは苦手です。
急に予定が変わったり忙しくなって計画通り作れなくなる時もあるし、その日の気温や体調によっても食べたいものは違うし、その時の気分で食べるものを決めたいと思うからです。

IMG_20171020.jpg

最近は、毎週土曜日の午前中に Oisix の宅配が届くようにしています。
鍋用の野菜と肉をひととおり頼んでおいて、夕食はささっと鍋料理にするのが最近の定番。
肉があまり好きでない息子も、Oisixのしゃぶしゃぶ用北海道ポークは大好物です。

Oisix で一週間分の野菜を頼むときは、だいたいこんな感じで考えています。

1. 毎週必ず買うものを入れる(マイボックスに登録しておくと、毎週自動的に買い物かごに入ります)
2. その週に作りたいメニューを一品だけ決め、必要な食材を入れる
3. その料理が和風ならそのほかの食材も和風、洋風なら洋風のものを多めに買う


宅配野菜の頼み方

私のレパートリーを元に考えると、こんな感じ。もちろん、じゃがいもは和食にも使えるし、さつまいもは洋食にも使えますが、どちらにより展開しやすいかで分類しています。

例えば、今週は筑前煮を作ろうと思ったら、ほかの食材もなるべく和風グループから、ミートソースを作ろうと思ったらなるべく洋風グループから選んでおきます。すると、余った食材をほかの料理に展開したり、副菜を組み合わせやすくなります。例えば、筑前煮で余ったごぼうを次の日に豚汁にしたり、小松菜のおひたしを添えたり、という具合です。

私の場合、だいたい月のうち3週は和風で、1週は洋風という感じでしょうか。
洋風の週は、鍋の葉物も白菜ではなくキャベツにしたりします。

たくさん頼むと「使い切らなきゃ」とプレッシャーを感じてしまうため、いつも少し足りないくらいで頼み、週の半ばに葉物など軽いものを2-3品スーパーで買い足したりします。

そんなに凝ったものは作らない(作れない)ので、たまにちょっと気合いを入れたメニューを作る以外は毎回同じような食材・料理ばかりですが、家庭料理だからそれで十分。
私なりの、疲れない・考えすぎない宅配食材の利用方法です。

yumiさん、ご質問にお答えしてみました。ご参考になれば幸いです!

にほんブログ村テーマ 時短家事の工夫へ 時短家事の工夫

 

記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

お金の流れを整える


関連記事
家計管理・苦手なことほどシンプルに
スーパーに行かない、6つの効用

整理整頓の効用は、何より「現状を見える化」できることだと思います。
トヨタの5S活動などでも言われますが、見えないところにこそ問題や無駄が潜んでいるもの。
「何だかわからないもの」がなくなるだけで、迷いやミスなどの無駄が減ります。

家庭において、その最たるものが家計管理・・・だと思います。(実は苦手分野)

スクリーンショット 2017-06-18 2

結婚したばかりの時は、おたがいが独身時代の生活スタイルに基づいた銀行口座やクレジットカードを持ち寄るので、家計で負担すべきものの範囲を把握するのにも一苦労でした。
そこで、あるとき一念発起して我が家のお金の流れを整理することにしました。

現在、我が家のお金の流れはこんな感じになっています。

スクリーンショット 2017-06-18

図の中で、実線の矢印は自動で振込・引落しされるもの、点線のみ自分で移動させるもの。
私の会社は給与振込口座を複数指定できるため、毎月一定額を家計口座へ、残りが個人口座に入るようにしています。一方、夫は個人口座から毎月一定額を家計口座に拠出します。
こうすることで、まず、家計口座に入ってくるお金を明確にしました。

次に、出口も明確にするために、クレジットカードを家計用と個人用に分けました。
また、できる限りあらゆる支出をカードで支払うことで、使途不明金や何となく引き出されて消えていくお金がないように。そのためにも、クレジットカードは、還元率が高く、どこでも使えて、かつ付与されたポイントの使途が幅広いものを選びました。

家計用のメインカード:JALカード

還元率は100円=1ポイント(ショッピングマイル・プレミアムに入会の場合)と普通ですが、12,000マイルから国内線往復航空券と交換でき、年末年始などの繁忙期にも使えます。年に2回夫と私の実家に帰省する我が家にとっては、かなりお得なのです。

また、家族カードを作ることもできるため、子カードを作って私と夫がそれぞれ1枚持ち、家計の範囲の支出の際に使うことで、明細もポイントも自動的に一本化することができます。
私は、個人用のカードもJALカードにして、さらに合算してマイルをためています。

JALカード入会キャンペーン:最大13,600マイルをプレゼント

家計用のサブカード:楽天カード

本当は家計用のカードは1本にまとめた方がシンプルだと思うのですが、子どもが生まれてからネットショッピングの利用が増えたため、一番利用頻度の高い楽天のカードを作りました。
楽天市場での買い物なら100円=4ポイントという高還元率が魅力。ポイントは1ポイント=1円として楽天市場内で使えるので、大物から日用品まで幅広い用途で使うことができます。



使いやすい口座の分け方やクレジットカードの種類は家庭によってそれぞれですが、

・ 手作業でお金を移動させなくても、自動的に流れるようにしておくこと
・ 何にいくら使ったか、考えなくてもわかるようにしておくこと

がシンプルで無駄のない家計管理のポイントかなと思います。

にほんブログ村テーマ 頑張らない節約へ 頑張らない節約


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。