Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

クローゼットの衣替えも完了しました

夏の間クリーニングに預けていた冬服が戻り、クローゼットの衣替えも完了しました。

IMG_20191017.jpg

家族3人分の衣類を収めたクローゼットの広さは、約1.5畳。夏はスカスカですが、冬になるとコートなど枚数が増える上に服自体の厚みも増え、結構いっぱいいっぱいです。

入れ替わりに、夏物はブラウスなども含めすべて保管付クリーニングへ。
そうしないと収まらないから、というのが保管付クリーニングを使い始めたきっかけですが、毎シーズンすべての服をクリーニングに出すことで、「本当に来年も着る?クリーニング代をかける価値がある?」と年1回見直しの機会になるし、夏場の湿気や虫害も無縁です。

預け先は、ここ数年ずっとe-closetを利用。
クリーニング料金は800円から4,000円と少し高めですが、仕上がりには満足しています。

ある編集者さんからおすすめですよ!と紹介されたLenet(リネット)も最近保管付サービスを始めたようなので、来年はこちらを利用してみようかな。種類にかかわらず1着1,400円の一律料金なので、ロングコートやダウンなどの大物ならよりお得に利用できそうです。

寒くなってきましたので、皆さまも体調に気をつけてお過ごしくださいね。

少数精鋭で着回すコーディネート ファッションブログ・テーマ 少数精鋭で着回すコーディネート
少ない服で着回す その他生活ブログ・テーマ 少ない服で着回す

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

寝室の衣替え完了と、我が家の風邪対策

10月になってもまだまだ暑いなぁ・・・と思っていたら急に寒くなってきましたね。
カジタクに預けていた羽毛布団も先日届き、寝室の衣替え完了しました。

IMG_20191013.jpg

こんな季節の変わり目は、大人も子どもも体調を崩しがち。
体調管理には、暮らしのリズムを整えることと十分な睡眠が一番大切な気がしています。

こちらの記事にも書いたように、平日の帰宅後は毎日同じスケジュールで淡々と過ごすようにしています。時間がなくて朝作り置きができなかった日はコロッケや息子が好きな惣菜パンを買ってきて夕食は手抜きすることもありますが、外食をすることはほとんどありません。
毎日一定のリズムで過ごすことで、寝つきや睡眠の質が良くなると思うからです。

あとは、帰宅時の手洗いとアルコール消毒は気をつけているくらいで、何も特別なことはしていませんが、息子は大きく体調を崩すことは少ないように思います。

と言いつつ、先月からあるプロジェクトが始まって夜9時過ぎからのWeb会議が連日入り、私はこのところあまり眠れていません・・・案の定、なんだか喉の奥が少しイガイガするような。子どもと一緒に布団に入ればぐっすり寝られるのに、一度起きてしまうと駄目ですね。

このところ睡眠だけはしっかりな生活をしていたので、失って初めて、よく寝ているおかげで体力が保てていたのだなぁとあらためて気づかされています。夜のWeb会議生活はまだしばらく続きそうなので、うまく時間をやりくりして睡眠時間だけは確保したいなぁ。

季節の変わり目、皆さんも体調に気をつけてお過ごしくださいね。

明日のためにできるシンプルなこと ライフスタイルブログ・テーマ 明日のためにできるシンプルなこと

# 以前コメント欄で体調管理についてご質問いただき、その返信のつもりで書いたのですが、肝心のご質問くださった方のお名前を失念してしまいました・・・大変申し訳ありません!→ 直接メールでメッセージいただいたMさんからのご質問でした。
もし読んでいただけたなら、嬉しいです。


ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ



このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

門倉多仁亜さんに倣う、布団のたたみ方

春の陽気と喜んでいたら、もうすっかり初夏の気候になって、日中は汗ばむくらいですね。
真夏以外は羽毛布団の我が家。これからの季節は、朝起きたら布団は二つ折りです。

IMG_20190328.jpg

暖かくなってくると、寝ている間にかなりの量の汗をかきます。
共働きだから、毎日布団を干すなんて贅沢はできないけれど、できる限り湿気は飛ばしたい。なので、起きたら掛け布団をめくってしばらくマットレスを空気にあてた後は、寝ているとき下になっていた面が外側になるよう、掛け布団を二つ折りにしてから出かけます。

実はこれ、ドイツ育ちの料理研究家 門倉多仁亜さんの著書で拝見したやり方なのです。
門倉さんによると、ドイツではわりと一般的なたたみ方なのだとか。綺麗にベッドメイクするよりずっと簡単だし、汗も抜けやすい。なるほど合理的です。

暮らしの本を読むと、いつもひとつふたつ「いいな!」と思う新しい発見があります。
気に入ったやり方を取り入れて、私自身の暮らしも日々少しずつ変化しています。

大好きな門倉多仁亜さんの本。たくさん読んだので、どの本に掲載されていたか忘れてしまいました・・・

   

にほんブログ村テーマ シンプルで豊かな暮らしへ シンプルで豊かな暮らし

ランキングに参加しています。読んだよーのしるしに、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

暑い夏。インテリアは少しでも涼しげに。

台風が近づいているせいか、ここ数日は比較的過ごしやすいですが、それにしても今年の夏は本当に暑いですねーー。せめて部屋の中だけでも、すっきり涼しげに整えたいところです。

IMG_20180712.jpg

ベッドリネンは、1年を通して無印の麻平織シリーズを使っています。夏は汗を吸ってさらさらと涼しくて、冬は空気を含んで温かく、これ1枚で季節を問わず快適に過ごせます。

同系色のタオルケットは半分に折って、足元にぴしっとと広げてセットします。
色を多用せず、直線を意識して整えると、同じ部屋でもひんやりと見えるような気がします。

見た目に涼しさを演出できるものとして、グリーンもいいですよね。
窓辺に吊るしたアイビーがもうずいぶん伸びて、ゆらゆらと揺れて涼しげです。

IMG_20180711.jpg

暑さはどうしようもありませんが、快適に過ごすために、できることを少しずつ。
少しでも気分よく、体調を崩さずに夏を乗り切りたいなと思います。

にほんブログ村テーマ 夏のインテリアと暮らしへ 夏のインテリアと暮らし

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

  

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

地震の記憶。何より大切だと思うこと。

月曜日、この日は在宅勤務だったため、保育園に向かう夫と息子を送り出していつもより少しゆっくりしていたら、飛び込んできた大阪の地震のニュース。妹宅、学生時代の友人宅などが震源に近い地域にあり、大きく揺れて、妹宅はライフラインにも影響があったとか。
今週は私もなんだかそわそわ、落ち着かない心地で過ごしています。

大阪地区の皆様の安全と、これ以上被害が拡大しないことを、心より祈っています。

阪神大震災と東日本大震災を経験して、防災用品より何より、家の中を安全な状態にしておくことが大切だと思うようになりました。怪我をしてしまったら、避難もままなりません。

とくに寝ている間は無防備なので、寝室には最低限必要なもの以外、極力置かないように。
壁に絵でも飾ったら素敵だろうなと思いますが、やっぱり怖くてできません。

IMG_20180614.jpg

寝室に入った正面奥の壁に、大きな本棚か鏡があるといいなぁとずっと思っているのですが、地震が起きたときのことを考えると不安で、もう何年もこのままになっています。
結局、命にかえてまで持ちたいもの、飾りたいものはほとんどないなぁと思うのです。

IMG_20180408.jpg

まだ、このあとも余震が続く可能性もあると言われています。
近畿地方の皆様、どうぞ夜は高い家具などない安全な部屋で眠るようにしてくださいね。

それ以外の地域に住む我々も、自宅の安全の見直しや緊急時の家族との連絡方法・避難場所の確認など、慌てず騒がず、できることをきちんとしておきたいなと思います。

にほんブログ村テーマ 災害に遭遇した時に必要なものは?へ 災害に遭遇した時に必要なものは?
にほんブログ村テーマ 赤ちゃんの防災へ 赤ちゃんの防災

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」