Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

自分のことは、自分で、好きなように。


関連記事
家族が手伝ってくれる仕組みづくり・サニタリー編
夫のやる気を引き出すキッチンツール

我が家の家事分担の基本は「自分のことは、自分で」です。
クローゼットは人別にエリアを分けて、息子を含む家族それぞれが自分のスペースを管理。
洗濯物も、夫と私それぞれに洗濯カゴを分けて、自分のものは自分で洗います。
(息子の分は適宜どちらかが自分のものを洗うときに一緒に洗濯)

そんな我が家、実は洗剤もそれぞれの好みの応じて2種類あったりします。

IMG_20181104.jpg

一番右の白いボトルは、私が使う「緑の魔女」の洗濯洗剤。
環境にやさしい成分が売りの、ドイツ生まれのナチュラル系洗剤です。

一方、それだと汗の臭いが十分取れない気がする・・・と言う夫が使っているのは抗菌・防臭成分配合の合成洗剤。汚れに直塗りできるタイプの部分用洗剤も併用しています。

洗濯って、意外とその人の好み・こだわりが出る部分だと思います。洗剤の種類はもちろん、この服は乾燥機にかけないとか、色柄物は一緒に洗わないとか、干し方やたたみ方まで。
我が家は私のほうが細かいタイプなので、夫が良かれと思って洗ってくれても「あ、違う〜」とやきもきしたり、逆に夫にとっては私の好みは細かすぎて聞くのも面倒だったり。

洗濯を各自で別々にしているというと結構驚かれますが、自分のものだけを自分のペースで、好きなようにできるって、とっても気楽です。たまに私が見かねて夫のぶんを洗濯することもありますが、義務ではなくあくまで「厚意」なので、無理せず気持ちよくできます。

自分ルールを相手に押しつけないこと。一度まかせたら、なるべく口出ししないこと。
夫や息子にも楽しく家事に参加してもらうために、気をつけているルールです。

にほんブログ村テーマ 時短家事の工夫へ 時短家事の工夫
にほんブログ村テーマ 共稼ぎ夫婦の子育てへ 共稼ぎ夫婦の子育て

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

作業スペースは、狭いほうがいい


関連記事
家族が手伝ってくれる仕組みづくり・サニタリー編
0歩と1歩、その大きな違い

私がいつも洗濯物をたたむのは、洗面所の約0.5畳ほどのスペースです。

IMG_20181008.jpg

洗濯機の正面に立ったまま洗濯物を次々に出してたたみ、洗濯機の上に積み上げていきます。ハンガーにかけて収納するTシャツなどは、隣のドアの取っ手にひょいと引っ掛けておきます。

洗濯機の上がいっぱいになったら、リネン庫の扉を開けっぱなしにして、くるりと振り向いてそれぞれのボックスに収納していきます。夫の靴下やインナー類など「たたまなくてよい」と決めているものは、洗濯機からそのままぽいぽいとボックスに入れてしまいます。

最後にハンガーをまとめてすぐ隣のクローゼットに運んだら、作業完了です。
洗濯物の量にもよりますが、だいたいいつも時間にして10分かからないくらいです。

作業スペースは、狭いほうが集中できるし、効率的に作業を進められます。
理想は、駅の構内によくある2畳ほどの小さな靴修理店のイメージ。一歩も動かず必要なものにさっと手が届き、作業の流れを止めずにスムーズに次の工程に移ることができます。

狭い家もこれはこれでいいなぁ、と思うポイントです。

にほんブログ村テーマ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペースへ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース
にほんブログ村テーマ 家事がラクできる家づくりの工夫♪へ 家事がラクできる家づくりの工夫♪

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

  

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

プロに教えてもらった優秀掃除アイテム


関連記事
一足早く、大掃除。今年はプロに頼んでみました。

先日、家事代行のベアーズさんにキッチンと浴室の掃除を頼んだ際、我が家に来てくださった清掃スタッフの方にいいものを教えていただきました。

IMG_20181006.jpg

「あみたわし」と言うのだそうです。(え?もしかして有名・・・?私は今回初めて知りました)

これまで、浴室の掃除にはよくある入浴用のナイロンタオルを使っていました。
スポンジだと水切れが悪いし、髪の毛が小さな穴に絡まって取れなかったり、なかなか清潔に保つのが難しいですが、タオルならカラッと乾きます。でも、素材が柔らかいために水垢など頑固な汚れは落ちにくく、もっといいものがないかなーと長らく探していました。

そんなとき、清掃スタッフの方が使っていたあみたわし。
鮮やかなピンク色が微妙だけれど、薄くて小さくて便利そう!「100円ショップで買えますよ」と教えていただいて、早速ダイソーに行って探したら、ありました。2枚組で108円。

ポリプロピレンの細い糸を撚り合わせて編まれていて、触った感じは「ぱりっ」としてかなり硬めの感触。水垢なども、浴槽を傷めない程度にこそげ落とすことができるそうです。
網状なので、もちろん水切れも優秀。自然乾燥だけでからりと乾きます。

我が家では、グレーの方を浴室のタオルバーに掛けて使うことにしました。
泡立ちもよく乾きやすく、今のところ文句なしです。グレーのみの2枚組もあるといいな。
ベアーズさんのおかげで、久しぶりにこれは!という秀逸なアイテムに出会えました。

にほんブログ村テーマ 掃除・片付けのコツへ 掃除・片付けのコツ

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 ちょっぴり割高 & ピンク色ですが、通販でも。

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

「見せない」派でも、取り出しやすい収納にしたい

雑誌などで素敵なお宅を拝見すると「見せる収納」もいいなと思いますが、私自身はとっても苦手です。素敵に飾るセンスがまずないし、インプット左脳型ゆえに見えるところに色や形がたくさんあると情報として捉えてしまい、思考のノイズになってしまうのです。

ましてや、我が家は50平米の狭小1LDK。狭い空間にモノをすっきりコンパクトに収めるには、やっぱり扉つきの収納の中に隠す「見せない収納」のほうが向いています。

でも、見せない収納の難点は、モノを取り出すときに「扉を開ける」というワンアクションが必ず発生してしまうこと。見せない派でも、出しやすく片付けやすい収納にしたい!
そこで、ささやかですがこんな工夫をしています。

にほんブログ村テーマ 家事がラクできる家づくりの工夫♪へ 家事がラクできる家づくりの工夫♪

IMG_20180910.jpg

こちらは洗面室のサニタリー収納。家族全員が頻繁に使うタオルは、棚の上に直置き。また、重ねるのは同じサイズのものだけと決めることで、扉を開けたらすぐに目的のものに手が届くようにしています。ここは見栄えよりもアクセスのしやすさ重視で。

白いボックスの中は、比較的使用頻度の低い(1日1回以下)予備のタオルや家族の下着類。
こうするとすっきりとは見えますが、扉を開ける → ボックスを引き出す → 必要なものを取り出す、と3アクションも必要になってしまうのですよね・・・

食器棚として使っているキッチンの吊戸棚も。

IMG_20180911.jpg

食器はすべて棚に直置き。基本的には異なる種類のものを上下・前後に重ねないこと。
持てるモノの数は少なくなりますが、何でもさっと取り出せる便利さには代えられません。
製菓用品や弁当箱など、使用頻度の低いものは上段のボックスに入れています。

そう考えると、あれこれと収納用品で空間を仕切って作り込むよりも、ぽんと棚に置くだけのシンプルな収め方のほうが案外使いやすかったりするのかもしれませんね。

にほんブログ村テーマ わが家の快適収納へ わが家の快適収納

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

ストックも、今の暮らしに必要な量に更新


関連記事
消耗品を買うときのルール
管理を手放す ストックの適正量は?

5歳の男の子って、びっくりするくらい汗っかきです。
Tシャツまで濡れて帰ってくるので、たとえ少量でも毎日洗濯しないと追いつきません。

洗剤の消費量も増えて、これまで使用していた1リットル入りの液体洗剤だと、あっという間になくなってしまいます。そこで、思い切って5リットルボトルを常備することにしました。

IMG_20180709.jpg

ここ1年ほど、使っている洗剤は 緑の魔女 ランドリー です。
以前使っていた洗剤はまだ赤ちゃんだった息子用に低刺激性を第一に選んでいたため、息子の成長とともに洗浄力にやや不満を感じるようになりました。緑の魔女も環境や手肌にやさしい洗剤とうたっていますが、洗浄力は比較的高いと感じます。(界面活性剤が入っています)

奥がストック用のボトル、中央が使用中の洗剤を入れている820mlボトル。
ボトルを押すだけで上部のカップに必要な量が溜まり、計量できる仕組みになっています。
片手でさっと計量できるので、ちょっとしたことですが毎日の時短に繋がっています。

毎日使うボトルはラベルを剥がしてシンプルに、ストック側にはラベルを残しておくことで、製品表示を確認したいときにはいつでも確認できるようにしています。夫とほとんどの家事をシェアしている我が家では、情報共有が重要。ラベル剥がしはご法度なのです。

大容量ストックに切り替えたことで、夏も洗剤のストックを気にしなくて良くなり、すっきり気楽になりました。基本的には、物が少ないほうがシンプルに暮らせると考えているけれど、あえてたくさん持つほうが暮らしがシンプルになることもあるのですね。

にほんブログ村テーマ シンプルで機能的な生活へ シンプルで機能的な生活
にほんブログ村テーマ 片付けて プチストレスをなくしていくへ 片付けて プチストレスをなくしていく

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

 

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」