Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

散らかりがちな小物の収納


関連記事
リビングボードの中身、全公開
ダイニングテーブルに物を置かないために

リビングボードのデスク部分の脇の、幅30cm ほどの小さな収納スペース。
ここには、パソコン関連の小物やボックスティッシュなど、テーブルまわりで散らかりがちな小物を収納しています。上段がティッシュ、中段がパソコン関連の小物入れです。

IMG_2447.jpg

どちらも、使う頻度がとても高いもの。少しでも収納しにくい場所にあると「またすぐに使うからいいかな」と、ついついそのまま出しっぱなしになってしまいます。
なので、見た目は二の次で、とにかく戻しやすいように。

1. 使う場所のすぐそばに置いて、一歩も動かずに戻せる収納
デスクの脇、食卓のすぐ横だから、どちらで使っても座ったままで戻すことができます。

2. 整えすぎない、「入れるだけ」収納
PC関連の小物は形も大きさもさまざまで、すぐに新しいものが増えたりします。
なので、大きめの収納ボックスを用意し、ぽいぽいと投げ入れるだけの収納にしました。
浅めの箱なら、適当に入れても目当てのものを探しやすいです。

ほんの小さなスペースですが、とても使いやすい場所にあるので、この収納のおかげでデスクまわりの散らかりがぐっと減りました。扉も小さく軽いから、開け閉めも楽です。
つくづく、収納は大きさより位置が重要だなぁと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

我が家のインフルエンザ対策

インフルエンザが猛威を振るっていますね。
職場でも、予防接種を受けたにも関わらず感染した・・・という人もいたり。
我が家は幸いまだ罹っていませんが、できる範囲で予防策を講じたいと考えています。

にほんブログ村テーマ 新型インフルエンザ対策へ 新型インフルエンザ対策

乾燥した部屋はウイルス感染しやすいとのことで、今年は加湿器も導入しました。

IMG_0282a.jpg

コンパクトなハイブリッド式の加湿器です。
以前は加湿機能つきの空気清浄機を使っていたのですが、タンクの手入れが面倒でカビを発生させてしまい・・・本体ごと持ち運んで排水できる、単機能でシンプルなものを選びました。

以前から使っている無印の空気清浄機にちょっとデザインが似ています。
サイズ感を比べてみるとこんな感じ。幅18cm x 高さ35cm と、かなりコンパクトです。

IMG_0369a.jpg

友人から「次亜塩素酸水」を加湿器のタンクに入れて噴霧するとウイルス対策にいいと聞き、試してみています。調べてみると、まだ新しい商品なのか、公的な文献などはあまりないようなので、気休めかな?とも思いますが、病院等でも導入しているところがあるようです。
使うと、ちょっと病院の待合室のようなすーっとした匂いがします。

部屋の消臭や加湿器の除菌にも効果があるとのことなので、ひと冬使って様子をみてみたいと思います。私は2リットルで千円くらいの安価なものを使っていますが、1ヶ月弱でわりとすぐ無くなってしまうので、もう少しコストパフォーマンスが良くなればいいなぁ。

皆さんも、お身体に気をつけてお過ごしくださいね。


 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

リモコンの定位置


関連記事
狭小リビングのオーディオ事情

皆さん、テレビのリモコンってどこに置いていらっしゃいますか?
リモコンって、リビングに放置されがち & 生活感がでてしまいがちですよね。

IMG_0257a_20170120054607158.jpg

我が家では、こんなふうに棚板を一段余分に設置し、隙間に収納しています。
テレビ用、アンプ用、プロジェクター用と、なんだかんだたくさんあるのですよね。
このすぐ右横がソファなので、ソファに座ったままで手が届きます。

以前リビングにローテーブルを置いていた時は、天板の下にちょっと小物が置けるような棚があり、そこに並べていました。テレビまわりのものだからとテレビの近くを定位置にすると、結局そこまで行くのが面倒で、ついソファの上に放置してしまったりしませんか?
テレビまでほんの数歩で届くような狭い家のくせに・・・(汗)

家族や自分の日頃の行動パターンを観察し、いつも使っている場所、なんとなく放置しがちな場所の近くに定位置を確保すると、ものが散らかりにくくなりました。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
みなさまからのメッセージや応援のクリックが、日々の励みになっています。いつもありがとうございます。

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」おかげさまで3刷になりました。

小さな部屋の模様替え

このところ、家族全員なんとなく体調がいまいちです・・・
皆様はお変わりありませんか? 年末まで、あと少し元気に乗り切りたいですね。

書籍の発売からひと月たち、おかげさまで、なんと第3刷が決定しました。
多くの方にお手に取っていただき、本当にありがとうございます。

本の表紙にもなっているカシウェアのクッション。少しくたびれてきたのと、冬らしい温かみのあるインテリアにしたくて、最近新しいものに買い替えました。

IMG_0254a.jpg

ざっくり編んだウール地の、ネイティブ・アメリカン柄(というのかな?)のクッションです。
先日星のや 富士を訪れたとき、シンプルでモダンなソファにキリムやペンドルトンなどの民族調のファブリックを組み合わせているのがとても素敵だったので、そのイメージで。
少しワイルドすぎかな?とも思ったけれど、置いてみるとなかなかいい感じです。

 「星のや 富士」宿泊記はこちら → 到着編客室編アクティビティ編その1その2

入口の対角線上にあるクッションは、部屋に入ったとき真っ先に目に入る我が家のフォーカルポイント。小さい面積ですが、これだけで部屋の雰囲気ががらりと変わった気がします。

小さな部屋ゆえ、家具を買い足したり、大幅な模様替えはなかなかできません。
大きな家具はシンプルに、ファブリックで気分を替えて楽しんでいます。


 

いつもお読みいただきありがとうございます。
新しいクッションもいいね!と思ってくださったら、下のバナーをクリックして応援いただけると嬉しいです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

書籍「家事を手放してシンプルに暮らす」、おかげさまで3刷になりました。

すっきりリビングの大敵、配線をどうする?

息子が生まれたとき、真っ先に悩んだのがリビングの配線問題でした。

我が家は夫の趣味でリビングにオーディオ機器が多々あり、しかもスピーカーが5.1chのため、ソファの並びに設置したアンプから部屋の反対側のフロントスピーカーへ、長い配線コードが伸びていたのです。棚の裏は何本ものコードが交差し、結構すごいことになっていました。

まずしたのが、フロントスピーカーのコードを配線カバーに入れ、壁に沿って引くこと。

IMG_0070.jpg

配線カバーは、100円ショップで購入しました。上下2つのパーツの間にコードを挟む形のもので、スピーカー用のコード2本がぎりぎり収まります。巾木に両面テープで貼り付け、その前にタイルカーペットを敷き詰めると、巾木と同化して見た目にはほとんど気になりません。

薄手のプラスチックなので、カッターなどで簡単に切ることができます。部屋の角は、壁の幅に合わせてカットして使いました。外側のカバーを少しずらすと、角のコードも隠せます。

最後、ちょっと長さが足りなくなってしまい、こんな感じですが・・・
そのまま巾木の上を伝わせて、家具の裏に引き込んでいます。

IMG_0072.jpg

リビングボードを作った時、端から端まで配線のための穴を開けてもらいました。
延長コードのタップや充電器の大きなアダプターなどは、すべて扉の中に隠しています。

たとえば、息子のおもちゃ箱を引き出すと、奥はこんな感じ。左手がデスクなので、デスクで使うパソコンの電源はここから取り、左側の穴からコードを引き出しています。

IMG_0060 (1)

リビングボードを買う前は、スチールラックの一番下に余分に一段棚板を追加して、その上にすべてのコードや電源タップをまとめ、床置きしないようにしたりもしていました。

配線をすべて棚に隠してしまえば、見た目もすっきりするし、何より掃除が楽!
コードまわりって埃がつきやすいので気になっていましたが、もうその心配もありません。
部屋中の配線コードの始末をするのは、夫とふたり掛かりでもなかなか重労働でしたが、一度やってしまえば、小さな子どもも安心して遊ばせられる部屋になりました。


 

いつもお読みいただきありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。下のバナーをクリックして投票いただけると、更新の励みになります。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました!「家事を手放してシンプルに暮らす」/ ワニブックス