Living Small

1LDK、3人暮らし。小さく暮らすという選択。

ありがとうございます


関連記事
学童保育に悩む

前回の学童保育の悩みについて、たくさんの経験談・アドバイスをありがとうございます!
皆様のおかげで、自分が大事にしたいことがなんとなく見えてきた気がします。

IMG_20180208.jpg

うにこさん、きょうこさん、coconさんのお話で、学童に通う時間は案外短いのかもしれない、ということに気づかされました。3年生くらいからは通わない子も多くなるのですね。
保育園の延長でどっぷりお世話になるものと考えていたので、目から鱗でした。

くみくみさん、翔子さんからは、公立の学童ならではの良さを教えていただきました。
いずれ近いうちに塾に通ったりするようになるのなら、私はやっぱり1-2年生のうちはのびのび体を動かして、好きなことをして放課後を過ごして欲しいなぁと思います。

ファミサポなどをうまく利用しながら公立学童に通えるか、もう一度考えてみようかな。
どうしても無理そうなら、のびのびした雰囲気の民間学童を第一候補にするかもしれません。
息子が行きたい!と思えることが一番だから、一緒に見学にも行ってみよう。

まだまだ長い道のりになりそうですが、少しずつやるべきことが見えてきました。

ゆっくりになりますが、おひとりおひとりへも返信させていただきますね。
元気と勇気をいただきました。本当にありがとうございました!

にほんブログ村テーマ 共稼ぎ夫婦の子育てへ 共稼ぎ夫婦の子育て

ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

学童保育に悩む

今年6歳になる息子。保育園で過ごす時間もあと1年ちょっととなりました。
周囲でも、そろそろ「来年、学童保育どうする?」という話題が出はじめています。

にほんブログ村テーマ ワーキングマザーへ ワーキングマザー
にほんブログ村テーマ 共稼ぎ夫婦の子育てへ 共稼ぎ夫婦の子育て

我が家も自宅近くの学童事情を調べ始めてみたのですが、調べれば調べるほど悩ましく・・・
どなたかにご意見いただければと思い、ブログに書いてみることにしました。

IMG_20180203.jpg

公立学童:
・ 学区の公立小学校から歩いて通える立地。
・ 保育園のお友達で通う予定の子やすでに通っている兄姉がおり、おおむね評判は良い。
・ 会社を出る時間を今より30分早めないと、お迎えが間に合わない。延長なし。
・ 夏休みのイベントなど、親の参加が求められる機会が多い。

民間学童A:
・ 隣駅から徒歩5分。公立小学校にバスでお迎えあり。帰りは親が迎えに行く。
・ 英語教育に力を入れており、教室内では先生も生徒も基本は英語で話す。
・ 数年前から地域で営業している。スタッフは若い人が多い。
・ 夏休みはサマーキャンプなどを別料金で申し込む。

民間学童B:
・ 最寄り駅前。公立小学校にバスでお迎えあり。習い事送迎や自宅への送迎もあり。
・ どちらかというと親の利便性重視? 宿題をした後は、公園や部屋で遊んだりして過ごす。
・ 開校間もなく、通っている人の感想が聞けない。スタッフは未経験者も多そう。
・ 夏休みは別料金で朝から保育あり。習い事系のオプションもあり。

民間学童C:
・最寄り駅前。小学校へのお迎えや自宅への送迎は別料金で対応。
・受験塾に近い。宿題をした後は、カリキュラムに沿った勉強をして過ごす。外遊びはなし。
・地域で長く営業しており、実績がある。スタッフは経験豊富で落ち着いた印象。
・夏休みは別料金で朝から保育あり。習い事系のオプションも充実。

公立学童以外は19時以降まで対応してくれるので、今と同じペースで仕事と両立できそう。
料金的には、高い順に 学童C >> 学童A > 学童B >>> 公立学童 という感じです。

できればお友達も多い公立学童に行かせたいけれど、お迎え時間が早いのが致命的。
もし行かせる場合は、夫も私も仕事のしかたを調整する必要がありそうです。

先輩ママから英語オンリーの学童は子どもが嫌がる場合も多いと聞いて、バイリンガル教育に特段強い意志もない我が家は、学童Aは自宅から遠いこともあり候補外かなぁと。

となると、候補としては学童B または 学童C。
私が外遊びが下手ということもあり、私自身の思いとしては、明らかに教育重視の学童Cよりも自由な校風の学童Bがいいなと思うのですが、急拡大中のグループの新設校とあってスタッフの経験値などにやや不安も。その点、学童Cのスタッフは信頼感がありました。

絵や字を書いたり製作したりが好きな息子の性格的には、学童Cが実は合うかもしれないと思うのですが、1年生からなし崩しにお受験モードに巻き込まれていくのってどうなのだろう。
親子ともに確たる意志をもって受験という道を歩むならありだと思うのですが、我が家はそこまででもなく・・・

悩んでいる間に早いところは予約で埋まっていくと聞き、気持ちは焦るばかり。
学童に通っている・いたお子さんをお持ちの方がもしこのブログを読んでくださっていたら、どういう観点で選択されたか、お子さんの性格とともに教えて頂けたら嬉しいです。


ランキングに参加しています。記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックいただけると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

2018 お正月

明けましておめでとうございます。
今年も夫と私それぞれの実家に顔を出し、穏やかなお正月を過ごしてきました。

IMG_20180105.jpg

毎年変わらない母のおせちは、ほっとする味。

母が用意してくれた 高野屋貞広の「おせち菓子」が可愛かった。

IMG_20180106.jpg

直径25cmほどの大きな丸いお重の中に、色とりどりの可愛い小さなお菓子がたくさん。
雛祭りバージョンもあるようなので、パーティの手土産などにしたら華やかで喜ばれそうです。

皆さんはどんなお正月を過ごされましたか?
相変わらずの我が家ですが、本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

にほんブログ村テーマ 年末年始の準備&暮らしへ 年末年始の準備&暮らし

記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

2017年を振り返って

あっという間に年末ですね。皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
私は29日に、夫は昨日仕事納めを迎え、やっとちょっと一息ついたところです。

今年1年を振り返ると、息子の成長を何より大きく感じた1年でした。

IMG_20171210.jpg

昨年末から習い始めたピアノ。今年の12月には初めて発表会に参加しました。大きなホールの舞台にひとりで上がり、緊張しながらも堂々と2曲を弾ききった姿に感動しました。

保育園では、乳児クラスからのお友達以外にも少しずつ交友関係が広がってきました。

それから、苦戦していた自転車も、実はつい先日乗れるようになりました!
ブログでまずはバランス感覚からとアドバイスいただき、お友達のストライダーを借りて足を上げて進む練習をしたら、なんとその日のうちに自転車もこげるようになり、びっくり。
くみくみさん、的確なアドバイスをありがとうございます!! 息子も自信がついてすごく嬉しそうです。

一方の私はといえば、仕事をしながらの子育てにも慣れてきたこともあって、プライベートはそれなりに楽しく充実しつつも、仕事ではやや停滞している感もあった1年でした。
毎日忙しく大きなミスもないけれど、前に進んでいるかというとそうでもないような。

今のチームの仕事も丸3年になり、そろそろ次のチャレンジのタイミングかな?
でも、最近は自分自身の進退よりも、同じ会社の後輩女子たちがもっと仕事もプライベートも楽しんで長く働くためにはどうしたらいいかな、ということのほうが気になったり。
相談を受けたら、軽く流さず、意識してじっくり話を聞くようにしています。

来年は、ブログの読者の方とお話しする機会もまた作れたらいいな。

ともあれ、家族3人、1年を無事に過ごせたことに感謝を。
皆様もどうぞよいお年をお迎えください!

Aki

にほんブログ村テーマ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペースへ 狭くてもすっきり暮らす!スモールスペース

記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」

5歳のクリスマスプレゼント


関連記事
おもちゃの断捨離
4歳児の判断は、意外にシビアでした

息子@5歳のクリスマスプレゼント、今年の目玉はこれでした。

IMG_20171218.jpg

「仮面ライダー」の変身ベルトと、「キューレンジャー」の合体ロボット。
どちらも、最近すっかり戦隊モノにはまっている息子の熱烈なリクエストによるものです。

こういう電子的なおもちゃって、親的にはあまり積極的に与えたいものではありません。
でも、我が家ではさほど頻繁におもちゃを買うわけではないので、クリスマスと誕生日だけは煩いことを言わずに息子の欲しいものを与えるようにしています。年に2回くらいは、子どもの望みがストレートに叶う日があってもいいかなぁと思うので。

それに、1日中ベルトを肌身離さず夢中になっている息子は、なんとも可愛い。
こんな表情を見られるなら、買ってよかったなぁと思ってしまいます。はい、親バカです(汗)

今年も、新しいおもちゃをしまうために、もう遊ばないおもちゃの断捨離をしました。
おもちゃをむやみに増やさないことと、子どもの「欲しい」気持ちを尊重することと。加減が難しいけれど、甘すぎず厳しすぎず、メリハリが大事かなと思っています。

にほんブログ村テーマ 子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)へ 子どものお片づけ(無印・IKEA... etc.!)

 

記事を気に入っていただけたら、以下のバナーをクリックして応援いただけると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ

このブログが本になりました。ワニブックス「家事を手放してシンプルに暮らす」